スウェーデン

【クラウドベリー】北極圏の金と呼ばれる琥珀色のベリー

クラウドベリー
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

自然豊かな北欧で愛されている果物といえば、ブルーベリーやリンゴンベリーなどのベリー類が真っ先に挙がる人も多いのではないでしょうか。

定番のブルーベリー以外にもさまざまな種類のベリーがあり、「クラウドベリー」もそのひとつです。

クラウドベリーは日本ではあまり知られていないベリーですが、北欧ではフィンランドの2ユーロ硬貨のデザインに使われているほど有名なベリーです。

今回は、クラウドベリーの詳しい特徴をご紹介したいと思います。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

クラウドベリーとは?

クラウドベリーは、ブラックベリーやラズベリーと同じバラ科キイチゴ属に分類されるベリーの一種です。

主な生息地は、フィンランド中部・北部などヨーロッパ北部の寒冷地となります。

日本にもクラウドベリーは自生しており、東北から北海道にかけての亜寒帯地方で見られます。

クラウドベリーはブルーベリーやリンゴンベリーと同様、北欧で盛んに食べられているベリーです。

クラウドベリーは指で簡単につぶすことができるほど果肉が柔らかく、爽やかな甘酸っぱさを楽しめます。

そのため、現地の人は摘みたてを生で食べることが多いです。

日本では、クラウドベリーは「ホロムイイチゴ」という和名でも知られています。

ホロムイイチゴの名前の由来は、日本で最初にクラウドベリーが発見されたのが北海道岩見沢市の幌向(ほろむい)という地域だったからだと言われています。

美しい琥珀色の果実

クラウドベリーの実をよく見ると、表面が平らで光沢のあるブルーベリーとは異なり、小さな実がいくつか集まって1つになったような独特の凹凸があります。

見た目だけでなく、クラウドベリーは鮮やかな琥珀色の果実も特徴です。

北欧では、クラウドベリーは初夏から晩夏にかけて旬を迎えます。

6月に開花した後、果実が徐々に熟すにつれて、色合いが緑から赤、そして美しい琥珀色に変化します。

琥珀色になったときが、果肉が最も甘く柔らかくなり、収穫のベストタイミングと言われてます。

北欧では、クラウドベリーはその鮮やかな琥珀色の果実から「北極圏の金」と呼ばれています。

特にフィンランドでは、2ユーロ硬貨のデザインに描かれているほど、クラウドベリーは広く親しまれているベリーです。

北欧でもクラウドベリーは高級品

クラウドベリーは、日本ではほとんど見かけない珍しいベリーです。

クラウドベリーは北欧でもなかなか手に入らないベリーで、北欧の市場では高価なベリーの一つです。

これは、クラウドベリーの旬が7月下旬から8月上旬と短い期間しかないためです。

また、クラウドベリーは沼地などの水辺に自生するベリーであり、他のベリーに比べて生息地が限定されています。

さらに手作業での栽培が難しいため、野生のクラウドベリーは収穫の際に摘み取るのが一般的です。

つまり、クラウドベリーは旬の時期が短く、生息地が限られ、栽培や収穫が難しいため、ベリーが身近な北欧でも比較的高価なベリーとなっています。

新鮮なクラウドベリーを加工したクラウドベリージャムも、毎朝の朝食でパンに塗る日常的なジャムとしてではなく、パーティーや来客用など、ちょっと贅沢な場面で使われることが多いようです。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

クラウドベリーの美味しい食べ方

クラウドベリーは、甘酸っぱい味わいと柔らかい果肉が特徴で、北欧では生食されることが多いベリーです。

口に入れると、果肉の中にある小さな種の食感を楽しめます。

クラウドベリーは余った分は冷凍したり、砂糖と一緒に煮てジャムに加工されます。

クラウドベリーの実は柔らかく潰れやすいので、実はジャムにも向いています。

北欧の家庭では、収穫したクラウドベリーを砂糖と一緒に鍋で形が崩れるまで煮込み、トロトロのジャムに仕上げるそうです。

日本と同じように、作ったジャムはパンケーキやワッフルに甘みを加えたり、お菓子のデコレーションの材料として使われます。

ちなみに、北欧ではリンゴンベリーも有名で、スウェーデン名物のミートボールをはじめ、北欧の伝統料理の付け合わせに使われるベリーです。

ミートボール
【ミートボール】ジャムと食べるスウェーデンの国民食ミートボールは、スウェーデンでも代表的な国民食の1つとされています。日本と違うのは、向こうではリンゴンベリージャムやクリームソースをかけて食べるのが一般的となっている点です。今回は北欧の厳しい冬を乗り切るための国民食、スウェーデン風ミートボールの特徴についてご紹介します。...

しかし、リンゴンベリーは生では酸っぱく、ジャムなどに加工するのが一般的です。

クラウドベリーは生食、リンゴンベリーはジャムに加工され、北欧のキッチンでは料理やシーンによって様々なベリーが使われています。

北欧で古くから食べられているリンゴンベリーについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

リンゴンベリー
【リンゴンベリー】北欧料理に欠かせないベリー北欧ではリンゴンベリーという、赤く綺麗な果実が特徴のベリーがあります。リンゴンベリーはジャムやソースに加工して使用することが多く、北欧では様々な料理にリンゴンベリージャムがトッピングされています。今回は北欧で親しまれる小さな果実、リンゴンベリーの特徴について紹介していきたいと思います。...

まとめ

色鮮やかな琥珀色のクラウドベリーを食卓に飾れば、一気に食卓が華やぎます。

クラウドベリーはブルーベリーやラズベリーと比べるとまだまだマイナーなベリーかもしれませんが、輸入雑貨店などでクラウドベリージャムを見かけたら、ぜひ買ってみてください。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング