デンマーク

【コルスコール】バターミルクを使ったデンマークのひんやりデザート

コルスコール

デンマークの夏は日本と比べても涼しく、8月でも平均最高気温が20度弱という快適さです。太陽が出ない冬の季節が長い分、デンマーク人は夏になると思いっきり日光浴を楽しみます。

さらに夏には暑さを和らげる料理も多数登場し、その中の1つにコルスコールと呼ばれるデザートがあります。

日本では馴染みないバターミルクという素材が使われ、暑い日にも最適なひんやりとした口当たりが評判です。今回はデンマークの夏の風物詩の料理である、コルスコールについて紹介していきます。

夏の人気デザートであるコルスコール

コルスコールは、デンマークの夏の季節に食べられる乳製品デザートで、バターミルクが主な材料とされています。飲むヨーグルトのようなスープ状で、ひんやりと冷たい口当たりが夏にぴったりです。

クリーミーな味わいとバターミルク特有の酸味が特徴で、「コルスコール(Koldskål)」はデンマーク語で「冷たい乾杯」という意味があります。

夏の旬であるベリー類やカマヨンカー(クッキーの一種)を細かく砕いてトッピングするのが一般的で、見た目も鮮やかです。

コルスコールの作り方

コルスコールのレシピには、バターミルク、卵黄、砂糖、バニラビーンズ、そしてレモンが使用されます。

バターミルクは、発酵バターを作る際に生まれる液体のことで、低脂肪かつ低カロリーのヘルシー食品として欧米やインドでは身近な食品です。

コルスコールの作り方は簡単で、まず卵黄と砂糖を混ぜ、バニラビーンズを加えます。

次にバターミルクを加えてよく混ぜ、レモンを絞って酸味を整えます。最後に冷やして、好みのベリーやクッキーなどをトッピングして完成です。

デンマークではコルスコールにクッキーを砕いて入れるのが一般的です。コルスコールは夏の暑い日にピッタリの爽やかな味わいで、特に北欧で夏に旬を迎えるベリーとの相性が良いそうです。

まとめ

コルスコールはバターミルクやベリー類を使って作る、デンマークの夏の定番デザートです。

スーパーでパック入りで販売されるほどの人気で、さらに調理も簡単なのでデンマークでは多くの家庭で手作りされているそうです。