Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
建築

【ラウマ】フィンランドで3番目の歴史がある世界遺産町

ラウマ
Pocket

ラウマは1442年に創設した、フィンランドで3番目に古い歴史ある町です。

町中の旧市街は世界遺産にも登録されており、パステルカラーの街並みは息を飲むほどの美しさ。ただ、日本人の間ではラウマという名前はほとんど知られておらず、旅行で訪れる人も多くありません。

そのため、ここではラウマという町が一体どのような場所なのかを詳しく紹介していきます。

フィンランドの隠れ名所であるラウマに興味がある人は、是非読んで見てくださいね。

この記事で学べること
  • ラウマの歴史
  • 世界遺産に登録されている旧市街の見所
  • ラウマの伝統工芸品であるボビンレースについて

1442年に誕生した国内で3番目に古い町

ラウマとは、フィンランドの首都ヘルシンキから北西に約200kmの場所にある、人口約4万人ほどの小さな町です。

ラウマは1442年に設立した非常に歴史のある町として知られ、フィンランドでは3番目に古い町となっています。ちなみに最古の町がトゥルク、2番目がポルボーという町です。

ラウマは古くから港町として、造船業やレース産業を主要産業として発展しました。そして第二次世界大戦以降は、主要産業が工業に移行します。

中でも有名なのが、中世の木造建築群が集まる中心部です。中心部一帯は「ラウマ旧市街」と呼ばれ、町を代表するエリアとなっています。

世界遺産に登録されているラウマ旧市街

ラウマの中心部に広がる旧市街は、1442年の町の創設当時の面影を残す歴史的なエリアです。

旧市街に足を運べば、中世時代の雰囲気を色濃く残る街並み、ネオルネサンス様式の建築物が並んでいます。

ラウマ旧市街の面積はわずか0.3㎢ほど。その範囲に600軒ほどの木造家屋が建っています。

中心部にある旧市庁舎には、ラウマの数百年に渡る歩みを記した歴史的資料や工芸品も展示されています。

さらにラウマ旧市街の北部には、15世紀後半に建築された石造りの聖十字架教会もあります。

建設当初は修道院の教会でしたが、16世紀に勃興した宗教改革により封鎖、その後福音エーテル派の教会に改めたそうです。

このように数多くの歴史的建造物や街並みを有するラウマ旧市街は、1991年にその価値が認められユネスコ世界遺産に登録されました。

ラウマ旧市街は美しい木造家屋が見所

ラウマ旧市街の代名詞とも言えるのが、木造建築の街並みです。淡いパステルカラーの光景は、どこを切り取っても絵になるような世界観です。

ラウマの建物がカラフルな理由としては諸説あります。その中で有力な説として、長い航海からラウマに戻った船乗りたちが自分の家をわかりやすく認識できるよう、敢えて外観を目立つ色にしたと言われています。

旧市街の木造家屋は世界遺産に登録されていますが、現在でも600人ほどの住民が暮らしています。

さらにお土産や雑貨を販売するショップ、レストランとしても活用されています。

また、ラウマは1640年1682年に大火災によって町の大半が焼失し、建物はその後ネオルネサンス様式で再建されました。

そのため、現存する木造建築の多くは18世紀以降のものとなっています。

ボビンレースはラウマの伝統工芸品

18世紀以降にはレース産業で栄えたラウマでは、ボビンレースという編み物が町の伝統工芸品となっています。

ボビンレースは別名「糸の宝石」と呼ばれるほどの美しさがあります。また、編む際に複雑な技術が要求されるため、価格も高価です。

18世紀末に生まれたボビンレースは、細部まで繊細に編み込まれた美しい模様からフィンランド国内のみならず、海外にも輸入するほど人気の商品でした。

現在でもボビンレースはラウマの町を代表する工芸品であり、展示会なども頻繁に開催されています。

ボビンレース
【ボビンレース】糸の宝石とも称される優美な織り物欧州各国や北欧にはボビンレースと呼ばれる、伝統的な手織りの織り物があります。ヨーロッパを起源とし、その後はフィンランドのラウマなど各地に製法が伝わりました。ここでは、中世から現代まで多くの人を惹きつけたボビンレースについて紹介しています。 ...

まとめ

ラウマはフィンランドの西海岸に位置し、国内で3番目に古い歴史を持つ町です。

世界遺産にも登録されているラウマ旧市街ですが、知名度の低さからか、実は観光で訪れる日本人はほとんどいない隠れたスポットでもあります。

「フィンランドのディープな場所を知りたい」という人は、ラウマを強くおすすめします。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。