Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
建築

【カルマル城】カルマル同盟締結に使用されたスウェーデンの古城

カルマル城
Pocket

スウェーデンの南部にあるエーランド島、カルマル城はその海岸線に堂々と佇む歴史ある古城です。

カルマル城は1397年、スウェーデン・デンマーク・ノルウェーの3カ国が同盟を結んだ「カルマル同盟」の調印の場として利用された、北欧史における重要な城でもあります。

ここではカルマル城が建築された目的や、その歴史的な変遷について解説します。

北欧の歴史に興味がある人は、是非見てみてください。

スウェーデンの古城、カルマル城

カルマル城は、雄大な北欧のバルト海に隣接する港町カルマルにある13世紀の古城です。

スウェーデン国内において、最も古い歴史をもつ城の1つに数えられています。

カルマル城は1200年頃にスウェーデン国王クヌート1世によって、港町カルマルを防衛する目的で建築されました。

当時スウェーデンを脅かしていた外敵としては外洋から侵略してくる海賊も挙げられますが、最大の脅威だったのがデンマークです

スウェーデンとデンマークは現在では同じ北欧諸国として良好な関係を保っていますが、この2国は歴史上、幾たびも戦果を交えてきた国同士でもあります。

カルマル城も12世紀におけるデンマークの侵攻を食い止めるために、スウェーデンが防衛の要所として建てた要塞なのです。

観光名所としてのカルマル城

カルマル城はバルト海を防衛する要所として建築された城ということもあり、王族の威信を示す優美な装飾が施された城というよりも、堅牢さなど戦略的な機能性が優先されているのが特徴です。

また、カルマル城は中世のルネサンス様式、バロック様式という異なる2つの建築様式が採用されています。

青銅の屋根に堅牢な石造りの城砦は、簡素ながらも歴史の重みと風格さを感じさせますね。

ちなみにカルマル城内部は一般公開されています。城内ではカルマル城の歴史を学べるガイドツアーも開催されています。

ガイドツアーでは当時の衣装で扮したスタッフが牽引してくれるという嬉しいサービスもあるそうです。

さらにカルマル城には実際に使われていた調度品や家財など、歴史的価値の高いアイテムも展示されています。

カルマル同盟の舞台となった城

カルマル城は1397年7月13日、北欧史における重要な同盟の1つである「カルマル同盟」の締結を行なった場所としても有名です。

カルマル同盟とは、デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの北欧三国が締結した、デンマーク女王メルグレーテを中心とした同君連合です。

カルマル同盟という名称は、1397年の同盟の署名場所がスウェーデンの都市カルマルだったことに由来しています。

カルマル同盟は、当時の北ドイツのハンザ同盟に対抗する目的で締結された同盟です。

ハンザ同盟は北ドイツの諸都市が加盟した都市同盟であり、ピーク時には100以上もの都市が参加しました。

ハンザ同盟は急速に規模を拡大し、北欧のバルト海沿岸地域を含む北ヨーロッパ一帯を支配する経済圏を形成しました。

そのため、当時の北欧諸国にとっては非常に大きな脅威だったのです。

このようにカルマル同盟は、北ドイツの都市同盟であるハンザ同盟を共通の敵として、北欧諸国同士の結束を強めるために締結されたのです。

【カルマル同盟】1397年に北欧3ヵ国が締結した君主連合カルマル同盟とはデンマーク・スウェーデン・ノルウェーの北欧3国が1397年に締結した歴史的な同盟です。この同盟はスウェーデンのカルマル城が署名場所となり、以後数百年に渡って北欧諸国を結びつけることなります。ここでは北欧諸国がカルマル同盟を結ぶに至った背景や目的、最終的に同盟関係はどうなったかなどを解説していきます。...

カルマル城の変遷

カルマル城は、スウェーデン南東部のスモーランド地方にある都市カルマルにあります。

このカルマルという都市は、13世紀~17世紀にはカルマル城を中心とした城塞都市として、スウェーデン国内における重要な拠点でした。

さらにカルマル城は元々敵国デンマークから都市を防衛するために建築されたとあって、中世の時代には幾たびも戦禍に巻き込まれることとなります。

例えば、カルマル地方の支配権を巡ってデンマークとスウェーデンが争ったカルマル戦争(1611年~1613年)では、カルマル城はデンマーク軍に包囲され、数多くの戦死者を出しました。

1675年~1679年には、デンマークがスコーネ地方の奪還を目的にスウェーデンに宣戦布告したスコーネ戦争が起こり、デンマーク軍の猛攻を受けることとなります。

しかしカルマル戦争・スコーネ戦争で激しい攻撃を受けながらも、カルマル城は陥落することはありませんでした。

ただ、1658年のロスキレ条約による国境の南下、さらに1689年にスウェーデン国王カール11世がスウェーデン海軍の軍事基地をカールスクルーナという都市に作ったことで、カルマル城の戦略的な重要性は次第に低下していくこととなります。

軍事基地としての地位を失ったカルマル城と都市カルマルは、その後産業都市として栄えることとなります。

要塞としての役目を終えたカルマル城も、18世紀以降は酒造工場や穀物の貯蔵庫、監獄として利用されていました。

しかし19世紀以降になると、現在の青銅屋根などはバロック様式を取り入れて復元されることとなります。

今では14世紀のカルマル同盟をはじめ、スウェーデンの歴史を後世に伝える歴史的建造物となっています。

まとめ

ここまでスウェーデンのカルマル城について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

北ドイツの都市連合であるハンザ同盟に対抗する目的で、1397年に結ばれたカルマル同盟の舞台となった有名な古城であるカルマル城。

スウェーデンの首都ストックホルムから4時間以上という遠距離にある城ながら、毎年大勢の旅行客が足を運ぶ名所となっています。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。