フィンランド

【シマ】メーデーの日に飲まれる、フィンランド伝統の微炭酸飲料

シマ
Pocket

フィンランドでは、5月1日のメーデーの日に伝統的に飲まれているシマというドリンクがあります。

シマは生成過程で発酵させる独自のレシピにより、大人のレモネードのようなさっぱりとした喉越しが人気となっています。

そこで今回はフィンランド伝統の飲み物であるシマについて、詳しい特徴やその歴史について紹介していきます。

シマの特徴

日本でゴールデンウェークを控えた5月1日は、労働者にとっても特別な日。この日は世界的にはメーデーと呼ばれ、世界各地で労働者の権利向上を求める運動が行われます。

そして北欧フィンランドでも、毎年5月1日はヴァップ(Vappu)という祝日に定められています。

ただフィンランド版メーデーとも言えるこちらのヴァップは、労働者の日というよりも、春の訪れを家族や友人と祝う記念日としての側面を持ちます。

当日はフィンランド各地でパーティが開催されるのですが、ヴァップの日に欠かさず登場する飲み物なのが、今回紹介する「シマ(Sima)」です。

シマは水とレモン、砂糖とドライイーストなどを原材料とする炭酸飲料です。

シマは見た目こそレモネードに似ていますが、レシピの過程でドライイーストによる発酵で炭酸ガスと微量のアルコールが発生します。

そのため、シマは微量のアルコール分を含んだ発酵ドリンクなのが特徴です。

レモンの爽やかな酸味と炭酸によるシャープな口当たりは各種スイーツとも相性が良く、幅広い世代に親しまれています。

シマは微量ですがアルコールを含んでいるため、子供に与えるのは避けたほうが無難でしょう。

フィンランドではスーパーにノンアルコールのシマが販売されており、子供にはそちらを与えるのが一般的です。

フィンランド版メーデーの日、ヴァップについて

先述した通り、世界的には労働者の日(メーデー)にあたる5月1日は、フィンランドではヴァップという祝日となります。

労働者の権利運動というとデモ行進などがイメージされますが、フィンランドのヴァップの日は春の訪れを祝うため、市民が食事やお酒を持ち寄って盛り上がる1日となっています。

前日の4月30日の夕方頃になると、フィンランドの街では仲間とパーティを開く人が徐々に増え、夜通し食事と会話を楽しむ人も少なくないそうです。

そしてヴァップ当日になるとフィンランドでは本格的な盛り上がりを見せ、各地のお店でシマといったヴァップの日用の飲食物が販売されます。

また、ヴァップでは老若男女問わず、フィンランドで高校卒業時に受け取る白い帽子をかぶって参加するのも伝統となっています。

メーデー
【ヴァップ】5月1日に開催される、春の到来を祝うフィンランドの祝祭フィンランドには毎年5月1日になると市民が街に繰り出してパーティを開く、ヴァップという祝日があります。世界的には当日はメーデーという、労働条件改善に向けた労働者階級のための日に定められていますが、フィンランド版のメーデーであるヴァップはまた違う特徴があるのです。そこで今回はフィンランドで行われる、ヴァップの日について解説していきます。...

シマのレシピ

シマのレシピは、日本の自宅でも簡単に作れるほどシンプルです。

用意するのは水とレモン、砂糖とドライイースト、そして発酵促進用のレーズンです。

砂糖は白砂糖ではなく、色付けのためにブラウンシュガーや三温糖を使っても問題ありません。

沸騰した水に砂糖とレモンを入れ、40度くらいまで水温が下がったらドライイーストを入れて一晩置きます。

その後レモンを取り出して別の容器に移し替え、冷蔵庫で数日間保存します。

アルコール発酵中はガスが発生するため、冷蔵庫で保存する時は容器の口を少し開けておきましょう。

また、ブドウをアルコール発酵させてワインを作るのと同じ要領で、発酵を促進させるためのレーズンも数粒入れます。

保存期間は1週間前後が目安となります。

シマがフィンランドに広まるまでの歴史

こちらでは、フィンランドでシマが飲まれるようになった経緯を説明します。

まず、シマは16世紀のドイツとラトビアから伝わった蜂蜜酒が起源と言われています。

16世紀にフィンランドに輸入された後、17世紀頃になると現代のように初夏の飲み物として定着します。

ただ、18世紀までのシマは蜂蜜やレモンなど高価な原材料が使われていたため、貴族など一部の特権階級用の飲み物でした。

しかし19世紀に蜂蜜の代わりに砂糖が使われるようになったことで、安価な飲料として労働者などの一般市民でも気軽に飲めるようになります。

こうしてシマは労働者のための飲み物として定着し、今ではフィンランドで毎年春の季節に飲まれる、さっぱりとした口当たりの定番ドリンクになったのです。

まとめ

シマは毎年5月1日のヴァップの日にフィンランドで飲まれる、レモネードにも似た炭酸ドリンクです。

ドライイーストを加えて数日間発酵させる製法が特徴であり、炭酸と微量のアルコール分を含むシマ特有の味わいを作り出しています。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。