【アドベント】北欧中でクリスマス準備が始まる1ヶ月間

アドヴェント 行事

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

北欧ではクリスマス前の4週間をアドヴェントと呼んでおり、キリストが誕生するクリスマス当日を楽しみに待つ特別な期間があります。

北欧ではこのアドベント期間になると街中でイルミネーションやマーケット、イベントが開催されるなど本格的なクリスマスシーズンが到来します。

今回はクリスマスの前哨戦である、アドベントについて詳しく解説していきます。

アドベントとは?

北欧やヨーロッパでは12月25日のクリスマスまでの約4週間の期間のことを「アドベント(Advent)」と呼び、家族や友人と一緒に祝う習慣があります。

アドベント(アドヴェント)はラテン語で「到来」を意味する「Adventus」が由来となっており、日本では待降節とも呼ばれています。

その名の通り、キリスト教圏においてアドベントというのは、キリストの誕生を心待ちにする期間として定められています。

アドベントは11月30日を起点にして最も近い日曜日が開始日として、12月25日クリスマス当日まで、本格的なクリスマスシーズンの到来として北欧の街では大きな盛り上がりを見せるようになります。

アドベント開始日からクリスマス当日の4週間の間には、「アドベントクランツ」というカウントダウンが行われます。

アドベントクランツというのは、毎週日曜日に1本ずつキャンドルに火を灯していく習慣のことです。

アドベント最初の日曜日に1本目を灯し、その後も日曜日を迎えるごとに2本、3本と蝋燭に灯りをつけていきます。そうして4本のキャンドル全てに火が灯ると、いよいよクリスマス到来となるわけです。

アドベントクランツは教会のみならず、各家庭でもキャンドルを用意して行われています。

毎週日曜日には家族で集まってキャンドルを灯し、クリスマスをまだかまだか心待ちにするのです。

日本では12月24日のクリスマス・イヴと25日のクリスマスの2日間にクリスマスの楽しみが凝縮している感じがありますが、北欧やヨーロッパではこのように1ヶ月かけて大々的にクリスマスを祝うのです。

北欧でもアドベントは一大イベント

アドベントはキリスト教文化圏に属する北欧諸国においても、街中がクリスマスカラー一色になるほど重要なイベントとなっています。

例えばスウェーデンでは、アドベント期間中の週末には首都ストックホルムの広場で大規模なクリスマスマーケットが開催されるようになります。

クリスマスのデコレーショングッズやお菓子、ワインまでクリスマスシーズン限定のアイテムが揃い、北欧の寒空の下でも毎週大きな活気に満ち溢れた光景が広がるのだそうです。

また、北欧各地の街では煌びやかなイルミネーションも点灯されるようになり、街全体が神秘的な雰囲気に包まれるようになります。

アドベント期間中には家庭のインテリアも様変わり

Photo by Vidar Nordli-Mathisen on Unsplash

クリスマスシーズンになると、北欧の家庭のインテリアもガラリとクリスマス仕様に変わります。

アドベント初日には、「アドヴェントの星」と呼ばれる、イエス・キリストが誕生した日の空に現れた一番星であるベツレヘムの星をモチーフにした星型の照明が飾られるようになります。

また、クリスマスシーズンには手作りのポマンダーも欠かせません。

ポマンダーというのはオレンジなどの柑橘類にスパイスのクローブを刺した、16世紀のヨーロッパが発祥と言われる置物のことです。

古くからポマンダーには魔除けの力が秘められていると考えられており、北欧の家庭でも悪霊や疫病から家族を守ってくれるお守りとして人気のインテリアとなっています。

北欧の食卓に並ぶ特別なお菓子たち

北欧のクリスマスシーズンでは、アドベントの星やポマンダーといったインテリアはもちろん、テーブルに振る舞われる料理も特別な品々ばかりです。

北欧スウェーデンではアドベントの期間には、最高級スパイスとして知られるサフランが入った菓子パンであるルッセカット、ジンジャークッキーといったお菓子が食べられるようになります。

また、グロッグという、温めたホットワインにシナモン・クローブなどのスパイスが加わったワインも至る所で飲まれるようになります。

スウェーデンといえば、コーヒーと甘いお菓子を食べながら家族や友人と過ごす、フィーカという習慣が有名だと思います。

クリスマスシーズンに催されるフィーカも特別版となっており、お菓子も通常のシナモンロールの代わりに、自宅のオーブンで焼きたてのルッセカットやジンジャークッキーが食べられるようになります。

ちなみに、北欧以外でも世界各国で様々なアドベントの祝い方があり、例えばドイツでは「シュトーレン」という伝統的な細長いパンを、アドベントの4週間の間に少しずつスライスして食べていく習慣があります。

シュトーレンはパン生地にナッツやドライフルーツが練り込まれ、パンというよりもどちらかといえばケーキに近い甘い味わいとなっています。

また、シュトーレンの表面にまぶされた白い砂糖衣は、キリスト誕生時に包まれた白い布をイメージしているそうです。

シュトーレンは日本のベーカリーでも10月頃から予約や販売が開始されるため、おそらく知っているという人も多いのではないでしょうか。

北欧発祥のアドベントカレンダー

北欧発祥のアドベント限定アイテムとして、アドベントカレンダーがあります。

12月1日から12月24日までの約1ヶ月間の暦が記載されているのが特徴のカレンダーです。

北欧ではアドベント開始からクリスマスまで、カウントダウンをするようにアドベントカレンダーを使っていきます。

また、アドベントカレンダーは1日の日付毎に窓やポケットがついているのが、他のカレンダーと異なる点です。

日が変わる毎に窓を開けていく、あるいはポケットに入っているお菓子を食べていくという、クリスマス当日まで退屈することがないユニークな作りとなっています。

さらにアドベントカレンダーは、サンタなどのキャラクターものからカラフルな色合いのものまで、魅力的なデザインが描かれた様々なタイプが販売されています。

そのSNS映えするフォトジェニックなデザインから、インテリアアイテムとしても高い人気となっています。

まとめ

北欧では12月25日のクリスマス本番はもちろん、アドベントというクリスマス前の4週間の期間も大々的に祝う習慣があります。

ルッセカットや日本でもお馴染みのシュトーレンを食べたり、ポマンダーといったクリスマス用のインテリアに衣替えを行うなど、アドベントは準備万端でクリスマス当日に臨むための大切な期間でもあるのです。

タイトルとURLをコピーしました