Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
建築

【ニーダロス大聖堂】オーラヴ2世が祀られたノルウェーの大聖堂

ニーダロス大聖堂
Pocket

ノルウェー第3の都市であるトロンハイムには、ニーダロス大聖堂と呼ばれる荘厳な教会が建てられています。

ニーダロス大聖堂は中世の時代から多くの信者が巡礼に訪れる、聖地としての側面もあります。

今回はニーダロス大聖堂に焦点をあて、その歴史や聖地と呼ばれる理由について紹介していきます。

この記事で学べること
  • ニーダロス大聖堂の外観/内観の特徴
  • 大聖堂があるトロンハイムという街について
  • ニーダロス大聖堂の歴史
  • ニーダロス大聖堂が北欧最大の聖地である理由

ノルウェー・トロンハイムにあるニーダロス大聖堂

ニーダロス大聖堂とは、11世紀~14世紀の期間に建築されたノルウェー最大規模の大聖堂です。

ニーダロス大聖堂は1015年〜1028年にノルウェーを統治していた国王オーラヴ2世を祀る建物であり、かつて全国から巡礼者が足を運ぶ聖地でもありました。

ニーダロス大聖堂は、ノルウェー中部に位置するトロンハイムという都市にあります。

トロンハイムは首都オスロの北部にあり、その距離は640kmほど。

オスロからトロンハイムへの移動の際は、飛行機で約1時間、鉄道では6時間ほどかかります。

また、トロンハイムはノルウェーで最初に誕生した首都として知られ、現在でも国内第3の規模を誇る都市となっています。

トロンハイム
【トロンハイム】学生の街でもあるノルウェー第3の都市ノルウェーにはトロンハイムという、首都オスロとベルゲンに次ぐ第3の都市があります。ただ、日本での知名度は決して高くなく、トロンハイムがどのような街なのか知らないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回はトロンハイムという街について深掘りし、街の魅力について紹介していきたいと思います。...

2種類の建築様式による国内最大級の大聖堂

ニーダロス大聖堂はゴシック様式とロマネスク様式が融合した、石造りの大聖堂です。

中世の時代に建築されたニーダロス大聖堂のその佇まいには、積み重ねた歴史が生み出す風格と荘厳が漂っています。

一方で大聖堂内部は、穏やかな雰囲気が広がっています。

高い天井の内部空間には、壮麗な2つのパイプオルガンが設置されています。

さらに旧約聖書と新約聖書の場面が描かれたステンドグラスや彫刻など、随所に神秘的な装飾が施されているのが特徴です。

他にもニーダロス大聖堂の横には、かつて大司教の住居として使われていた建物があります。

現在ではニーダロス大聖堂に由来する調度品や美術品が展示された宮殿博物館として、一般公開されています。

6月~8月の夏季シーズンには、大聖堂の塔の部分にある展望台も利用できます。

頂上の展望台までは全172段の螺旋階段が続いており、登るのは多少難儀するようです。

しかし、絶景スポットである展望台から眺める景色は一見の価値あり。

カラフルな家々が並ぶトロンハイムの街並みや、地平線まで広がるフィヨルド(入江)を見渡すことができるそうです。

ニーダロス大聖堂の歴史

ニーダロス大聖堂の建築が始まったのは1070年。その後200年以上の歳月をかけて工事が行われ、1300年頃に完成を迎えました。

大聖堂は建築されて以降、幾多もの火災や落雷に見舞われ、損害の度に再建を繰り返してきた背景もあります。

1327年に火災の被害を受けた後、1531年にも再度大聖堂は火事に見舞われました。

さらに1719年には落雷による火災で損傷するなど、ニーダロス大聖堂は何度も自然災害の憂き目にあうこととなります。

ニーダロス大聖堂はその後、長期に渡り再建が行われず損耗が放置されていた時期もありました。

しかし1869年に建築家ハインリヒ・エルンスト・シルマーの指揮のもと、1世紀以上かけて大規模な再建工事が行われます。

こうして2001年に最終的な工事が終わり、ニーダロス大聖堂は従来の荘厳な佇まいを取り戻したのです。

また、ニーダロス大聖堂は古くからノルウェーの公式行事の場として利用されてきた由緒ある建物でもあります。

15世紀からニーダロス大聖堂では、ノルウェー王の戴冠式が執り行われてきました。

ニーダロス大聖堂での戴冠式は、1906年のノルウェー憲法改正時まで続きます。

また、ニーダロス大聖堂は戴冠式が停止された後も、ノルウェー国内では特別な意味を持つ建物として存在してきました。

例えば、ノルウェーの現国王ハーラル5世の即位時には、戴冠式に相当する祝祷式がニーダロス大聖堂で催されました。

国王オーラヴ2世が眠る聖地

ニーダロス大聖堂はオーラヴ2世が祀られた大聖堂であり、中世の時代には多くの巡礼者が各地から訪れる北欧最大の聖地でもありました。

オーラヴ2世は1030年に没後、1031年には列聖(聖人の地位に迎えること)が行われました。

こうしてオーラヴ2世が埋葬される土地に建てられたニーダロス大聖堂は、聖人が祀られた聖地として特別な意味を持つようになったのです。

また、首都オスロからニーダロス大聖堂までの工程は巡礼路として知られており、近年でも巡礼の旅を行う観光客も珍しくありません。

ルートの途中には宿泊施設や飲食店も整備されているようです。

そして巡礼路の目的地であるニーダロス大聖堂に辿り着いた人には、巡礼証明書も送られます。

北ヨーロッパ各地から信徒が訪れた、巡礼地としてのニーダロス大聖堂を体験したい人は一度チェックしてみるのも良いかもしれません。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。