フィンランド

【ヘルシンキ現代美術館】キアズマと呼ばれるフィンランドの現代アート美術館

Kiasma
Pocket

フィンランドの中心地ヘルシンキの大通りにあるヘルシンキ現代美術館は、モダンなデザインが目を惹く美術館です。

現代アート作品を中心に展示する美術館であり、交差点を意味するキアズマの名称でも親しまれています。

今回はフィンランドで現代アートを体験できる、ヘルシンキ現代美術館について紹介します。

ヘルシンキ現代美術館とは?

ヘルシンキ現代美術館は、北欧フィンランドの首都ヘルシンキ市内にある美術館です。

大通りとして賑わうマンネリヘイム通りにあり、毎年多くの市民や観光客が訪れます。

ヘルシンキ現代美術館は1998年、アメリカ人建築家スティーブン・ホール氏が建築しました。

美術館としては主に現代アートを専門に扱い、その作品数は8000点にものぼります。

その一方で館内にはカフェも設置され、ヘルシンキ市民の憩いの場としても利用されます。

そしてヘルシンキ現代美術館は、通称キアズマとも呼ばれています。

「キアズマ」はあまり聞いたことがない言葉ですが、これは元々ギリシャ語で「交差点」を意味する生物学の用語です。

両目の視神経が交差する部分をキアズマと言います。

なぜ現代アートの美術館に、キアズマという建築とは無関係な生物学の言葉を使ったのでしょうか。

それは現代アートの普及のみならず、様々な芸術や文化、市民が交流する「交差点」のような存在になるというテーマから、ヘルシンキ現代美術館にキアズマと名付けたのです。

アメリカ人建築家スティーブン・ホール氏が設計

スティーブン・ホール氏はニューヨーク州を拠点に建築デザインを手掛けている人物で、ヘルシンキ現代美術館は彼の代表作と言われています。

ホール氏は2001年のアメリカのタイム誌で、最高の建築家と称されるほど著名な建築家です。

また、ヘルシンキ現代美術館の他にもマサチューセッツ工科大学の学生寮のデザインも行うなど、国内外で広く活動しています。

ヘルシンキ現代美術館が完成するまで

ヘルシンキ現代美術館誕生の経緯として、まず1992年にヘルシンキで建築デザインのコンペが開催されます。

コンペの応募作品数は516点にも及び、フィンランドや北欧諸国出身の建築家も多く参加しました。

そして、厳しい競争を勝ち抜いて受賞したのが、アメリカ出身のスティーブン・ホール氏でした。

その後彼は1996年に工事に着手し、2年後の1998年にヘルシンキ現代美術館を完成させました。

美しい建築デザインはフィンランドでも認められ、同年の1998年にはアルヴァ・アアルトメダル(Alvar Aalto Medal)を受賞しています。

逆D字型の曲線的な外観

スティーブン・ホール氏がデザインしたヘルシンキ現代美術館は、美術館の外観自体が現代アートに見えるほど独特な外見をしています。

建物を正面から見ると、アルファベットのDを反転させた上に細長く伸ばしたような、曲線的なデザインとなります。

外観をカーブを描くよう湾曲させたのは、太陽の軌道をイメージしたそうです。

白を多用したシンプルな内部空間

カーブを描く建物の構造上、美術館屋内もスロープや螺旋階段など曲線的な通路が多くなっています。

さらに吹き抜けも多用し、上下の空間を最大限活用しています。

一方、展示されている現代アート作品に対して、内装は派手な色使いは控えめ。

白色を基調とした、シンプルで洗練された雰囲気です。

さらに設計者のホール氏は自然光を取り入れた建築デザインを得意とし、キアズマにも日光が差し込む天窓が設計されています。

眩しいほど白い壁を日光が照らす空間は、上品さと心地よさを感じさせますね。

まとめ

フィンランドのヘルシンキ現代美術館は、1998年に建てられた現代アートを専門とする美術館です。設計はアメリカ出身の建築家スウェーデン・ホール氏が担当しました。

ギリシャ語で「交差点」を表す「キアズマ」という名称通り、多数の芸術や市民が行き交うヘルシンキ有数のアートスポットとなっています。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。