【クラウドベリー】北極圏の金と呼ばれるコハク色のベリー

クラウドベリーの写真 食事

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

自然豊かな北欧の有名フルーツといえば、ブルーベリーにリンゴンベリーといったベリー類を第一に挙げる人も少なくないと思います。

ベリー類は定番のブルーベリー以外にも様々な種類があり、今回紹介する「クラウドベリー」もその1つです。

クラウドベリーは日本ではあまり知られていないベリーですが、フィンランドでは2ユーロ硬貨のデザインに採用されるほど、北欧では有名なベリーなんです。

ここでは、そんなクラウドベリーの詳しい特徴についてご紹介していきます。

クラウドベリーとは?

クラウドベリー(Cloudberry)は、ブラックベリーやラズベリーと同じバラ科キイチゴ属に分類されるベリー類の1種です。

主な生息地として、フィンランド中部〜北部をはじめとする北ヨーロッパ一帯の寒冷な地域に自生しています。

日本でも野生のクラウドベリーが生っており、東北から北海道にかけての亜寒帯地域で見ることができます。

クラウドベリーは、ブルーベリーやリンゴンベリー同様に北欧で盛んに食べられているベリーです。

クラウドベリーは指で簡単に潰せるほど柔らかな果肉に、爽やかな甘酢っぱさを楽しめるとあって、摘みたてをそのまま生で食べることが多いようです。

日本では、クラウドベリーは「ホロムイイチゴ」という和名で呼ばれています。

なぜ「ホロムイイチゴ」なのかというと、名前の由来として、日本でクラウドベリーが最初に見つかったのが、北海道岩見沢市に位置する幌向(ほろむい)という地域だったからだと言われています。

美しいコハク色の果実が特徴

クラウドベリーの果実をよく見ると、表面が平らでツヤツヤしたブルーベリーとは違い、小さな果実が何個か集まって1つになったかのような、凸凹とした独特な形をしています。

さらにクラウドベリーは、鮮やかなコハク色の果実も特徴的です。

北欧では初夏の7月から晩夏にかけてクラウドベリーは旬を迎えます

6月に開花してから徐々に熟していくにつれて、果実の色合いが緑色から赤色、そして綺麗なコハク色に変化していくのです。

コハク色になった時が、果肉が最も甘く柔らかくなる時期であり、収穫の絶好のタイミングと言われています。

北欧ではクラウドベリーは、その鮮やかなコハク色の果実にちなんで、「北極圏の金」という名称でも呼ばれているほどです。

特にフィンランドでは、2ユーロ硬貨の絵柄にクラウドベリーが描かれているほど、広く親しまれているベリーとなっています。

北欧でもクラウドベリーは高級品

クラウドベリーは、日本ではなかなか見かける機会のない珍しいベリーです。

実は北欧でもクラウドベリーは必ずしも手軽に購入できるベリーというわけではなく、現地北欧でもベリーの中で高価な部類に入るそうです。

というのも、クラウドベリーのシーズンは7月下旬~8月上旬という、ごく僅かな期間しかありません。

加えてクラウドベリーは沼地など水辺に自生するベリーで、他のベリーと比べても生息地が限られています。

また、他のベリーとは違って人の手で栽培することが難しいため、収穫の際は基本的に野生種のクラウドベリーを摘むのが一般的となっています、

つまり、旬の短さと限られた生息地、栽培が難しく収穫に手間が掛かるという理由から、クラウドベリーは希少性が高く、ベリーが身近な北欧でも比較的高級なベリーとなっているのです。

生のクラウドベリーを加工したクラウドベリージャムも、毎朝の朝食でパンに塗る普段使いのジャムというよりは、パーティやお客さんに振る舞う料理に添えるなど、ちょっぴり贅沢なシーンで使われることが多いそうです。

クラウドベリーの美味しい食べ方

クラウドベリーは甘酸っぱい味わいと柔らかな果肉から、北欧では生食として食べられることが多いベリーです。口に入れると、果肉に含まれる小粒の種のプチプチとした食感も楽しめるそうです。

クラウドベリーは瑞々しい生の状態で食べるのはもちろん、採りすぎた分は冷凍保存したり、砂糖と煮詰めてジャムに加工されます。

クラウドベリーの果実はやわらかく潰れやすいので、ジャム作りにも適したベリーでもあります。

北欧の家庭では、クラウドベリーを収穫した後は鍋で砂糖と一緒に実の形がなくなるまで煮込んで、トロトロのジャムを作ります。

作ったジャムは日本と同じように、パンケーキやワッフルに塗って甘味をプラスしたり、スイーツのデコレーションの材料として利用されます。

ちなみに北欧ではリンゴンベリーという、スウェーデン名物のミートボールをはじめ、北欧の伝統料理の付け合わせとして使われるベリーも有名です。

ただリンゴンベリーは生のままだと酸っぱく、主にジャムなどの加工食品に利用されます。

生食で食べるならクラウドベリー、ジャムに加工するならリンゴンベリーと、北欧のキッチンではこのように多種多様なベリーが料理やシーン毎に活用されているのです。

北欧で古くから食べられてきたリンゴンベリーをさらに詳しく知りたい人は、下記の記事も是非見てみてください。

まとめ

ここまでクラウドベリーについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

色鮮やかなコハク色のクラウドベリーは、食卓に少し加えるだけでも一気にテーブルの上が華やかかになります。

ブルーベリーやラズベリーと比べて、日本ではまだまだマイナーなベリーかもしれませんが、もし輸入雑貨店でクラウドベリージャムを見かけたなら是非購入してみてください。

タイトルとURLをコピーしました