【ディル】北欧料理には欠かせない風味豊かな魚のハーブ

食事
Pocket

こんにちは。Huivi -フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

北欧と言えば有名なのが、サーモンを代表する魚介料理なのではないでしょうか。

そして北欧の多くの魚介料理を見ると、緑色の葉っぱが添えられているのに気がつくと思います。

これはディルと呼ばれるハーブで、北欧ではディルは魚から肉、野菜料理までジャンルを問わず一般的に使用されている食材でもあります。

今回は北欧料理には不可欠な、風味豊かなハーブ「ディル」についてご紹介します。

ディルの基本情報

「ディル(Dill)」はセリ科イノンド属の一年草で、地中海沿岸の西ヨーロッパや西アジアが原産地のハーブです。

全長は約80cmで、葉の先端部分が細かく分かれた形をしているのが特徴です。

ディルの葉は爽やかな芳香をもち、種もディルシードと呼ばれ主にスパイスとして使用されます。

ディルの強い香りは肉や魚の臭み消しに重宝しますが、ディルは別名「魚のハーブ」と言われるほど、特に魚介料理と相性が良いハーブです。

北欧では名物と言えるサーモン料理にも、ディルは必要不可欠となっているほど。

その豊かな香りを活かして、肉や魚だけでなく、ポテトサラダやパンに使用されることも珍しくありません。

ディルは古い北欧の言葉で「なだめる」を意味する「Dilla(ジーラ)」が語源となっています。

なだめるというその名の通り、ディルの香りは昂った気持ちを落ち着けてくれる効果があると言われています。

古くから人々の生活に使われてきたハーブ

ディルの分布はヨーロッパからアジアまで幅広く、各地で香辛料として、あるいは生薬として用いられてきた歴史があります。

例えば5000年前のエジプトやローマ時代にも使用されていたことがわかっています。

紀元前3000年のメソポタミア文明の時代に作られたとされる粘土板にも、薬用植物の1つとしてディルの名前が刻まれていたと言われています。

また、ディルはリラックスや鎮静作用が期待でき、ヨーロッパに伝わる民間療法では、夜泣きした赤ん坊を泣き止ませる際には煎じたディルが使われたのだとか。

ディルは北欧でポピュラーな存在

ディルは、日本ではあまり馴染みないハーブかもしれません。

しかし北欧では家庭料理で一般的に使われている身近なハーブとして、北欧料理には欠かすことができない存在となっています。

スライスしたライ麦パンにクリームチーズとスモークサーモンを乗せて、ディルで風味と見た目を整えたサンドイッチは、北欧の定番料理です。

スウェーデンで夏の期間に開催されるザリガニパーティ、通称クレフトシーヴァでも、塩茹でしたザリガニに芳醇な風味のディルは無くてはならない存在です。

「魚のハーブ」とも称されるディルですが、魚介は言わずもがな、北欧で主食のように盛んに食べられているじゃがいもにも使用されています。

調理法に関しても蒸しやローストまで、幅広くディルが取り入れられており、食欲を増してくれるその香りが料理に華を添えてくれます。

ディルの料理での使い方

肉と魚、マリネやピクルスなどの野菜料理まで多種多様なジャンルの料理に応用できるディルは、北欧のみならず世界各地のキッチンで大活躍です。

ディルは爽やかでありながら鼻腔まで届く強い香りが特徴です。そのまま口に入れると仄かな苦味と酸味があります。

ディルを料理に用いる際は葉の先端部分、あるいは細かく刻んだ茎を食材に加えます。

ドライハーブでも良いのですが、ディルは乾燥すると風味が薄れてしまうので、可能であれば香りがより強い生のハーブを使用するのがベストです。

ディルは葉と茎だけでなく、種の部分も使用することができます。ディルシードと呼ばれ、辛味が強いのでカレーやピクルスのためのスパイスとして料理に入れられることが多いようです。

北欧名物サーモンのソテーやスープ、ディルサーモンと呼ばれる香草焼きまで、ディルを魚介に添えることで魚の臭みが取れ、より食べやすくなります。

他にもディルシードの香りをアクセントとして、フォカッチャのようにパンに練り込んで使っても良いそうです。

ディルは野菜とも相性が良いので、もし家庭に余ったディルがあればサラダの1品として加えたり、刻んだ葉をお酢やドレッシングに混ぜてサラダにふりかけるのもおすすめですよ。

まとめ

サーモンやじゃがいも料理、肉料理まで、その清涼な風味から北欧の様々な料理を華やかにしてくれるハーブであるディル。

実は魚をよく食べるという点では、日本の食文化も北欧と極めて近いのです。

日本の魚料理には山葵や山椒が一般的ですが、代わりにディルを添えてみても、また違った楽しみ方ができそうですね。

タイトルとURLをコピーしました