フィンランド

【マッカラ】焚き火で炙るフィンランド風グリルソーセージ

マッカラ
Pocket

炭火で香ばしく炙ったソーセージは、日本でも大人から子供まで愛されるお馴染みの食品です。

実はフィンランド人にとってもソーセージは大好物の1品で、フィンランドではグリルソーセージは「マッカラ」と呼ばれています。

ここでは、フィンランド風グリルソーセージであるマッカラについて紹介していきます。

フィンランド人の大好物、マッカラとは?

マッカラとは、フィンランドで食べられているグリルソーセージのことです。

フィンランド式の食べ方として、枝に刺したソーセージを焚き火で豪快に炙って調理するのが特徴です。

自然豊かなフィンランドでは湖畔でBBQやパーティを楽しむ人も多く、家族や友人と焚き火を囲みながら、ソーセージを焚き火に近づけて焼き上げます。

焚き火の遠赤外線効果でしっかりと火が通ることで、表面はパリッと仕上がり、中もジューシーな肉汁が詰まった逸品となるそうです。

ソーセージといえば日本でもお弁当の具材からアウトドア料理まで幅広く登場する、人気の食材です。

そしてフィンランド人にとっても肉汁たっぷりのソーセージは大好物の1品。

お酒の肴として、あるいはサマーコテージやキャンプの料理として一年を通して食べられています。

マッカラは、フィンランド語で「ソーセージ」という意味になります。

また、フィンランドで焚き火はコッコと言うことから「コッコ・マッカラ」、あるいは「グリッリ・マッカラ」とも呼ばれています。

夏至祭やサウナにも欠かせない料理

フィンランドでは年間を通してマッカラが食べられています。

フィンランド人のマッカラ好きは相当で、イベントやお祭りにもマッカラは欠かすことができない料理となっています。

例えば、フィンランドには夏至祭(ユハンヌス)という夏の訪れを祝うお祭りが、毎年初夏の季節に開催されています。

ユハンヌス
【ユハンヌス】フィンランドで祝う伝統的な夏至祭ヨーロッパや北欧では毎年、一年で最も日照時間が長くなる夏至の時期には各地でお祭りが開かれています。フィンランドも同様に、6月下旬の土曜日には「ユハンヌス」と呼ばれる夏至祭が開催され、郊外のコテージでサウナや焚き火、料理を皆で楽しむことが恒例となっています。今回はそんなフィンランドの夏至祭についてご紹介します。...

夏至祭では悪魔祓いと五穀豊穣を願う目的で、深夜に焚き火(コッコ)を焚くのが伝統となっています。

また、高緯度に位置するフィンランドでは、ちょうど夏至祭のシーズンになると白夜という、一日中太陽が沈まない現象が起こります。

夜9時を過ぎても外は昼間のように明るいため、フィンランド人は夜通し焚き火を囲いながら、ビール片手にマッカラを味わうのです。

夏至祭以外にもマッカラは至る所で食べられており、特にフィンランドらしいと思うのが、サウナでもマッカラを食べる習慣があることです。

というのもフィンランドは人口よりもサウナの数が多いほど、世界屈指のサウナ大国として知られています。

日本人がコンビニに行く気軽な感覚で、フィンランド人はサウナを利用するのです。

そのような習慣の中で生まれたのが「サウナ・マッカラ」という、サウナで食べるマッカラです。

流石にサウナの中で焚き火をするわけにはいかないので、サウナ・マッカラでは焚き火の代わりにサウナストーンを使います。

サウナストーンの上にアルミを敷いて、その上でソーセージを焼きます。

そしてサウナから出た後に、キンキンに冷えたビールと一緒に食べるのです。

サウナ
【サウナ】フィンランド発祥の伝統的リラクゼーション日本の温泉には欠かせないサウナですが、北欧フィンランドでは日本以上にサウナ文化が根付いています。なぜなら元々サウナはフィンランド発祥の施設であり、フィンランド人にとってサウナで温まることは国民的習慣と言えるほど、身近な存在なのです。今回は本場フィンランドで愛されるサウナについてご紹介します。...

マッカラを美味しく食べるポイント

マッカラを調理するときに必要な材料は基本的に2つだけ、ソーセージと具材を刺す枝だけです。

枝の先端をナイフで削り、ソーセージに枝を通します。

具材を枝に刺す際は木の先が燃えないよう、ソーセージから先端が飛び出さないよう刺すのがポイントです。

また、ソーセージは横ではなく縦に刺すことで、バランスも安定します。

他にも焚き火の火で直に炙ると、高温すぎて中が生焼けになってしまったり、煤が付いてしまうことがあります。

そのため、焚き火からある程度離して、表面にゆっくりと焦げ目を作りながら焼くのがコツです。

ソーセージに香ばしい焼き目がついた後は、好みでマスタードやバーベキューソースを塗って食べましょう。

ソーセージの香り付けのハーブとして、ディルやローズマリーを加えるのもおすすめです。

このようにマッカラは野性味ある豪快な食べ方が印象的ですが、調理方法は至ってシンプルです。

そのため家庭のキッチンでも、ガスコンロを使えば簡単に本格的なマッカラを再現できますよ。

まとめ

ここまでフィンランドのグリルソーセージ、マッカラについて解説してきましたがいかがだったでしょうか。

焚き火でじっくりと炙るマッカラは、皮がぷっくりと弾けんばかりに膨れるほど、ジューシーな肉汁が詰まっています。

冷えたビールとの相性も抜群で、フィンランドではマッカラは酒のつまみとしても定番となっています。

また、枝に刺して焚き火で焼くという、ワイルドさも魅力の1つです。

マッカラは家庭やキャンプでも簡単に再現できるので、是非試してみてください。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。