スウェーデン

【ジンジャークッキー】スパイス香る、北欧のクリスマスのお菓子

ジンジャークッキー
Pocket

北欧のスウェーデンで古くから食べられている伝統的なお菓子として、ジンジャークッキーがあります。

スウェーデンのクリスマスではジンジャークッキーは定番の料理となっており、家庭ごとに独自のレシピがあるほど一般的なお菓子となっています。

今回はスウェーデンの伝統のお菓子、ジンジャークッキーの魅力について解説していきます。

スウェーデンの伝統菓子ジンジャークッキーとは?

ジンジャークッキー

ジンジャークッキーは、スウェーデンの伝統的な焼き菓子の1つです。

スウェーデンでは「ペッパルカーコル(pepparkakor)」という名前で呼ばれています。

ジンジャークッキーという名称からも分かる通り、生地に生姜(ジンジャー)が練り込まれたクッキーとなっています。

他にもカルダモンやシナモン、クローブといったスパイスも一緒に加えられることが多く、スパイスクッキー、あるいはジンジャーブレッドという名前としても知られています。

ジンジャークッキーはサクサクとした軽い食感に、ジンジャーやスパイスのピリリとした刺激が魅力です。

また、ジンジャークッキーは若干クセのある味わいですが、一度その独特のスパイシーさにハマると病みつきになるのだとか。

お馴染みの甘いクッキーとはまた違う、ジンジャークッキーは大人が夢中になるクッキーとも言えますね。

同じく日本でも、生姜を使った料理が数多くあります。

例えば、寒い日や風邪を引いた時には、生姜とハチミツを溶かしたお茶を飲んで喉を潤して体を温める習慣がありますよね。

スウェーデンの凍えるような寒さの中で暮らす人々も長年、ジンジャーが入ったクッキーを食べることで体を温めてきたのでしょう。

スウェーデンのクリスマスには定番のお菓子

日本ではクリスマスのシーズンになると、七面鳥(今時はほどんど見ませんが)やクリスマスケーキが食卓の上に並びます。

同様にスウェーデンでもクリスマスの定番料理というものがあり、今回紹介するジンジャークッキーもその1つなのです。

スウェーデンではクリスマスの日には、家庭でジンジャークッキーを焼いてクリスマスを祝います。

12月の季節は、どこの家からも自家製ジンジャークッキーが焼ける良い香りが漂っているそうです。

また、各家庭ごとにジンジャーやクローブといったスパイスの配合も異なるため、その家オリジナルの味や風味のクッキー、いわゆる「家庭の味」が出やすいのも特徴です。

スウェーデンでは他にも、スパイスの1種であるサフランを練り込んだ「ルッカセット」というパンや、「グロッグ」と呼ばれるスパイス入りホットワインも一緒にテーブルを彩ります。

ルッセカット
【ルッセカット】スウェーデンのサフラン入りパンスウェーデンでは、くるりとS字型に丸まった、黄色い見た目も目を引くルッセカットと呼ばれるパンがあります。ルッセカットの黄色は、スパイスの中で最高級品と言われるサフランの色素によるもので、サフラン特有のエキゾチックな香りも魅力の1つです。今回はスウェーデンで愛されるサフラン入りパン、ルッセカットについて詳しく解説していきます。...
グロッグ
【グロッグ】北欧のクリスマスに飲むスパイス入りホットワイン日本では冬の季節に甘酒を飲む習慣がありますが、実は北欧でもクリスマスになると、「グロック」と呼ばれるホットワインが飲まれるようになります。今回はそんな北欧のクリスマスシーズンの特別なホットワイン、グロックの特徴について紹介します。...

このようにスウェーデンなど北欧のクリスマスでは、体を温めて活力を与えてくれるスパイスを使用した料理がよく食べられているのです。

ジンジャークッキーのレシピ

ジンジャークッキーのレシピとしては、通常のクッキーの手順とほとんど変わりません。

常温に戻したバター、砂糖など甘味料、水、卵、薄力粉とベーキングパウダーをボウルに入れて混ぜ合わせ、クッキー生地を作ります。

そしてクッキー生地を作る際、クローブやジンジャーといったスパイスを少量加えるのが、ジンジャークッキーのレシピの特徴です。

スパイスといえばカレーを想像する人も多いと思いますが、スウェーデンをはじめ北欧ではスパイスの用途は幅広く、塩や砂糖と並ぶ基本的な調味料の1つとして扱われています。

カルダモン
【カルダモン】ヴァイキングが北欧にもたらしたスパイスの女王インド原産のカルダモンは、北欧ではお菓子作りに欠かせないスパイスとして使用されています。スウェーデン名物シナモンロール 、フィンランド伝統の菓子パンであるプッラなど、多くの北欧のお菓子にカルダモンが加えられているのです。今回はそんなカルダモンの特徴や歴史について、取り上げていきたいと思います。...

肉料理や魚料理への風味付けはもちろん、お菓子作りでも生地にカルダモンを練り込んで調理するのが一般的となっているのです。

そしてスパイスを含む各種材料を混ぜ合わせた後は、味を馴染ませるために冷蔵庫で1時間から一晩ほど寝かせます。

そうしてある程度時間を置いたら、めん棒で1mm〜3mmの厚さになるまで薄く引き伸ばします。

スウェーデンのジンジャークッキーは、アメリカなど海外で食べられている他のジンジャークッキーと比べて、より薄く生地を伸ばすのが独自のポイントとなっています。

クッキー生地を伸ばしたら好きな型にくり抜いて、最後に180℃のオーブンで15分前後焼き上げれば完成です。

Photo by Leighann Blackwood on Unsplash

ちなみにクッキーの型としては動物型や星形、人形型など様々なものがありますが、北欧の伝統的なジンジャークッキーの型としては、古くから北欧で生活を共にしてきた馬が通例となっています。

また、もう一手間加えるなら、ジンジャークッキーにアイシングを加えて、おしゃれにデコレーションしてみましょう。

アイシングとは、お菓子生地の表面に塗られるペースト状のクリームのことです。

目や口、模様などジンジャークッキーに好きなデコレーションを施すことで、よりデザイン性あるクッキーを作ることができますよ。

まとめ

ジンジャークッキー

冬の寒さ厳しい北欧のスウェーデンの伝統の焼き菓子である、ジンジャークッキー。

ジンジャーやスパイスを使った料理を食べることでポカポカと体を内側から温めるという、北欧の長い冬を乗り切るための知恵が詰まったクッキーと言えるでしょう。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。