自然

【シンクヴェトリル国立公園】世界初の民主議会が発足したアイスランドの世界遺産

シンクヴェトリル国立公園
Pocket

こんにちは、伊東琢哉です。

北ヨーロッパの外れにある島国アイスランドにおいて、観光ツアーの定番となっているのがシンクヴェトリル国立公園です。

世界遺産にも登録されているこの公園は、アイスランド特有の地理が生み出した自然景観に加え、930年に当時としては珍しい民主制の議会が誕生した地としても知られています。

今回はそんなシンクヴェトリル国立公園について、詳しく紹介していきます。

シンクヴェトリル国立公園とは?

スカンジナヴィア半島から海を挟んだ場所に位置する北欧の島国、アイスランド。そしてアイスランドの首都レイキャビクから北東約50kmのところにあるのが、今回紹介するシンクヴェトリル国立公園です。

シンクヴェトリルは1930年に地域一帯が国立公園に定められ、さらに2004年には世界文化遺産にも登録されました。

アイスランドの観光ツアーにも組み込まれるほど人気のエリアなのですが、なぜ辺境の地にあるシンクヴェトリル国立公園がここまで注目されるのでしょうか。

詳しくは次の章から説明しますが、シンクヴェトリル国立公園には、大陸プレートの裂け目が地上に突き出た「ギャウ」という岩肌、そして世界最古の民主議会である「アルシング」発祥の地という2つのポイントがあります。

大地の裂け目と呼ばれるギャウ

アイスランドは他の北欧諸国とは異なり、大西洋中央海嶺と呼ばれる、ユーラシアプレートと北アメリカプレートいう2つの大陸プレートの丁度境界線上に位置しています。

大陸プレートの地盤は絶えず移動しており、東に向かって動くユーラシアプレートに対して、北アメリカプレートは反対の西側に移動しています。

そのため、両プレートの真上にあるアイスランドの大地も、年に数cmずつ東西に引っ張られるように国土が拡大しています。

そして大陸プレートの境目にあるアイスランドならではの光景なのが、アイスランド語で「大地の裂け目」を意味する「ギャウ」です。

大地の裂け目と言われるように、ギャウは東西に移動する大陸プレートの断面が特徴的な形状の岩石を形成します。

通常はギャウは海中に生まれるのですが、アイスランドではギャウがゴツゴツとした岩肌として地上部に突き出している、非常に稀有な光景を見ることができます。

アイスランド各地にあるギャウは直接手に触れられるほど身近にあり、その中でも特にシンクヴェトリル国立公園のギャウは国内でも大規模なことで知られています。

世界最古の民主議会アルシングが開催された場所

シンクヴェトリル国立公園は、ギャウという特殊な自然景観だけでなく、世界初の民主議会と言われる「アルシング」の発足の地でもあります。

アルシングは、ノルウェーからアイスランドに移住したヴァイキング達によって930年に誕生しました。

アルシングは毎年夏の数週間の期間に開かれ、アイスランドの各地域を代表する人物がシンクヴェトリルの集会場に集まり、法の制定などを行います。

話し合いが行われた場所は「法の壁」と呼ばれ、現在では開催地となった場所にはアイスランドの国旗が立てられています。

アルシングは国の意思決定に議会制民主主義を取り入れたということで、930年当時の時代背景から考えると極めて先進的な取り組みでした。

というのも、中世から近代にかけてのヨーロッパでは、貴族などの一部の特権階級のみが参加できる身分制議会が主流だったからです。

その中でもアイスランドは今の近代議会に通じる民主的な議会を行い、アイスランドの現国会議事堂ができる1798年まで、およそ800年以上にわたって開催されました。

まとめ

アイスランドにある世界遺産のシンクヴェトリル国立公園では、地球の鼓動を感じられるギャウや、世界初の民主集会であるアルシング跡地など、自然&歴史的なスポットを見ることができます。

アイスランド観光でもシンクヴェトリル国立公園は王道の名所なので、興味がある人は是非チェックしてみてください。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。