デンマーク

【チボリ公園】1843年創業のデンマークの遊園地

チボリ公園
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

デンマークのコペンハーゲンには、現在もオープンしている世界で最も古い遊園地の1つである「チボリ公園」があります。

アンデルセンなど、多くの有名人も過去に訪れ、多くの人を楽しませてきたデンマークでも老舗中の老舗とされています。チボリ公園は1843年に創業し、以来、世界中から多くの観光客を魅了してきました。

今回は、このデンマークの遊園地であるチボリ公園について紹介していきたいと思います。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

最古の遊園地の1つ、チボリ公園

北欧デンマークの首都コペンハーゲンにオープンしている、元祖テーマパークである「チボリ公園」。

チボリ公園は世界最古の歴史を持つ遊園地の1つに数えられ、その創業は今から170年以上前の1843年となっています。

チボリ公園は最寄り駅であるコペンハーゲン中央駅から徒歩1分という好立地にあります。

「チボリ」という名称からも想像できるように、公園内には多数のアトラクションや飲食店が軒を連ねる遊園地のようなスポットです。

童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの故郷デンマークらしい、おとぎの国の世界のような美しい光景が広がる園内となっており、「人魚姫」「みにくいアヒルの子」など多数の作品を書いたアンデルセンも多くの時間を過ごしたと言われています。

昼間は子供たちがアトラクションを楽しむ一方、夕方から夜の時間帯にかけては園内が煌びやかにライトアップされ、イルミネーションや散歩など大人も楽しめる空間に変化します。

デンマークは日本同様に四季があるため、チボリ公園でも秋のハロウィンや冬のクリスマスなど季節ごとに様々なイベントが開催されています。

チボリ公園の歴史

チボリ公園の創業者は、19世紀当時のデンマーク国王クリスチャン8世の臣下であるゲオ・カーステンセンという人物でした。

彼は市民の娯楽施設として、コペンハーゲンにチボリ公園を作り、「階級の差別がなく、誰でも楽しめる場所」というコンセプトのもとに開設しました。

19世紀当時は身分制度が厳しかったため、階級に関係なく誰でも遊べる遊園地は前例のない先駆的なアイデアでした。

チボリ公園は現存する遊園地の中では3番目に古く、最も古い遊園地とされているのが、同じくデンマークのシェラン島北部にある「デュアハウスバッケン」で、1583年に創業しました。次いで、1766年に創業したオーストリアのウィーンにあるプラーター公園が続きます。

多くの有名人もチボリ公園を訪れており、童話作家のアンデルセンは何度も足を運んで作品の構想を練っていたと言われています。

また、ディズニーランドの創業者ウォルト・ディズニーもチボリ公園を訪れ、インスピレーションを受けたことで、チボリ公園はディズニーランドのモデルとなった遊園地として知られています。

チボリ公園の開園時間や入場料

チボリ公園は、営業期間と閉園期間があり、一年中開園しているわけではないため、観光する際は注意が必要です。

開園期間は、大きく分けると、4月の第1週から夏季の9月下旬まで、10月中旬から11月初旬までのハロウィン期間、そして11月中旬から12月31日までのクリスマス期間に営業しています。

1月から3月など、上記以外の期間は閉園となっています。

遊園地としては珍しく、営業時間は深夜まで開園しています。

日曜から木曜は11時から23時まで、金・土曜日は深夜の24時まで遊ぶことができます。

夜は、ライトアップされた神秘的なガーデンを散歩するカップルも多いのだそうです。

入園料は、シーズンによって若干の変動がありますが、日本円でおよそ1700円から2000円程度で、入場チケットが販売されています。

1回分の入場チケットに加え、年間を通して入場できる年間パスポートも販売されています。年間パスポートは、大体6000円程度で購入できるとのことです。

また、コペンハーゲン内の観光スポットと公共交通機関が一定期間利用し放題となる、観光フリーパス「コペンハーゲンカード」でも入場が可能です。

コペンハーゲンカードを使用すれば、他の施設同様に入場料が無料になるため、旅行の際には利用することをおすすめします。

ただし、チボリ公園は、入場料と個々のアトラクション代が別になっているため、アトラクションを利用する際は、別途追加料金を払ってチケットを購入する必要があります。

アトラクション代は、1回ずつ払う方法もありますが、乗り放題チケットを購入する方法もあります。

「利用のたびに購入するのは手間がかかる」という人には、後者の乗り放題チケットをおすすめします。

園内のアトラクション案内

チボリ公園は、約85,000㎡の敷地内に観覧車、メリーゴーランド、ローラーコースターなど、日本でもお馴染みのアトラクションが並びます。

子供向けのメリーゴーランドなどの定番アトラクションに加え、フリーフォールや空中ブランコなどの絶叫系アトラクションも用意されており、大人でも十分に楽しめます。

アトラクション施設以外にも、公園内では音楽コンサートが開かれることがあります。毎週金曜日にはアーティストたちが演奏するステージが設けられ、公園中心部の野外劇場「ピーコック劇場」ではパントマイムなどの伝統的なショーが上演されます。

チボリ公園は国内外から有名アーティストが訪れ、レディーガガもコンサートを開催したことがあるとのことです。

園内には50店舗以上の飲食店やお土産店もあり、休憩に最適です。レストランではデンマーク料理をはじめ、和洋中の名物料理を味わえます。

中でも、1874年の創業以来チボリ公園で営業を続けている園内最古のレストラン「グロフテン」は特に有名です。スモーブローなど、デンマーク伝統料理を味わえるので、海外からの旅行客にも人気があります。

まとめ

1843年創業以来、北欧デンマークで最も有名な老舗遊園地であるチボリ公園は、国内外を問わず多くの人々を魅了してきました。

公園内にはゆったりとしたメリーゴーランドからスリルを味わえる絶叫系アトラクション、音楽コンサート、そして夜のイルミネーションなど、1日では巡りきれないほどの見所が詰まっています。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング