【ポルヴォー】14世紀に建築されたフィンランドで2番目に古い街

建築
Pocket

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

フィンランドには中世の時代から残るスポットが数多くあり、今回紹介するポルヴォーという街もその1つです。

ポルヴォーは14世紀に設立した歴史ある街であり、実はフィンランドで2番目に古い街でもあります。

ここではフィンランドのポルヴォーについて、街の歴史や市内の有名スポットを詳しく解説していきます。

フィンランドの歴史や観光スポットに興味がある方は、是非チェックしてみてください。

フィンランド第二の古都ポルヴォーの概要

ポルヴォーは1346年に建築されたフィンランド有数の古都であり、フィンランドにおいてはトゥルクに次いで2番目に古い街となっています。

ポルヴォーはフィンランド南海岸にあり、首都フィンランドから東に約50km、車で1時間ほどの距離にあります。

その良好なアクセスから観光地としての人気も高く、古い街並みを一目見ようと多くの人が訪れるスポットでもあります。

フィンランドで700年近い歴史を持つポルヴォーの魅力といえば、やはり中世の面影残る旧市街です。

石畳の通りにパステルカラーの木造家屋が織りなす光景は、まるで中世の時代にタイムスリップしたかのような雰囲気があります。

かつてポルヴォーは貿易の街として繁栄した歴史もあり、ポルヴォー川沿いには当時の輸入品が保存されていた倉庫群も残っています。

さらに、フィンランドの国歌である「我が祖国」の作詞を手がけた詩人、J・L・ルーネベリも、ここポルヴォー出身です。

ルーネベリが1877年まで暮らした生家は、現在ではルーネベリの当時の生活を垣間見れる博物館として公開されています。

18世紀に作られたパステルカラーの旧市街

ポルヴォーの旧市街に入ると、そこには黄色や水色といった色彩豊かな外装の木造建築が軒を連ねる光景が広がっています。

18世紀に作られたというポルヴォー旧市街は、カラフルなパステルカラーで統一された街並みが特徴です。

どこを切り取っても絵になるほどフォトジェニックな景観は、カメラ片手に探索を楽しむ旅行客で賑わう人気エリアとなっています。

運河沿いに建つ赤色の倉庫群

ポルヴォーは古くからフィンランド屈指の貿易の要所として利用されてきた歴史も持ちます。

街には当時船舶の往来に使用された、ポルヴォー川という運河も見ることができます。

ポルヴォー川はフィンランド湾に繋がっており、中世には海外から数多くの貿易船が訪れたのでしょう。

そして貿易都市であったポルヴォーの歴史を物語るスポットなのが、ポルヴォー川の川岸沿いに立ち並ぶ赤色の倉庫群です。

色鮮やかな赤色で塗られた倉庫群は、海運貿易で栄えていた中世当時には、香辛料やワインといった貿易用の物資が貯蔵されていたそうです。

また、なぜ倉庫一帯が赤色の外観となっているのかというと、18世紀にフィンランドを統治していたスウェーデンの国王グスタフ3世への忠義と敬意を示すためだったと言われています。

街のシンボルであるポルヴォー大聖堂

ポルヴォー大聖堂は、ポルヴォーの街のランドマークとなっている大聖堂です。

旧市街を見渡すように丘の上に立ち、15世紀頃にポルヴォーに建築されました。

白色の漆喰の外壁など、ゴシック建築様式による荘厳な佇まいが特徴です。

ポルヴォー大聖堂はその風格ある外観から、ポルヴォーの名スポットとなっています。しかしその一方でポルヴォー大聖堂は過去数百年の歴史の中で、5度に渡る火災の憂き目に遭ってきたという不運な建物でもあります。

近年でも、2006年5月に放火によって、建物の大半が焼失するほどの被害に見舞われることとなります。しかし2年間の修復期間を経て、2008年には見事復旧を果たしました。

ポルヴォー旧市庁舎と青空マーケット

ポルヴォー旧市街の中心部に向かうと、淡いピンク色のポルヴォー旧市庁舎があります。

こちらの市庁舎はフィンランドでは最も古い市庁舎としても知られています。

現在では市庁舎としての役目を終え、ポルヴォー博物館として一般公開されています。

博物館にはポルヴォーの歴史を伝える資料や調度品、絵画などの美術品が展示されているので、より深くポルヴォーを知りたい人にもおすすめのスポットです。

さらに旧市庁舎前の広場では、定期的に青空マーケットが開催されています。

市場では可愛らしい雑貨や手作りアクセサリーといった、ポルヴォーならではのアイテムを購入することができるので、お土産を探す際にもうってつけですよ。

まとめ

ここまでフィンランドで2番目に古い歴史を有する街であるポルヴォーについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ポルヴォーは首都ヘルシンキから車やバスで1時間という好立地にあり、国内外から観光客が大勢訪れるエリアでもあります。

ヘルシンキからポルヴォーへのアクセスに関しては、車移動以外にも、J・L・リーネベリ号という蒸気船を使う方法もおすすめです。

蒸気船の移動だと多少時間はかかりますが、船上からはポルヴォーの牧歌的な景観をゆっくりと眺めることができるという独自の利点もありますよ。

フィンランドに行く機会があれば是非ポルヴォーにも足を運んで、歴史ある美しい街並みや自然景観を楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました