フィンランド

【ユヴァスキュラ】アアルト建築と湖が調和したフィンランドの学生都市

ユヴァスキュラ
Pocket

フィンランド中南部の湖水地方にはユヴァスキュラと呼ばれる都市があります。

フィンランドの有名建築家が手がけた芸術的な施設に加え、教育産業が盛んな街としても知られています。また、周囲を壮観な湖と自然に囲まれた景観も魅力です。

そこで今回は美しい湖と建築の街である、フィンランドのユヴァスキュラについて紹介していきます。

ユヴァスキュラの特徴

ユヴァスキュラはフィンランド中南部の中央スオミ県、湖水地方(レイクランド)と呼ばれるエリアにある都市です。

湖水地方と言われるように、ユヴァスキュラは街中央に広がるパイエンネ湖をはじめ、周囲には3700近い湖が存在しています。

そもそも「ユヴァスキュラ」という都市名も、フィンランド・ラップランドの先住民サーミ人の言語サーミ語で、「湖」を意味する「ユヴァ」、「村」を指す「キュラ」が合わさった言葉です。

ユヴァスキュラは1837年、当時のロシア皇帝ニコライ1世によって創設されました。

現在ではユヴァスキュラ大学などを有する教育産業に強い都市であり、さらにアルヴァ・アアルトの建築デザインが有名な都市として知られています。

建築家アルヴァ・アアルトゆかりの街

アルヴァ・アアルトとは20世紀のフィンランドを代表する建築家、デザイナーです。

アアルトは都市計画からガラス製品まで幅広いデザインを手掛けた人物で、北欧のモダニズム建築の巨匠とも称されます。

フィンランドではユーロ導入前の紙幣の肖像画にも選ばれるほど有名です。

機能美を追求したモダンな建築デザイン、曲線を多用したガラス食器や椅子など、現在でもアアルト製品は世界で高い評価を受けています。

そしてユヴァスキュラは、アルヴァ・アアルトが最初にオフィスを構えキャリアをスタートさせた街です。

ユヴァスキュラに建つ施設はアアルトが設計を担当したものも多く、アアルトのモダニズム建築が光る街並みが広がります。

さらに建物の設計資料などアアルトに関連した展示物を見られる「アルヴァ・アアルト博物館」もあります。

教育産業が発達した学生都市の一面も

ユヴァスキュラは教育産業が盛んな学生都市としても知られています。

人口は約14万人ですが、その内の3割に相当する約5万人が学生となります。

中でもユヴァスキュラ大学は1934年に創立した大学で、修士号取得者の数がフィンランド国内第2位という名門大学です。

元々はフィンランドで最初のフィンランド語教育教師養成学校として、1863年に創設した学校が原型でした。

歴史的背景を少し説明すると、フィンランドは12世紀~19世紀初頭の約700年に渡りスウェーデンに支配されていました。

そのため、フィンランドでは長らくスウェーデン語が知識層や支配階級の言語として扱われていたのです。

こうして母国語フィンランド語の発展に寄与したユヴァスキュラ大学ですが、その歴史や実績はもちろん、校舎のデザインも有名です。

実は大学のキャンパスの建築を担当したのは、先ほども紹介したアルヴァ・アアルトです。

アアルト建築のデザインが取り入れられたレンガ造りの校舎にモダンな内装は、大学とは思えないほど洗練されています。

まとめ

ユヴァスキュラはユヴァスキュラ大学が牽引する学生都市であり、さらにアアルト建築の建物の数々も特徴です

また、壮大な森と湖に囲まれた静寂な雰囲気は喧騒とは無縁で、ヘルシンキなどの都会にはない独自の魅力があると言われています。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。