Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
行事

【サーミの日】ノルウェーで2月6日に開催される祝日

サーミの日
Pocket

ノルウェーでは毎年2月6日には、「サーミの日」という祝日が制定されています。

「サーミの日」の由来となっているのが、スカンジナヴィア半島のラップランドという地域に暮らす、少数民族サーミ人です。

期間中はサーミ人に関連する様々な行事がノルウェー各地で開かれます。

今回はサーミの日という祝日について、その内容や成り立ちについて詳しく解説していきます。

この記事で学べること
  • 北欧の先住民サーミ人について
  • 2月6日にノルウェー全土で行われるイベント
  • サーミの日が設立されるまでの経緯

2月6日は「サーミの日」という祝日

ノルウェーでは毎年2月6日に「サーミの日」という、北欧の少数民族サーミ人に関する祝日があります。

サーミ人とは、スカンジナヴィア半島北部に位置するラップランドで、トナカイと共に暮らす遊牧民です。

サーミの日がノルウェーの祝日として制定されたのは1992年のこと。

以降は毎年、サーミの日、あるいはサーミのナショナルデーとも呼ばれる2月6日なると、スカンジナヴィア半島に位置するノルウェー・フィンランド・スウェーデンの北欧3カ国でサーミの国旗が掲げられます。

さらに当日にはサーミ人の文化や歴史への理解を深めるため、ノルウェー全土でサーミ人に関連するイベントが開催されるようになります。

ノルウェーの街ではサーミ文化祭や映画祭、講演会はもちろん、学校や幼稚園でもサーミの文化を学ぶカリキュラムが組まれるのです。

なぜ2月6日が「サーミの日」なのかというと、今から遡ること約100年前。1917年2月6日~9日にノルウェーのトロンハイムで、サーミ人初となる議会が開催されたのがきっかけです。

北欧の少数民族サーミ人とは?

日本で少数民族といえば、北海道のアイヌ民族をイメージする人も多いと思います。

サーミ人も北欧・スカンジナヴィア半島のさらに北部にあるラップランドという地域に、はるか昔から独自の生活スタイルで暮らしている先住民族です。

サーミ人は伝統的に、トナカイの牧畜を主に行う遊牧民として生活してきました。

また、彼らが暮らすラップランドとは、スカンジナヴィア半島に属するスウェーデン・ノルウェー・フィンランドの北欧3国、そしてロシアの計4カ国を横断するように広がる地域を指します。

ラップランドは国や県のように、明確な国境は規定されていませんが、一般的に北緯66度33分以北の地域を示すことが多いようです。

サーミ人は一説によると、1万年前からスカンジナヴィア半島で暮らしていたとされています。

しかし現在では、北欧の近代化に伴い伝統的な暮らしを続けるサーミ人は減少傾向にあります。

かつてのようにトナカイの遊牧を行っているサーミ人は10%未満とされ、ほとんどのサーミ人が現代人と同じライフスタイルを営んでいます。

また、サーミ人がテーマの映画として、アマンダ・シェーネル監督の「サーミの血」という作品もおすすめです。

サーミの日が制定されるまで

先述したように「サーミの日」制定の背景には、1917年2月6日〜2月9日に行われた第1回サーミ会議があります。

ノルウェーのソール・トロンゲラーグ県にあるトロンハイムという街でサーミ人初の議会を開催し、サーミ人の人権や政治参画の進歩に大きく寄与しました。

そしてサーミ議会開催の大きな立役者となったのが、女性人権活動家のエルサ・ラウラ・レンベルグという人物です。

エルサ・ラウラ・レンベルグは1877年、ノルウェーのヌールラン県で生まれました。

ストックホルム留学を経て、1904年にはストックホルムでサーミ協会を設立。

彼女はサーミ人の選挙権や人権擁護を主張し続け、1910年にはサーミ女性解放運動団体「サーミ女性協会」を創設しました。

その後、後世で「サーミの日」と呼ばれるようになる1917年2月6日には、サーミ人初の議会が開催されたのです。

まとめ

毎年2月6日のサーミの日は、ノルウェー全土でサーミ人にまつわるイベントが開催される祝日です。

古くからスカンジナヴィア半島でトナカイと遊牧生活を営んできた、先住民サーミ人。サーミの日は彼らが紡いできた文化や伝統を知る、貴重な祝典なのです。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。