フィンランド

【クーサモ】スキーリゾートやオーロラ観測を楽しめるフィンランドの町

クーサモ
Pocket

フィンランド北部にはクーサモという町があります。クーサモ周辺にはフィンランド有数のスキーリゾート地や国立公園など、自然を満喫できるスポットが多数ある人気観光エリアです。

そこで今回は様々なアクティビティを体験できる、クーサモという町について紹介していきます。

クーサモの特徴

クーサモとはフィンランド北部ポフヤンマー県に位置する、人口16000人ほどの町です。

ロシアの国境からも近く、周囲を針葉樹林と湖に囲まれた自然あふれるエリアでもあります。

クーサモは商業施設こそ少ないですが、恵まれた自然環境を生かしたアクティビティが数多く存在します。

町の近隣にはルカと呼ばれるスキーリゾート地、広大なオウランカ国立公園、さらに夜にはオーロラまで鑑賞できます。

冬季にオーロラ観測も可能

フィンランドで知名度のあるオーロラ観測スポットいえば、イナリやロヴァニエミが有名です。

一方でクーサモも北緯65度以北にあたるオーロラベルト帯にあり、10月〜3月の冬季にはオーロラ鑑賞が可能です。

クーサモは、知る人ぞ知るオーロラ観測スポットとも言えますね。

ルカは有名なスキーリゾート地

クーサモではオーロラはもちろん、冬はウィンタースポーツが盛んに行われます。

その中でクーサモを代表する場所とされるのが、町から北に20kmの所にあるルカです。

ルカはスキーリゾート地の名称で、世界中から多くのスキーヤーが訪れるフィンランド屈指のスキー場となります。

過去にはスキー国際連盟(FIS)によるノルディックスキーのワールドカップ、2005年にはフリースタイルスキー世界選手権もルカで行われました。

スキー場の広大な土地を埋め尽くす雪景色や針葉樹林は絶景とされ、森と湖の国フィンランドを表したかのような景色が広がるそうです。

また、リフトやインストラクター、防寒着のレンタルなど施設やサービスもかなり充実しています。

深い自然に覆われたオウランカ国立公園

オウランカ国立公園は、クーサモやルカからさらに北上した北オストロボスニア地方にある国立公園です。

1958年に設立され、敷地面積は270㎢。園内には野生のクマやオオヤマネコ、トナカイなど、絶滅危惧種を含む多数の動植物が生息しています。

オウランカ国立公園には散策コースが整備されており、雄大な自然景観を眺めながらのトレッキングを楽しめます。

また、キウタコンガス急流と呼ばれる川では、カヌーで川下りという迫力あるアクティビティも体験できます。

絶壁に挟まれた深い峡谷、その隙間を縫うように流れる急勾配の川という、荒々しい大自然を満喫できるそうです。

まとめ

クーサモは、フィンランド北部のロシア国境にも隣接したエリアにある町です。

クーサモ周辺には人気スキーリゾート地のルカもあり、スキーやスノーモービル、北欧名物トナカイぞりといったウィンタースポーツを楽しめます。

一方夏には、オウランカ国立公園でボートやトレッキングなど、フィンランドの自然を肌で感じられるアクティビティも満喫できるとのこと。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。