デンマーク

【リスアラマン】デンマークのクリスマスイブに食べられるミルク粥

risalamande
Pocket

デンマークのクリスマスイブでは、リスアラマンと呼ばれるミルク粥を食べる伝統があります。

リスアラマンとはお米を牛乳や砂糖、生クリームで煮込んだ料理のことで、デンマークではデザート感覚で親しまれています。

さらにクリスマスイブでは、リスアラマンの中にアーモンドが入っていた人には嬉しいサプライズも用意されているのです。

そこで今回はデンマークのクリスマスイブの定番料理である、リスアラマンについて紹介していきます。

リスアラマンとは?

デンマークにはリスアラマンという、お米を牛乳で甘く煮た料理があります。

リスアラマンはミルク粥、いわゆるライスプティングと呼ばれる米料理の1つです。

ライスプティングといえば、日本にも似た料理としてお粥はありますが、米と牛乳という組み合わせは日本人から見ると少し抵抗があるかもしれませんね。

しかし、ライスプティングは世界ではポピュラーな料理として知られています。

例えばフィンランドのリーシプーロ、ロシアのカーシャ、インドのキールなど国によって名前は異なりますが、ヨーロッパやアジア各地でライスプティングと同様の伝統料理が存在しています。

リーシプーロ
【リーシプーロ】フィンランドの伝統的なミルク粥フィンランドには「リーシプーロ」という、お米を牛乳や砂糖と一緒に煮込んだお粥があります。伝統的な日本のお粥と同じようにシンプルに塩で頂く事もあれば、フルーツをトッピングしたアレンジレシピもあり、幅広い楽しみ方ができるのも特徴です。ここではフィンランドの伝統的なミルク粥であるリーシプーロについて解説していきます。...

そしてデンマーク版のライスプティングであるリスアラマンは、お米と牛乳、砂糖にジャム、そして細かく砕いたアーモンドが原材料となります。

さらにリスアラマンはジャムや生クリームで甘く味付けし、冷やした状態で食べるのが一般的です。そのため、主食用のご飯というよりはデザートに近い料理と言えます。

また、「リスアラマン(rizàl’amande)」はフランス語で「アーモンド入りライス」という意味で、実はフランスで誕生した料理となります。

デンマークで現在のようにリスアラマンが食べられるようになったのは、19世紀後半頃と言われています。

アーモンドを使ったリスアラマンの風習

デンマークでリスアラマンは、クリスマスイブに食べる特別なデザートとして知られています。

そしてリスアラマンに関して、デンマークでは少し変わった伝統があります。

それはリスアラマンを作る際に事前にアーモンドを1粒入れておき、その後自分のお皿の中にアーモンドが入っていた人はプレゼントをもらえるというものです。

プレゼントとしてはマジパンやお菓子、本などが一般的に贈られます。

これはいわばクリスマスイブのディナーを盛り上げる、ある種のサプライズなのです。

くじ引きのような感覚で行えるとあって、デンマークの家庭では子どもから大人まで楽しめるイベントとなっているようです。

リスアラマンのレシピ

リスアラマンの主な原材料はお米に牛乳、砂糖と塩、ジャムやソース、ホイップクリーム、そして細かく砕いたアーモンドが使われます。

まずお粥を作る要領で、鍋にお米と牛乳、砂糖と塩を入れて煮ます。

お米が溶けてお粥状になったら火を止め、粗熱が取れたら一旦器に移し替えて、冷蔵庫で冷やします。可能なら一晩寝かせると、より味が馴染むそうです。

そしてミルク粥が十分冷えたら、ホイップクリームと刻みアーモンドを入れます。

最後に器によそい、ジャムやソースをトッピングして完成です。

このレシピではリスアラマンを冷やしますが、出来立て熱々の状態で食べるのもおすすめですよ。

まとめ

リスアラマンとは、デンマークのクリスマスイブに伝統的に食べられているミルク粥のことです。

お米を牛乳で煮込むことでクリーミーな口当たりとなり、そこにブルーベリージャムやチェリーソースも加わることで新感覚なデザートとなるそうです。

さらにデンマークではクリスマスイブの日にアーモンドを一粒入れて、見事お皿にアーモンドが入っていた人にはプレゼントが贈られる習慣もあります。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。