フィンランド

【ティッパレイパ】ヴァップで食べられるフィンランド版ファンネルケーキ

Funnelcake
Pocket

フィンランドでは毎年5月1日にはヴァップという、世界的な労働者の日(メーデー)と同様の祝日があります。

ヴァップの日には多くの人が街に繰り出してパーティを開くのですが、その際にティッパレイパと呼ばれるお菓子を食べるのが習慣となっています。

そこで今回はフィンランドで話題のスイーツ、ティッパレイパについて紹介していきます。

フィンランドのティッパレイパとは?

ティッパレイパ(Tippaleipä)とは、フィンランドで毎年5月1日のヴァップの日に登場する揚げドーナツに似たスイーツです。

ティッパレイパはフィンランド語で「しずくのパン」を意味し、欧米ではファンネルケーキとも呼ばれています。

基本的な原材料や味わいはドーナツと同じですが、目を引くのはそのユニークな見た目です。

ヒョロヒョロと細長い線が重なったような形は、ひと目見ただけでは何の食べ物かわからないほど。

この形状は油で揚げる際、ホイップクリームに使うような絞り器で生地を油に入れることで生まれます。

ただし、そのまま絞り器で細長くなった生地を油の中に入れても、チュロスのようなヒモ状のドーナツしかできません。

そこでティッパレイパを作る際には、底の抜けた空き缶を揚げ油の中に入れ、その中に生地を流し入れます。

そうすれば油の中で離散することなく、一つにまとまって絡み合った形状になります。

ヴァップの日について

日本では5月1日は普通の平日ですが、世界的には5月1日は「メーデー」と呼ばれる労働者の日に定められています。

メーデーは世界80ヵ国以上で認められている祝日で、当日には労働者の待遇改善を目的に各地でデモや集会が行われます。

そして北欧フィンランドでも5月1日には、メーデーに相当する「ヴァップ(Vappu)」という祝日があります。

ただフィンランドのヴァップの場合、メーデーの主旨である労働者の権利向上のためのデモというよりも、仲間とパーティを開き春の訪れを祝うイベントに近いです。

ヴァップの日には、参加者は高校卒業時に貰う白帽子をかぶるのが風習となっています。

メーデー
【ヴァップ】5月1日に開催される、春の到来を祝うフィンランドの祝祭フィンランドには毎年5月1日になると市民が街に繰り出してパーティを開く、ヴァップという祝日があります。世界的には当日はメーデーという、労働条件改善に向けた労働者階級のための日に定められていますが、フィンランド版のメーデーであるヴァップはまた違う特徴があるのです。そこで今回はフィンランドで行われる、ヴァップの日について解説していきます。...

欧米ではファンネルケーキと呼ばれる

ティッパレイパはフィンランドでの名称で、アメリカなどの欧米ではファンネルケーキと呼ばれています。

アメリカでは手軽な屋台スイーツとして注目を集めており、パンケーキに次ぐブームが来るのではとも言われています。

というのもファンネルケーキは「ケーキ」という名前の通り、フルーツやクリームをトッピングすればパンケーキとしても楽しめます。

ベリーやチョコクリームなど幅広いデコレーションも可能で、SNS映えするおしゃれスイーツとしても話題です。

ちなみに、ファンネルケーキという名前は、「漏斗(ろうと)」を意味する「ファンネル(Funnel)」に由来しています。

漏斗とは上の写真のように、口の狭い器に液体を注ぐための道具です。

ファンネルケーキ特有のヒモ型のケーキ生地を作る時に、漏斗に入った生地を揚げ油の中に注いで生地を固めることから「ファンネル(ろうと)ケーキ」という名前になりました。

まとめ

ティッパレイパはヒモが絡まったような奇妙な形をしたスイーツですが、フィンランドではヴァップの日に欠かせない人気のお菓子となっています。

一方で英語圏では「ろうとのケーキ」を意味するファンネルケーキとも呼ばれ、SNS映えする屋台スイーツとして流行中です。

日本でも近いうちにブームが来るかもしれませんね。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。