Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
食事

【リーシプーロ】フィンランドの伝統的なミルク粥

リーシプーロ
Pocket

フィンランドには「リーシプーロ」という、お米を牛乳や砂糖と一緒に煮込んだお粥があります。リーシプーロはレシピも簡単とあって、フィンランドの家庭では人気の朝食となっています。

牛乳や砂糖を加えてレシピ以外にも、伝統的な日本のお粥と同じようにシンプルに塩で頂く事もあれば、フルーツをトッピングしたアレンジレシピもあり、幅広い楽しみ方ができるのも特徴です。

今回はフィンランドの伝統的なミルク粥であるリーシプーロの味わいやレシピ、その歴史について解説していきます。

「リーシプーロと日本のお粥はどう違うの?」「レシピを詳しく知りたい」という人は、是非参考にしてみてください。

フィンランド風お粥であるリーシプーロとは?

「リーシプーロ(Riisi Puuro)」とは、お米を水や牛乳で柔らかく煮込んだ、日本でお馴染みのお粥のようなフィンランド料理です。

レシピに使用される穀物としてはお米に加えて、オートミールの原料としても知られる燕麦、ライ麦、小麦まで多種多様です。

また、「プーロ(puuro)」はフィンランド語で穀物のお粥全般を意味しています。

例えば、穀類としてオーツ麦が使われたプーロは「カウラプーロ」、ライ麦を使ったプーロは「ルイスプーロ」と呼ばれています。

他にも、穀物をヨーグルトと一緒に入れて冷たい状態で食べる「ラーカプーロ」というメニューもあるそうです。

その中で「リーシ(Riisi)」、日本語でいう「お米」を使用した伝統的なプーロは、リーシプーロと呼ばれています。

お米といっても、日本で一般的に食されているジャポニカ米ではなく、北欧では丸い中粒の形状をしたプーロ用のお米が使われることが多いようです。

また、北欧で暮らす人の主食として、おそらくパン食を思い浮かべる人も多いと思います。

フィンランドでは主な主食として、寒冷地でも栽培できるライ麦パンやじゃがいもが有名ですが、実はお米などの穀類も貯蔵に適した食材として古くから庶民の間で食べられてきたのです。

寒冷な気候の北欧では作物が育ちにくく、昔は冬の時期になると長期保存が効くじゃがいもなどの芋類、ベリーの砂糖漬け、お米やオーツ麦などの穀物が主な冬の保存食として食べられてきました。

さらに穀物はビタミンやミネラル、タンパク質といった栄養素を豊富に含み、食事バランスが偏りがちな冬場の貴重な栄養源として重宝されてきたのです。

プーロはフィンランドの定番朝食

プーロはレシピも非常に簡単で、米などの様々な穀物を水や牛乳と一緒に鍋に入れて数分間煮込み、後は砂糖やシナモン、バターといった好みのトッピングを加えれば完成です。

また、お米と牛乳をお皿に入れて電子レンジでチンしてもすぐに作ることができます。

プーロは手軽に調理できるとあって、忙しい朝の食事としてもうってつけです。

そのためフィンランドの家庭では、パンやシリアルと並ぶ代表的な朝食の1つとなっています。

リーシプーロはクリスマスの朝のご馳走だった

リーシプーロは甘くクリーミーなミルク粥として、現在では朝食からデザートとして一般的に食べられている料理の1つです。

ただ元々はクリスマスの日の朝食として食卓に並べられる、特別なご馳走でした。

今では幅広いアレンジレシピが誕生していますが、伝統的なリーシプーロの味付けにはバターが使われています。

ちなみにクリスマスの朝に食べるリーシプーロには、不思議なおまじないがあります。

大鍋で煮込んだリーシプーロの中に、皮を剥いたアーモンドを1粒入れておきます。

そしてお皿に取り分ける時にそのアーモンドが入っていた人には、幸運が舞い込んでくるという内容です。

新年の運気を占うということで、おみくじに近いかもしれませんね。

アレンジレシピの豊富さも魅力

フィンランドのお粥であるプーロは、メインの穀物やトッピングの具材に何を使うかによって、味も見た目も大きく変わります。

そのためアレンジレシピの種類も非常に豊富となっているのも、プーロの魅力となっています。

メインの穀物をとっても、お米にライ麦、小麦にオーツ麦まで選択肢はかなり幅広いです。

加えてトッピングに関してもシナモンに蜂蜜、ベリーなどのフルーツやドライフルーツにナッツ類といった、バラエティ豊かな食材を自由に組み合わせることができます。

色とりどりのフルーツも添えておしゃれなスイーツとしてSNSに投稿するのも、北欧の若者の間でブームなのだとか。

お粥といえば白米と塩の組み合わせが定番の日本だと、フィンランドのプーロのように甘いお粥と聞くと、人によっては驚かれるかもしれません。

ただ実際に食べてみると甘いお粥というのも全然違和感はなく、主食とデザートの中間のような味わいを楽しむことができます。

まとめ

ここまでフィンランド風のお粥であるリーシプーロについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

遠く離れた北欧の地フィンランドでも同じようにお米が食べられているというのは、白米を主食とする日本人にとっても親近感を感じますね。

海外ではどうしても現地の食事の相性が心配されますが、フィンランドのリーシプーロならお米好きな日本人の口にもきっと合うはずですよ。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。