デンマーク

【ダンネブロ】世界最古の歴史を持つ、デンマークの国旗

デンマーク国旗
Pocket

デンマークの国旗といえば、赤い下地に白色の十字をかたどったデザインが印象的です。

デンマーク国旗は別名ダンネブロとも呼ばれ、世界の国旗の中でも非常に古い歴史を持っているのはご存知でしたか。

そこで今回は他の北欧諸国の国旗にも強い影響を与えたデンマーク国旗の特徴や歴史について紹介していきます。

デンマークの国旗について

デンマークはヨーロッパ大陸北西部のユトランド半島に位置する、北欧の国の一つです。

デンマークは北欧諸国の中でも随一の歴史を持ち、10世紀から続くデンマーク王室を有する欧州最古の君主制国家として知られています。また、世界的に見ても、日本の皇室に次いで第2位の長さを誇ります。

そしてデンマーク王室に匹敵する歴史を持つのが、1219年に誕生したデンマーク国旗なのです。

伝説が元となっており信憑性に関しては諸説あるのですが、このデンマークの国旗は世界最古の国旗と言われています。ちなみに第2位がオーストリア国旗(1230年制定)です。

また、デンマーク国旗は別名ダンネブロとも呼ばれています。

「ダンネブロ(Dannebrog)」はデンマーク語で「デンマーク人(danne)の布(brog)」を意味する言葉です。

ダンネブロのデザインとして、赤色の布地に白色の十字模様が描かれているのが特徴です。

国旗の赤色は祖国への愛、白色の十字はキリスト教の国であることを表しています。

さらに国旗をよく見ると、十字の縦横の交点が左側に偏っているのがわかると思います。

これには意図があって、国旗を燕尾型(旗尾側が三角形でカットされた状態)にした際、十字の交点がちょうど中央に来るよう調節したためです。

デンマーク政府や海軍が国旗を利用する場合、通常の長方形型ではなく、国旗の旗尾側(旗竿に対して反対側)に三角形の切れ込みを入れた状態で使用します。

つまり、デンマークの国旗は軍旗として使うことを前提に、初めからあえて十字の位置をずらしているのです。

北欧諸国の国旗のベースとなったデザイン

北欧諸国の国旗を見比べると、どのデザインにも同じ十字型の模様が入っているのに気がつくのではないでしょうか。

実は世界最古のデンマーク国旗は、他の北欧諸国の国旗デザインにも強い影響を与えています。

デンマークをはじめ北欧諸国の国旗に共通して見られるこの十字模様は、スカンジナヴィア十字という名称で呼ばれています。スカンジナヴィアクロス、あるいはノルディッククロスとも称されます。

そしてスカンジナヴィア十字のデザインは、今回紹介しているデンマーク国旗がベースとなっているのです。

NAVIAで紹介しているスウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、アイスランドの北欧5カ国に加え、フェロー諸島(デンマーク領)、オーランド諸島(フィンランド領)、オークニー諸島及びシェトランド諸島(両イギリス領)といった自治領の国旗にも、同様のスカンジナヴィア十字が使用されています。

デンマーク国旗にまつわる歴史

世界最古のデンマーク国旗の歴史は、1219年6月15日にデンマーク王ヴァルデマー二世がエストニア軍と争ったリュンダニの戦いと呼ばれる伝説が起源となります。

13世紀当時のエストニアは非キリスト圏、つまりデンマーク側から見れば異教徒たちが住む国という認識でした。

そのためデンマーク王ヴァルデマー2世は聖戦の名の下に、エストニアに北方十字軍の派遣を行いました。

現代のエストニアの首都タリンに相当する場所で起こったリュンダニの戦いでは、デンマーク軍は大きな苦戦を強いられます。

エストニアの首都タリン

そして厳しい戦況の最中、空から降ってきた旗がダンネブロです。

ダンネブロを手にしたデンマーク軍は猛攻をしかけ、遂にエストニア軍に勝利したのです。

この1219年に起きた伝説が、現在のデンマーク国旗の始まりと言われています。

その他にも、ローマ教皇が十字軍に授けた旗に由来するという説もあります。

もちろん、このリュンダニの戦いで起きた出来事はあくまで伝承であり、実際の史実としての信憑性に乏しいという声もあるようです。

一方、正史の記録としてダンネブロが初めて登場するのは14世紀のことです。

そしてダンネブロは19世紀半ばまでは、デンマーク王室と海軍のシンボルとして使われていました。

1854年にデンマークの国旗として正式に制定されて以降は、一般のデンマーク国民の間でも使用が認められました。

現在でもダンネブロは、デンマークの祝日や各種イベントに欠かさず掲げられる、国民的シンボルマークとなっているそうです。

まとめ

ダンネブロと呼ばれるデンマーク国旗は、祖国の愛を表す赤色の生地に白い十字を記したデザインが特徴です。

こちらのダンネブロは世界最古の国旗であり、デンマークに伝わる伝説では1219年に誕生したと言われています。

さらに十字型のデザインはスカンジナヴィア十字と言われ、スウェーデンやフィンランドなど他の北欧諸国の国旗にも同様の模様が採用されています。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。