【ヨーテボリ】歴史に文化、教育施設が集まるスウェーデン第2の街

ヨーテボリ 建築
Pocket

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

皆さんはヨーテボリという街をご存知ですか?ヨーテボリは首都ストックホルムに次ぐ、スウェーデンで2番目に大きな街です。

しかし、ストックホルムに比べると具体的にどんな街なのかというのは、あまり知られていないのではないでしょうか。

ここでは教育・産業・文化など様々な魅力に溢れた都市ヨーテボリについて、詳しく紹介していきたいと思います。

スウェーデン第二の都市ヨーテボリの特徴

スウェーデンの有名な街といえば、やはり首都のストックホルムの名前が最も多く上がるかもしれません。

では、スウェーデンで2番目に大きな街はどこだと思いますか?

それが今回紹介する、ストックホルム次ぐスウェーデン第二の都市ヨーテボリです。

ヨーテボリはスウェーデン南部のヴェストラ・イェータランド県に属する都市であり、スウェーデン国王グスタフ2世アドルフによって建築されました。

ヨーテボリという名前は、スカンジナヴィアで誕生したとされる古代ゲルマン系民族であるゴート人に因んで、「ゴート人の都市」という意味となっています。

ヨーテボリは企業や大学、美術館や博物館など、数多くの産業・文化・研究施設が集まっているのが特徴です。

旅行者が多く訪れる街がストックホルムなら、ヨーテボリという街はビジネスパーソンと学生が集まる街と表現できるかもしれませんね。

アクセスも良好で、ヨーテボリはストックホルムから電車で3時間となっています。また、隣国ノルウェーやデンマークからも約4時間で行ける距離にあるのも魅力です。

工業・海運業で栄えた湾岸都市

ヨーテボリは北欧最大級の湾岸都市としても知られ、大航海時代をはじめ古くから北海を通した海運貿易で栄えてきました。

18世紀には、世界初の株式会社である東インド会社のスウェーデン拠点がヨーテボリに置かれました。

海運業以外では工業も盛んな産業となっており、例えば、スウェーデンを代表する自動車メーカー「Volvo(ボルボ)」の本社も、ここヨーテボリの郊外にあります。

さらにヨーテボリ市内にはボルボ博物館という、ボルボ創業の歴史や新旧のモデルの車が展示されている施設もあり、車好きなら必見のスポットとなっています。

教育機関が集まる学園都市の一面も

貿易や工業関連の企業が数多く展開しているヨーテボリですが、教育・研究機関も充実しており、学園都市としての顔も併せ持っています。

ヨーテボリ大学チャルマース工科大学といったスウェーデンの有名大学が置かれ、街にはスーツを着たビジネスパーソンに混ざって学生の姿も目立ちます。

ヨーテボリの人口は約52万人ですが、その内の約6万人が学生と言われています。

ショッピングを楽しむならハーガ地区

ヨーテボリでカフェ巡りやショッピングを楽しむなら、ハーガ(Haga)地区がおすすめです。

ハーガ地区とはヨーテボリの旧市街地であり、クラシックな街並みが残る人気の観光エリアとなっています。

ハーガ地区には17世紀に設計された木造家屋や石畳の大通りが広がり、通り沿いにはハンドクラフトやアクセサリー店、街歩きの休憩に最適なカフェなど多くの店舗がオープンしています。

一方、今ではハーガ地区は学生や旅行客で賑わうおしゃれなエリアではありますが、ハーガ地区一帯は元々、老朽化した建物が放置されたただの荒地でした。

しかし1980年代にスウェーデン政府による再開発によって、現在の美しい観光地区に生まれ変わったのです。

ヨーテボリの魚市場である、魚教会

白色の屋根にレンガ造りという、教会のようなデザインの外観が特徴の魚市場も見所です。その特徴的な見た目から、魚教会とも呼ばれています。

魚教会といっても、礼拝を行う教会とは一切関係ありません。

魚教会の中はフロア全体が築地のような魚市場となっており、サーモンや牡蠣といった豊富な魚介類が販売されています。

レストランも併設されているので、食事時には北欧ならではの新鮮シーフード料理を食べることもできますよ。

魚教会についてさらに知りたい人は、こちらの記事も読んでみてください。

スリル満点の木造ジェットコースターがあるリベセリ遊園地

リベセリ遊園地はヨーテボリ市内にある歴史ある遊園地で、様々なアトラクションを満喫できるスポットとなっています。

リベセリ遊園地で特に有名な絶叫系アトラクションが、木製のジェットコースターです。

その名の通り一般的な鉄筋コンクリートではなく、木材でレールが組み立てられたジェットコースターとなっています。

いろんな意味でスリルを味わえるアトラクションとも言えるかもしれません。

園内には他にも、庭園やレストランといった施設も充実しています。リベセリ遊園地は休日には家族連れやカップルがのんびりと過ごす、ヨーテボリ市民憩いの場でもあるのです。

17世紀に建築された要塞スカンセン・クローナル

ヨーテボリにはスカンセン・クローナルという要塞もあります。

スカンセン・クローナルは、かつて隣国デンマークの侵略からスウェーデンを防衛するために17世紀に建築されました。要塞として使用されなくなった後も、刑務所や博物館など様々な用途に利用されてきました。

また、堅牢な石造りの外壁に23門の大砲で武装した立派な要塞ですが、実際には一度も攻撃されることがなかったそうです。

そのため建築から300年以上経った今でも保存状態は良く、中世当時の建築技術や雰囲気を見ることができるようになっています。

まとめ

ここまでスウェーデンで首都ストックホルムに次ぐ主要都市、ヨーテボリについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

歴史に芸術、産業に学問に関連する施設が集中するヨーテボリは、首都ストックホルムとはまた違った魅力に満ちています。

落ち着いた街並みや雰囲気に包まれたヨーテボリは、ゆっくりと街探索を楽しみたい人におすすめのエリアと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました