アイスランド

【ランドマンナロイガル】山肌が剥き出しの荒野が広がる、アイスランドの高原地帯

Pocket

アイスランドには見渡す限りの荒野や牧草地が続く、ランドマンナロイガルと呼ばれるエリアがあります。

旅行客の間では人気のハイキングコースとして知られ、アクセスが厳しい場所にありながらも来訪者が絶えないそうです。

今回はアイスランドにあるランドマンナロイガルについて、エリア一帯の見どころやアクセス、観光時の楽しみ方などを紹介していきます。

ランドマンナロイガルの特徴

ランドマンナロイガルは剥き出しの山肌や荒野など、手付かずの自然が広がるアイスランドの人気観光地の1つです。

ランドマンナロイガルはアイスランドの中央高原地帯、具体的には火山ヘクラ一帯のエリアを指します。

北欧といえば雪や森をイメージするかもしれませんが、ランドマンナロイガルは高原地帯ということで、地域一帯は見渡す限りの荒野が広がります。

それでもランドマンナロイガルは、実はアイスランドでも屈指のハイキングエリアとなっています。

例えば、ランドマンナロイガル周辺の山は、火山岩の1種である流紋岩で作られています。

流紋岩は幾重にも層が重なった見た目が特徴で、山肌を見ると様々な色合いのグラデーションを見ることができますよ。

ランドマンナロイガルまでのアクセス

ランドマンナロイガルはアイスランドの中心地から離れた場所にあり、道中のアクセスも中々に大変です。

まず、ランドマンナロイガルまでは未整備の道路が続きます。

観光名所といっても、ランドマンナロイガは普段人が立ち入らない中央高原地帯のため、基本的に道中は険しい荒野となります。

砂利や岩、川まで越えて進む必要があり、四輪駆動車でないと行くのは厳しいようです。

また、人が入れるのは6月~9月の夏期間のみで、この季節以外はランドマンナロイガルは閉鎖されている点にも注意が必要です。

ハイキングや温泉が観光名物

ランドマンナロイガルは他の北欧の名所スポットと比較しても、必ずしもアクセスに恵まれているとは言えません。

ただ、辺り一帯に広がる迫力ある景観、さらに温泉といった恵まれた観光資源を有しており、毎年多くの人が訪れる場所となっています。

先ほども少し紹介しましたが、ランドマンナロイガルの山は火山活動でできた流紋岩で形成されています。

ランドマンナロイガルの山の標高はおよそ400m。さらに山の麓は、アイスランド人が夏の休暇を楽しみに集まるキャンプスポットにもなっています。

また、宿泊の際は、1951年に作られた山小屋も利用できます。規模としては78人まで宿泊が可能で、室内にはアメニティなども備え付けられているようです。

他にも、日本人に馴染み深い温泉も沸いているのが特徴です。

アイスランドは元々地理的に地殻変動や火山活動が活発な国となっており、国内の至る所で、地熱で温められた温泉を見ることができます。

もちろんランドマンナロイガルの温泉にも入浴は可能で、その場合タオルと水着は持参となります。

まとめ

ここまでアイスランドにある高原地帯、ランドマンナロイガルについて解説してきましたがいかがだったでしょうか。

見渡す限りの未開の地が広がるランドマンナロイガルは、国内屈指のハイキングコースとして有名です。

加えて温泉や乗馬といった体験も楽しめるスポットであり、自然の中で伸び伸びと過ごしたい人にとってはうってつけのエリアと言えます。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。