デンマーク

【ワッデン海】デンマークなど3カ国をまたぐ、世界最大の湿原地帯

ワッデン海
Pocket

北はデンマーク、ドイツを経由して南のオランダまで3カ国をまたいで広がるワッデン海という湿地帯があります。

豊かな自然環境や生態系を有し、ラムサール条約や世界遺産にも登録されている有名なスポットなのです。

今回はワッデン海に焦点を当て、その特徴や観光時の楽しみ方、管理はどの国が担当しているのかについて回答していきます。

ワッデン海は世界最大の干潟

ヨーロッパの北西部にはワッデン海という、デンマーク・オランダ・ドイツの3カ国にまたがって形成された世界最大の湿原地帯が広がっています。

3カ国をまたぐワッデン海の指定海域は非常に広範囲にわたり、オランダのデン・ヘンデルからドイツの海域を経由し、北のデンマークのエスビャウ湾まで至ります。

その全長は約500km、面積も約11500㎢となります。

ワッデン海は、急激な潮流の繰り返しにより長い時間をかけて形成されました。

また、6時間周期で潮の満ち引きが起こり、干潮時には歩いて沖の方まで探索することができます。

3カ国分の海岸線一帯に広がる広大な自然景観は世界的にも認められ、ワッデン海はユネスコ世界遺産にも登録されています。

登録の時期として、まず2009年にオランダとドイツの海岸線一帯の海域が登録され、2014年にはデンマークの海域も追加で登録されました。

デンマーク・ドイツ・オランダが共同管理

ワッデン海はデンマーク・オランダ・ドイツの3つの国をまたぐ、広大な規模が特徴だと説明しました。

では、ワッデン海の保全や所有権はいったいどうなるのでしょうか。

実はワッデン海はデンマーク、オランダ、ドイツの3カ国により共同で管理されています。

ワッデン海の共同管理に経緯として、まず1982年にワッデン海保全の合意をまとめた「ワッデン海の保護に関する共同宣言」が制定されます。

そして15年後の1997年には、「三カ国ワッデン海計画」という、3カ国の共同運営によりワッデン海を保全していくことを定めた条約が採択されました。

2000種類以上の生物が生息する豊かな湿地

ワッデン海には多種多様な生物が生息し、彼らを間近で見られるのも観光時の楽しみです。

豊穣な干潟は生物が暮らす環境としても最適で、ワッデン海に生息する野生動物は2000種類を超えると言われています。

例えば有名な動物としてゼニガタアザラシがおり、アザラシをゆっくり鑑賞できるアザラシウォッチングというイベントも開催されています。

また、春と秋にはムクドリなど数千万羽もの渡り鳥も飛来します。

そのためワッデン海は1987年5月にはラムサール条約という、水鳥をはじめとする湿地帯及び生態系の保全を目的とした国際条約にも登録されました。

まとめ

ここまでデンマーク・ドイツ、そしてオランダの三カ国の海岸線にまたがって続く湿原地帯である、ワッデン海について紹介してきました。

世界最大規模の湿地帯というだけあり、ワッデン海一帯は地平線まで見渡す限りの干潟の光景が続く、不思議な世界が広がります。

また、様々な動植物が織りなす豊かな生態系も、ワッデン海特有の美しい景観を形作っているのです。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。