フィンランド

【ムンッキ】メーデーの日に食べられるフィンランド風ドーナツ

ムンッキ
Pocket

5月1日は労働者の権利向上を求めるメーデー運動の日です。

そして、フィンランドでは5月1日はヴァップと呼ばれ、当日はムンッキという揚げ菓子を食べて迎えるのが習慣となっています。

今回はドーナツであり揚げパンにも近い特別なお菓子、ムンッキについて紹介していきます。

ムンッキはどんなお菓子なのか?

毎年5月1日になると世界各地で「メーデー」と呼ばれる集会が行われます。

メーデーとは給料や職場環境の待遇改善など、労働者の権利向上を求める運動のことです。

そして北欧フィンランドでも、5月1日のメーデーの日は「ヴァップ」と呼ばれる祝日に定められています。

世界的にはメーデーは労働者のための日ですが、フィンランドでは5月1日は春の訪れを祝う記念日としての意味合いもあります。

そのためフィンランドのヴァップでは、暖かい日差しの中市民が食事やお酒を持ち寄って、各地でパーティを開催して過ごすのが通例となっています。

そして、フィンランドのヴァップの日に合わせて伝統的に食べられているのが、ムンッキというドーナツのような揚げ菓子です。

ムンッキは小麦粉や卵、牛乳、スパイスを加えた生地を発酵させ、油でカリカリに揚げた高カロリーなスイーツです。

ムンッキ自体はフィンランドでは一年中出回っているほどの人気ペストリーですが、5月1日のヴァップの日には特に消費量が上がります。

メーデー
【ヴァップ】5月1日に開催される、春の到来を祝うフィンランドの祝祭フィンランドには毎年5月1日になると市民が街に繰り出してパーティを開く、ヴァップという祝日があります。世界的には当日はメーデーという、労働条件改善に向けた労働者階級のための日に定められていますが、フィンランド版のメーデーであるヴァップはまた違う特徴があるのです。そこで今回はフィンランドで行われる、ヴァップの日について解説していきます。...

ムンッキのレシピの特徴

ムンッキは発酵菓子の一種で、通常のドーナツと比べて生地がモチモチでふわふわしているのが特徴です。

レシピとしては、薄力粉にバター、卵や牛乳、スパイスを混ぜた生地を捏ねて、その後ドライイーストで生地をしばらく発酵させます。

原材料にカルダモンを入れるのが日本のドーナツ作りとは異なる点ですが、北欧ではお菓子作りにスパイスのカルダモンを入れるのは珍しいことではありません。

スパイスの女王と言われるカルダモンは、鼻腔をくすぐる上品で爽やかな香りが特徴です。

カラッと香ばしく揚がったムンッキとも相性が良いため、レシピではミルで削った粗挽きカルダモンを少量加えるのが美味しく作るコツなのです。

そして十分に発酵させた後は、生地を手のひらサイズに形成します。

ちなみにムンッキはオーソドックスな穴あきドーナツ型や、丸いボール型など様々な形があります。

最後に丸めた生地をカリッと油で揚げ、表面にグラニュー粉をまぶせば完成です。

ムンッキはフィンランド風ドーナツとして紹介されることが多いですが、生地をパンのように発酵させるため、実際にはドーナツと揚げパンの中間のようなお菓子なのです。

また、カルダモンについてより詳しく知りたい人は、以下の記事もおすすめです。

カルダモン
【カルダモン】ヴァイキングが北欧にもたらしたスパイスの女王インド原産のカルダモンは、北欧ではお菓子作りに欠かせないスパイスとして使用されています。スウェーデン名物シナモンロール 、フィンランド伝統の菓子パンであるプッラなど、多くの北欧のお菓子にカルダモンが加えられているのです。今回はそんなカルダモンの特徴や歴史について、取り上げていきたいと思います。...

ムンッキと一緒に飲まれる伝統飲料シマ

5月1日のヴァップの日にはムンッキの他に、「シマ(sima)」という炭酸飲料もセットで飲むのが通例となっています。

シマは水とレモン、砂糖とドライイーストを原材料とする、微炭酸のドリンクです。

調理過程で発酵が進むことで炭酸ガスと微量のアルコールが発生し、独特な味わいが生まれるそうです。

シマは16世紀のドイツやラトビアから伝わった蜂蜜酒が起源で、現在のフィンランドで飲まれているシマは蜂蜜の代わりに砂糖を使うのが一般的となっています。

シマは18世紀頃までは一部の貴族が飲む高価な飲料でしたが、19世紀以降に原材料の価格が下がると、労働者階級の人々でも安価に飲めるドリンクとして広まりました。

このような経緯から、シマは労働者の日であるヴァップにも欠かせないドリンクとして、ムンッキと共に楽しまれているのです。

シマ
【シマ】メーデーの日に飲まれる、フィンランド伝統の微炭酸飲料フィンランドでは、5月1日のメーデーの日に伝統的に飲まれているシマというドリンクがあります。シマは生成過程で発酵させる独自のレシピにより、大人のレモネードのようなさっぱりとした喉越しが人気となっています。そこで今回はフィンランド伝統の飲み物であるシマについて、詳しい特徴やその歴史について紹介していきます。...

まとめ

毎年5月1日のメーデーの日に、フィンランドで伝統的に食べられているお菓子であるムンッキ。

油でカリカリに揚げられた表面に対し、内側はモチッとした食感のコントラストを楽しめるフィンランド版ドーナツとして、ムンッキは幅広い人から親しまれているスイーツとなっています。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。