【カンピチャペル】静寂と木香に満ちたフィンランドの礼拝堂

建築
Pocket

こんにちは。Huivi -フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

フィンランドの首都ヘルシンキの街にある、独創的な外観をした礼拝堂であるカンピチャペル 。

まるでモニュメントを思わせる、木材が発する温かなオレンジの色合いとアーチ状の曲線美が特徴的です。

一方内部の空間は外部の音が遮断された静寂が広がっており、疲れた心を癒してくれる雰囲気に満ちています。

今回がヘルシンキにある個性的な礼拝堂、カンピチャペルの魅力について紹介します。

ヘルシンキの街にある礼拝堂、カンピチャペル 

カンピチャペルは、フィンランドのヘルシンキ中央駅から徒歩5分ほどの場所にある礼拝堂です。

カンピチャペルが建築されたカンピ地区は、都市開発が進む若者の街としても知られています。

ショッピングセンターやホテルなどが集中し、フィンランド・ヘルシンキ観光の拠点にも最適なエリアです。

2012年にカンピ地区に建設されたカンピチャペルは、一見するとアート作品の1種と見間違うほど個性的な外見をしています。

温かみあるウッディな色調となっており、曲線の形状をしたフォルムは幾重にも重ねられた木材からできています。

カンピチャペルは、生活に溢れる喧騒で疲弊してしまった心を、静寂に包まれた空間で癒してもらうことをコンセプトとしています。

そのため、礼拝やミサなど一般の教会が執り行う宗教的儀式はありません

静かな空間の中で設置された椅子に座り、目の前の静寂と自分の内面とゆっくりと向き合う場所となっています。

礼拝堂はヘルシンキの職員が数名スタッフとして働いています。

利用時間として、平日は7時〜20時まで、休日は10時〜18時まで入場することができます。

もちろん入場は無料となっているので、誰でも気軽に入ることができますよ。

2012年に開催されたWDCヘルシンキの記念として建築

Photo by Tapio Haaja on Unsplash

カンピチャペルは、2012年にヘルシンキで開催されたワールド・デザイン・キャピタル(WDC)を記念して建設されました。

アルッキネン・オイヴァ・アルッキテヘディット株式会社が設計を行い、一方で礼拝堂の設計の方はMikko SummanenK2Sアーキテクツが担当したとされています。

ワールド・デザイン・キャピタルは、2年毎に世界各国の都市で開催される、デザインとアートのイベントです。

1957年に設立したNPO法人、国際インダストリアルデザイン団体協議会(ICSID)が主催しています。

ヘルシンキでは2012年2月3日〜5日に開催され、開会式はヘルシンキ大聖堂前にある元老院広場で行われました。

イベント期間中は、デザイン展など300近いプロジェクトが各地で開催され、かなりの盛り上がりだったようです。

静寂に包まれた心地よい内部空間

カンピチャペル内部は説教台に小さな十字架、木造の長椅子が並べられたシンプルなインテリアとなっています。

一般的な教会にあるパイプオルガンや壁画、優美な装飾は一切ありません

内部も外観同様、360度木目調が施された空間となっています。

木材から漂う心地良い香りが満ちているそうで、さながら自然の中で森林浴をしているかのような気持ちにさせてくれるのだそうです。

昼間は自然光が差し込むようデザインされており、一方で夜には淡い間接照明が照らす穏やかな雰囲気となっています。

自分で灯すことができる蝋燭も置かれており、夜には蝋燭の炎がゆらゆらと光る幻想的な風景も見所となっています。

カンピチャペルはヘルシンキの街中にあるのですが、内部は外の街の喧騒や騒音は遮断されており、足音が響くほどの静寂に包まれています。

礼拝堂は昼間から夜まで、多数のヘルシンキ市民が訪れます。

学生から高齢者、仕事終わりのビジネスパーソンまで老若男女問わず足を運び、ただただ静かに流れる時間を楽しんでいるそうですよ。

もちろん、礼拝堂は皆が静かに過ごす場所なので、私語は基本的に厳禁となっています。

まとめ

木材の温かみある質感、ゴテゴテの装飾を取り払った素朴な内観のカンピチャペル。

その佇まいは、日本のお寺にも通じる部分も多いのではないでしょうか。おそらく私たち日本人にとっても、心地よく感じられる場所だと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました