Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
建築

【ホルメンコーレンジャンプ競技場】ノルウェーにあるスキーの聖地

ホルメンコーレンジャンプ競技場
Pocket

冬になるとノルウェーは国中に雪が積もり、スキーを楽しむ人の光景が広がります。

スキー愛好家が多いノルウェーで大きな盛り上がりを見せるのが、ノルディックスキーの世界選手権です。

そして国際大会が開催されるのが、今回取り上げるホルメンコーレンジャンプ競技場となっています。

ここではホルメンコーレンジャンプ競技場について、詳しく解説していきます。

スキー愛好家にとって必見の内容となっているので、是非最後まで読んでみてください。

この記事で学べること
  • ホルメンコーレンジャンプ競技場の特徴とその歴史
  • スキーがノルウェーの国民的スポーツである理由
  • ノルディックスキーとアルペンスキーの違いについて

スキーの聖地、ホルメンコーレンジャンプ競技場

雪国である北欧ノルウェーにおいて、スキーは国民的スポーツとも言える人気競技です。

そして国内外のスキープレイヤーが集まり、スキージャンプの大会も頻繁に開催されるのが今回紹介するホルメンコーレンジャンプ競技場です。

ホルメンコーレンジャンプ競技場は、オスロ郊外のホルメンコーレン地区にあるスキージャンプの会場です。

こちらの会場は過去何度も改修工事が行われており、2010年には、翌年2011年に開催される世界スキー選手権に向けてリニューアルオープンもしました。

ジャンプ台であるスタートタワーは地面から60m、海抜417mと非常に高い位置にあります。また、周囲には常設の観客席、スキー博物館といった関連施設も建っています。

ちなみに国際大会であるホルメンコーレンスキー大会には、私たちもよく知る日本人選手も多数エントリーしています。

例えば2013年には日本の高梨沙羅選手がホルメンコーレンジャンプ競技場で開催された大会に参加し、134.0mという記録を叩き出しました。男子では2016年に葛西紀明選手が143mを記録しました。

また、ノルウェーはスキーの型の1種である、ノルディックスキーの発祥の地とも言われています。

そのため、ノルウェー屈指の規模を誇るホルメンコーレンジャンプ競技場は、スキープレイヤーにとっての聖地となっているのです。

ノルウェーは世界有数のスキー大国

高緯度に位置するノルウェーにとって、1年のほとんどは雪と氷に覆われています。

雪口ノルウェーでは寒さ厳しい冬を楽しむためウィンタースポーツも盛んに行われており、スキー人口も非常に多くなっています。

「ノルウェー人はスキー板を履いて生まれてくる」という言葉もあるほど、スキーはノルウェーの国民的スポーツなのです。

「スキー」という言葉も、実はノルウェー発祥です。

スキーはノルウェー語で「薄い板」を意味する言葉であり、このことからもノルウェーとスキーは切っても切り離せない深い関係にあることがわかります。

北欧発祥のノルディックスキーについて

ホルメンコーレンジャンプ競技場では毎年、ノルディックスキーの国際大会が開催されています。

先ほどスキーという言葉は「薄い板」を意味するノルウェー語だと説明しましたが、このノルディックスキーという競技も北欧発祥です。

ノルディックスキーは「北欧の~」を意味する「Nordic(ノルディック)」を語源とした、北欧発祥のスキーの1種です。

ノルウェーなど北欧諸国ではスキーは元々、交通や狩りのための手段として利用されていました。

その歴史は古く、紀元前2500年頃に描かれた壁画にも板を履いて狩りを行う様子が記されていたほど。

そして時代を経るにつれ、徐々に現在のように斜面を滑走するスポーツに変化していきます。

狩りや移動の手段であったノルディックスキーですが、1800年代になると徐々に競技の形となり始めます

そして1924年には、フランスのシャモニー・モンブランで開催された第1回冬季オリンピックで競技種目として認められました。

ノルディック競技は大きく分けて、タイムを競う「クロスカントリー」、飛距離と飛形点の得点を競う「ジャンプ」、クロスカントリーとジャンプ両方の合計得点で競う「コンバインド」の3種目があります。

ホルメンコーレンジャンプ競技場で行われるのも、ノルディックスキーの中の「ジャンプ」という種目です。

一方で私たちがスキーと聞いてイメージするであろう、雪山の斜面を滑走するスキーは、アルペンスキーと呼ばれるものです。

アルペンスキーというのは、スカンジナヴィア発祥のノルディックスキーを基にヨーロッパのアルプス地方で発展したスキーの型です。

緩やかな丘陵の多い北欧諸国で発展し、平坦な雪上を移動することに特化したノルディックスキー。

それとは対照的にアルペンスキーは「アルプス山脈」を意味する「Alpine」が語源であるスキースタイルです。

アルペンスキーは険しい山岳の多いヨーロッパにおいて、安全に雪山を降りるために発展しました。そのため急斜面を猛スピードで滑降することに長けています。

ホルメンコーレンジャンプ競技場の歴史

現在のようにホルメンコーレンでスキーの競技大会開催されるようになったのは、1892年のこと。

それよりも以前、ホルメンコーレン大会の前身とされているのが、1879年~1891年にノルウェー・クリスチャニア(現オスロ)のヒューズビー丘で行われた大会です。

当時はノルウェー国王も列席し、1万人以上もの観客が集まる一大大会だったようです。

ただ、ヒューズビー丘では度々降雪量の不足も問題となっていました。

そして1891年には新しいジャンプ台の建築が提案されることとなります。

その後、ノルウェースキー振興協会により、現在のホルメンコーレンジャンプ競技場が建設されました。

記念すべき第1回大会が開催されたのは、1892年1月30日です。

1952年にはノルウェーのオスロを開催地とした冬季オリンピックによって、観客席の常設やジャンプ台の拡張など大規模な改修が行われ、ホルメンコーレンジャンプ競技場は大きく発展しました。

世界最古のスキー博物館やアクティビティも見所

ホルメンコーレンジャンプ競技場は毎年100万人もの観光客が訪れる、ノルウェーでも有名な観光スポットとしての側面も持ちます。

ジャンプ台以外にも名所と呼ばれる施設も多く、例えばその中の1つにスキー博物館があります。

1923年にオープンした博物館で、スキー板やスキー用具の発展の歴史を見学することができます。また、スキーを専門とした博物館としては、世界最古でもあります。

さらにホルメンコーレンでは、361mの高さから滑車に乗って移動するジップラインのアトラクションも楽しめます。

ジャンプヒルから飛び降りるスキー選手のような、迫力ある体験ができるそうです。

ちなみにスキージャンプ台と博物館への入場料は共通ですが、ジップラインで滑り落ちるアクティブティは別料金となっています。

他にも、ホルメンコーレンのジャンプ台の頂上からは、オスロ市街を一望することもできます。

ノルウェーの街並みから地平に広がる山脈まで見渡せる、隠れた絶景スポットと言えるでしょう。

まとめ

ノルウェーの首都オスロにあるスキーのジャンプ台、ホルメンコーレンジャンプ競技場について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

ホルメンコーレンジャンプ競技場は1892年の第1回大会以降、毎年のように世界中のスキープレイヤーが技術を競い合う、スキーファンにとっては聖地のような存在なのです。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。