【ハッセルバックポテト】スウェーデンの国民的ジャガイモ料理

ハッセルバックポテト 食事
ハッセルバックポテト

こんにちは。Huivi -フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

北欧スウェーデンでは「ハッセルバックポテト」という、楽器のアコーディオンの蛇腹のような切れ目が特徴の料理が名物となっています。

レシピの簡単さと幅広さも魅力で、北欧の家庭からレストランまで様々な場所で食べられる、スウェーデンの国民的ジャガイモ料理として知られています。

今回は日本のキッチンでも明日から試すことができる、スウェーデン発祥の北欧料理ハッセルバックポテトについて紹介します。

スウェーデンの国民的ジャガイモ料理

ハッセルバックポテトは、ジャガイモに細かく切れ目を入れて、その間にチーズやベーコンといった食材を挟んでオーブンで焼いた料理です。

ハッセルバックポテトの発祥はスウェーデンのストックホルムであり、スウェーデンでは家庭料理からレストランまで幅広いシーンで食べられている国民的な料理なのです。

ジャガイモは日本でもお馴染みの野菜ですが、スウェーデンをはじめ北欧では、ジャガイモは主食としても食べられているほど食卓になくてはならない食材となっています。

というのも冷涼な気候の北欧は、小麦や稲の栽培に適しているとはいえません。

そのため白パンの代わりとなる食材として、耐寒性があり痩せた土地でも栽培が可能なジャガイモが、主食として伝統的に食べられてきた歴史があるのです。

長期保存も効くので、作物が収穫できない冬場では、北欧の人々にとっても大切な栄養源でもありました。

現在でもスウェーデンでは、ジャガイモを使ったレシピのバリエーションは幅広く、家庭のテーブルには常にジャガイモ料理が並んでいるそうですよ。

また、ハッセルバックポテトの料理名は、スウェーデンのストックホルムにある「Hasselbacken Hotel and Restaurant」に由来しています。

さらにその個性的な見た目も相まって、ハッセルバックポテトは別名「アコーディオンポテト」とも呼ばれています。

メイン料理としてはもちろん、肉料理や魚料理まで幅広いジャンルの料理と絶妙な調和を奏でる、付け合わせとしてもおすすめの料理なのです。

ハッセルバックポテトの基本的な調理方法

ハッセルバックポテトの調理方法は非常にシンプルです。基本的にはジャガイモに垂直に切れ目を入れてトッピングを挟み、オーブンで焼けば完成です。

用意する食材は主役となるジャガイモに、バターやチーズ、ベーコンやスライストマトといったトッピング用の食材のみとなっています。

ジャガイモは皮付きで使用してください。ジャガイモには毒のある芽が付いていることもあるので、事前に取っておきましょう。

ジャガイモに切れ目を入れる時にやってしまいがちな失敗として、最後まで包丁を入れて切り落としてしまうことがあります。

ジャガイモをスライスする際に完全には切り込まず、中心部から少し下程度のところの深さで包丁を止める必要があります

切れ目を上手に入れるコツとして、前もってジャガイモの下に箸を2本を敷いておいて、切り離し防止のためのストッパー代わりにしておくと楽ですよ。

切れ目同士の間隔は2mm〜5mmほどがベスト。厚めに切ると、ジャガイモ特有のほくほくとした食感が残ります。

反対に薄めに切ると、ポテトチップスのようなパリパリとした食感となります。好みに応じて切れ目の間隔は調整しましょう。

その後は10分程水にさらしてアクを抜き、切れ目の中にトッピング用食材をどんどん挟んでいきます。

オリーブオイルやバターを塗る時は、アップルパイ生地の表面に溶き卵を塗る際にも使う刷毛を活用すると、満遍なく塗ることができますよ。

他にもハムやベーコンなどの肉を挟む際には、軽く冷凍した状態にしておくと、オーブンで加熱した時にちょうど良い焼き加減となります。

最後の工程として、200℃のオーブンで1時間ほど焼き上げれば完成です。

ジャガイモは火を通すことで、切れ目の部分が徐々に花のように開いていき、アコーディオンのような形になっていきます。

また、時間はあくまで目安であり、ジャガイモの大きさによって変わります。20分〜30分ほどで一旦様子を見て、焼き具合を調整してください。

レシピの幅は無限大

ハッセルバックポテト最大の魅力といえば、レシピのアレンジの幅が非常に広いこと

ジャガイモに切れ込みを入れた後は、好きな食材をトッピングすることができるので、和風・洋風・イタリアンまでレシピのバリエーションは自由自在です。

例えばベーコンとチーズ、黒胡椒という定番レシピから、オリーブオイルをたっぷりと塗った後にチーズ・スライストマト・バジルなどのハーブを挟んだイタリアン風レシピも美味しそうですね。

風味付けのハーブとしては、ローズマリーポテトで既にジャガイモとの相性は証明済みのハーブ、ローズマリーを使用するのもおすすめです。

インスタ映えを意識するなら、スキレット鍋にジャガイモを敷き詰めてオーブンで焼くもの良いかもしれませんね。

ハッセルバックポテトは誰でも簡単に作れるとあって、家庭で調理する以外にも、キャンプの際のアウトドア料理としても人気となっています。

アウトドアでハッセルバックポテトを作る時には、ダッチオーブンに入れて焚き火で加熱しましょう。

そうすることで、家庭で味わうハッセルバックポテトとはまた違う角度から楽しむことができますよ。

まとめ

シンプルな材料と調理手順ながら、アレンジレシピの豊富さとボリュームから人気となっている、スウェーデン発祥のハッセルバックポテト。

今度の休日にはジャガイモとトッピング用の食材を揃えて、お昼の1品として是非家庭で作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました