Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
工芸

【ボビンレース】糸の宝石とも称される優美な織り物

ボビンレース
Pocket

欧州各国や北欧にはボビンレースと呼ばれる、伝統的な手織りの織り物があります。

ヨーロッパを起源とし、その後はフィンランドのラウマなど各地に製法が伝わりました。

今回は中世から現代まで多くの人を惹きつけた、ボビンレースについて紹介します。

手芸や工芸品に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

この記事で学べること
  • ボビンレースが糸の宝石と呼ばれる理由
  • 北欧やヨーロッパ各地に製法が伝わった背景
  • フィンランドの伝統工芸品としてのボビンレース
  • ラウマ・レース・ウィークとは?

ボビンレースはヨーロッパ発祥の織り物

ボビンレースとはヨーロッパの地方や北欧諸国に伝わる、美しい手織りのレースです。

ボビンレースの「ボビン」とは、筒状の糸巻きのこと。

ボビンレースを織る際にはボビンを両手で持ち、織り台の上で左右に交差させながら編み込んでいきます。

布地に繊細な模様が施されたボビンレースは、その美しさから別名「糸の宝石」と呼ばれています

ボビンレース作成には熟練の技術と膨大な時間がかかるため、18世紀頃には高級な装飾品として扱われていました。

一方で現代はレース産業も工業化し、手織りのボビンレースは商品としての利益はほとんど得られません。

そのため、今のボビンレースは地方の伝統的工芸品として、あるいは愛好家のためのアンティーク品として一部の製作所で生産されています。

16世紀に製法がヨーロッパ各地に広まる

ボビンレースの原型とされる組紐自体は、以前からエジプトやヨーロッパに存在していました。

ただ、現在のように装飾品としてボビンレースが生産されるようになったのは1520年頃です。場所はイタリアのベネツィアとオランダ南部のフランドル地方で、同時期に誕生したと言われています。

16世紀半ばになると印刷術の発展から、ボビンレースの製法がヨーロッパ各地に普及していきました。

イタリアやフランス、イギリスといった欧州諸国に加え、北欧諸国にもボビンレースが伝承されます。

現在でもデンマークのトゥナー、スウェーデンのワルステナ、フィンランドのラウマなどが主な生産地となっています。

こうしてボビンレースはヨーロッパ各国に広まり、その後は地域ごとに様々な形で発展していくこととなります。

フィンランドのラウマの伝統工芸品

北欧でボビンレースが有名な地域として、例えばフィンランド西部に位置するラウマという町があげられます。

ラウマは18世紀以降にはレース産業で栄え、ボビンレース制作もその時期に隆盛を迎えます。

熟達した技法により丁寧に手編みされたボビンレースは、フィンランドだけでなく、周辺国に輸入するほどの人気だったようです。

当時は家庭内でボビンレースの製法が親から子へ伝承される習慣もあり、ボビンレースを専業としていた人もラウマには数多く住んでいました。

主要産業がレース産業から工業に移った現代でも、ボビンレースはラウマの町を代表する伝統工芸品として残り続けています。

ラウマで毎年夏に開催されるレース・ウィーク

ラウマでは毎年の夏になるとラウマ・レース・ウィークという、ボビンレースにまつわるイベントも開催されています。

イベント期間中は様々な催し物が行われます。例えば、レースを編むスピードを競う競技や、職人による展示会もその1つです。

ラウマ・レース・ウィークは元々、ボビンレース職人が自身の作品を展示するためのイベントでした。

それが現在ではラウマを代表するイベントとなり、開催期間中は音楽にダンス、グルメと共に大きな盛り上がりを見せるそうです。

まとめ

16世紀にイタリア・ヴェネツィアやフランドル地方で生まれたボビンレース。その後欧州や北欧にも製法が伝わり、糸の宝石と名高い繊細な模様は多くの人を魅了しました。

商業としてのボビンレースは、現在ではほとんど衰退してしまいました。

しかしフィンランドのラウマをはじめ、一部の地域ではボビンレースは伝統的な工芸品として変わらず受け継がれているのです。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。