建築

【イーエスコウ城】デンマークのフュン島に位置する湖畔の古城

イーエスコウ城
Pocket

こんにちは、伊東琢哉です。

デンマークの中心に浮かぶフュン島には、イーエスコウ城という名前の城があります。

こちらの城は湖のすぐそばに建ち、自然景観ともマッチした優雅な雰囲気が人気のスポットとして知られています。

今回はデンマークにあるイーエスコウ城に焦点を当て、城の見どころや歴史、「樫の木の森」という意味の城名の由来などを紹介していきます。

デンマークの古城、イーエスコウ城とは?

立憲君主制であるデンマークは、北欧の中でも数多くの城が存在している国として知られています。

そしてデンマークの中心部に位置するフュン島の南部に、今回紹介するイーエスコウ城があります。

イーエスコウ城は1554年、フラン・ブロッケンフスという人物によって建てられました。

その後1884年に今の外観に改装され、現在はエレフェルト・ローヴィック・ビル伯爵夫妻が所有しています。

また、イーエスコウ城は一般公開もされており、観光も可能です。

16世紀という中世の時代に建築された古城ですが、一般公開が始まったのは1986年と比較的最近のことです。

ちなみにデンマークはドイツ北部のユトランド半島をはじめ、450近い島々で構成される国であり、イーエスコウ城が位置するフュン島もその中の1つです。

イーエスコウ城はフュン島の中心地である国内第三の都市オーデンセから南に約50kmの場所にあるため、移動の際は車、もしくは公共交通機関を利用しましょう。

あとオーデンセと言えば、デンマークを代表する童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンが生まれた町としても有名です。

アンデルセン童話に興味がある人は、是非オーデンセの方も巡ってみましょう。

土台に樫の木を使用した珍しい設計

1554年に設計されたイーエスコウ城には、当時ヨーロッパで流行していたルネサンス様式が取り入れられています。

シンプルで調和の取れた建築デザインが特徴のルネサンス様式の例に漏れず、イーエスコウ城の外観も赤煉瓦調を基調とした端正なデザインとなっています。

さらにイーエスコウ城は湖畔に建つ城として、目の前に広がる湖の景観とも調和した美しい佇まいも魅力です。その姿は、まるで湖上に浮かんでいるようにも見えます。

また、「イーエスコウ」はデンマーク語で「樫の木の森」を意味しているのですが、これは城の制作過程に関係しています。

イーエスコウ城は建築の際、湖に樫の木の杭を打ち込んで基盤を作り、その上から城が作られました。

城の土台として使用された樫の木は、森丸々1個分とも言われています。

このようにイーエスコウ城は大量の樫の木を利用して建てられた建築物ということで、「樫の木の森」という名称になったのです。

イーエスコウ城周辺も観光スポットが多数

イーエスコウ城周辺は自然に囲まれた巨大な敷地となっており、メインの城以外にも様々な名所があります。

例えばクラシックカーやバイクが展示された「ベテラン博物館」という施設や、ダリアやバラの花が咲く庭園が設置されています。

探索の合間に休憩できるカフェも用意され、休日になると多くのデンマーク市民が訪れる憩いの場になっているそうです。

また、イーエスコウ城は実は日本にも縁のある城なのはご存じでしたか。

こちらのイーエスコウ城は、北海道登別市でオープンしている登別マリンパークニクスという水族館にある、ニクス城のモデルとなった城でもあるのです。

デンマークまで足を運ぶのは大変という人は、イーエスコウ城の代わりとして北海道のニクス城を見るのも一つの方法かもしれませんね。

まとめ

イーエスコウ城はデンマークのフュン島南部に位置し、1554年に作られた中世の古城です。

16世紀当時流行っていたルネサンス様式が建築に取り入れられた、赤煉瓦製の重厚な外観が特徴です。

また、湖上に浮かぶように立つ風景も壮観で、水鏡に映る城の景観も人気となっています。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。