フィンランド

【オーランド諸島】バルト海ボスニア湾に浮かぶ、フィンランドの自治領

Pocket

北欧のバルト海ボスニア湾には、オーランド諸島と呼ばれる群島があります。

オーランド諸島はフィンランドに属しているのですが、同時に高度な自治権が認められたエリアでもあるのです。

そこで今回はフィンランド自治領として独自の法律や政治議会を持つ、オーランド諸島について紹介していきます。

オーランド諸島の特徴

オーランド諸島は、バルト海のボスニア湾南部一帯を占める群島です。

オーランドを構成する島々は約6500にも上り、諸島としては世界最大規模になります。

オーランド諸島の所属はフィンランドの領土の一部であり、同時にフィンランド政府により独立した高度な自治を認められた自治領でもあります。

そのためオーランド諸島は自治県独自の国会議会や税制、さらに領旗まで所有しています。

一方で、領土で話されている公用語は主にスウェーデン語となります。

これはフィンランドがかつて、スウェーデン王国の領地であったことに由来しています。

また、オーランド諸島は言語のみならず海運貿易などでもスウェーデンと強い結びつきを持ちます。

地理を見るとオーランド諸島は、ちょうどボスニア湾を挟んでスウェーデンとフィンランドの中間地点にあり、両国間の海運貿易での中継地として頻繁に利用されています。

オーランド諸島の首都マリエハムン

フィンランド自治領であり独自の国会や国旗を持つオーランド諸島は、他の国と同様に首都もあります。

その首都の名前は、マリエハムンと呼ばれています。

オーランド諸島は漁業や海運業が主要産業であり、マリエハムンはフィンランド国内第二の規模を誇る港町でもあります。

マリエハムンの人口は約11000人であり、オーランド諸島全体の住民のうちの4割が暮らす大規模な街なのです。

ちなみにオーランド諸島の公用語はスウェーデン語だと先ほど紹介しましたが、こちらのマリエハムンも同様で、住民の8割以上がスウェーデン語を話します。

フィンランド領でありながら言語はスウェーデンのマリエハムンですが、さらにややこしいことに、実は「マリエハムン」と地名はロシア語由来。ロシア皇后のマリア・アレクサンドロヴナという人物の名前が起源となっています。

フィンランドは12世紀から数百年に渡り、隣国のスウェーデンに支配されていました。

19世紀初期に行われたスウェーデンvsロシア帝国の第二次ロシア・スウェーデン戦争(フィンランド戦争)以降は、ロシアの統治下に置かれます。

そしてオーランド諸島を含むフィンランド全土がロシア帝国の属国だった1861年に、当時のロシア皇帝アレクサンダー2世の皇后マリア・アレクサンドロヴナが創設した街が、現在のマリエハムンなのです。

ちなみに「マリエハムン」という街の地名は、「マリアの港」という意味になります。

オーランドの自治権をめぐる歴史

ここではフィンランド独立後に行われた、オーランド諸島の自治権を巡る経緯について説明していきます。

先述した通り、フィンランドは12世紀〜19世紀までスウェーデン統治下にありました。

そして1808年~1809年にフィンランドを戦場とした第二次ロシア・スウェーデン戦争でスウェーデン王国が敗れたことで、今度はロシア帝国に占領されることになります。

その後100年以上に渡りロシア帝国に支配されていたフィンランドですが、ロシア崩壊後の1917年12月6日に念願だった独立を果たします。

その一方で、フィンランド国内で独立の機運が高まる同時期、オーランド内でもフィンランドからの独立及びスウェーデンとの統合を目指す運動が起きます。

この際にフィンランドとスウェーデンの間で、オーランドの所属を巡る論争が怒り、その仲介役として国際連盟が介入します。

国際連盟によるオーランド諸島の帰属を巡る決定では、とある日本人も大きく関わっており、その人物が当時国際連盟の事務次官を務めていた新渡戸稲造です。

新渡戸稲造といえば1899年に出版された、日本人の道徳観や精神を書いた世界的ベストセラー『武士道』の著者としても有名ですよね。

こうして新渡戸稲造によってオーランドの自治に関する「新渡戸裁定」が発案され、オーランドの自治権を認めることを条件に、1922年に正式にフィンランドにおけるオーランド諸島の自治権が成立しました。

オーランド諸島で楽しめるアクティビティ

美しいバルト海に浮かぶオーランド諸島は観光名所としても知られ、恵まれた海産資源を活かした様々なアクティビティを楽しむことができます。

例えば、オーランド諸島の島巡りフェリーツアーが人気となっています。

約6500の島の中で、実際に住民が暮らすのは60島程度。オーランド諸島の大半が無人島です。

そのため、人の手が及んでいないありのままの自然景観を鑑賞できるそうですよ。

また、マリエハムンをはじめとする居住地区も有名で、素朴な北欧デザインが施された木造建築を見ることができます。

まとめ

ここまでフィンランド領のオーランド諸島について解説してきました。

フィンランド領内で自治権が認められ、独自の税法や議会を持つオーランド諸島は、1922年に国際連盟や新渡戸稲造によって自治権を確立しました。

現在は首都のマリエハムンを中心に、1万人以上の人が暮らす自然や海産資源に恵まれたエリアとなっています。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。