アイスランド

【サンボイジャー】ヴァイキング船を象ったアイスランドの彫刻

サンボイジャー
Pocket

アイスランドの中心地であるレイキャビクの中には、独特な形状をしたオブジェが設置されています。

船の骨組みにも見えるこの作品は「サンボイジャー」と呼ばれ、北欧の海賊ヴァイキングが航海時に乗っていた軍船をモチーフにしたものなのです。

今回はレイキャビクで有名なオブジェであるサンボイジャーについて、作品の詳しい特徴やヴァイキング船に関する知識を紹介していきますね。

サンボイジャーの特徴

アイスランド最大の都市レイキャビクには、「サンボイジャー」という、ユニークな形状をしたオブジェが置かれています。

サンボイジャーはアイスランド出身の芸術家ヨン・グンナル・アルナソン氏によって製作されました。

こちらの彫刻作品はステンレス鋼で作られ、作品下の台には花崗岩が使用されています。

サンボイジャーという名称は「太陽の航海者」を意味しており、太陽への頌歌(しょうか)、そして未知への探究や希望、自由をテーマとしています。

アイスランドの雄大なファクサ湾を背景としたその立ち姿は、非常に荘厳で洗練された佇まいを感じさせます。

また、サンボイジャーは船の骨組みを思わせる無骨なデザインが特徴です。

というのも実はこちらの作品は、中世の時代に北欧諸国を席巻した海賊ヴァイキングが使用したヴァイキング船を参考にしているのです。

彫刻のモチーフとなったヴァイキング船とは?

ヴァイキングとは北欧の代名詞とも言えるほど有名な海賊達のことで、彼らは8世紀〜11世紀にかけて北欧をはじめとする北ヨーロッパ一帯を侵略しました。

では、サンボイジャーのモチーフとなったヴァイキングの船とは、一体どのようなものだったのでしょうか。

ヴァイキング船はヴァイキング・シップとも呼ばれ、龍を模した船首が特徴です。

また、船の骨組みとなるしなやかな竜骨に、両舷には人力で推進力を生み出すためのオールも設置されています。

このヴァイキング船の細長い形状は、海を高速で移動することが重視されています。

その一方で細く軽量な造りでありながらも船の耐久性は高く、長期にわたる航海や戦闘にも耐えうる堅牢さも併せ持ちました。

ヴァイキング船の構造を強固にしたのが鎧張りと呼ばれる建築技法です。

鎧張りとは軽くて丈夫なオーク材を重ね貼りする手法であり、この造船技術によってヴァイキング船の特徴である俊敏性と耐久性が生まれたのです。

サンボイジャーが完成するまでの経緯

現代から1000年近く前に活躍したヴァイキング船を参考にしたサンボイジャーは、1990年9月にレイキャビクのSæbraut道路沿いに設置されました。

設置のきっかけとなったのが、1986年に開催されたレイキャビク創設200周年を記念する彫刻のコンテストです、

そしてサンボイジャーの立案者であるヨン・グンナル・アルナソン氏の案が採用され、コンテストで提出された小型の試作品をベースに、フルサイズの作品が製作されることとなります。

製作はアルナソン氏の助手であった芸術家のクリスティン・E・フラフソン氏の主導の元進められ、コンテストから4年後の1990年に完成を迎えました。

サンボイジャーは1989年に亡くなったアルナソン氏の遺作でもあり、完成から30年以上経った今でも来訪者が絶えないレイキャビクの名スポットとなっています。

まとめ

サンボイジャーはアイスランドのレイキャビクにあり、北欧の海賊ヴァイキングの船に着想を得たオブジェです。

無駄な装飾がないスタイリッシュなボディは、引き込まれるような美しさがあります。

レイキャビクの街並みとも見事に調和した、街を代表する彫刻作品なのです。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。