【ロヒケイット】フィンランドの伝統的サーモンスープ

食事
Pocket

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

フィンランドの伝統料理の1つに、サーモンや野菜を煮込んで作ったロヒケイットというスープ料理があります。

生のサーモン、ジャガイモなど豊富な野菜、牛乳、そして風味付けのハーブ・ディルで作るロヒケイットは、シンプルなレシピながら栄養満点の料理なんですよ。

今回は、フィンランドのサーモンスープ・ロヒケイットについて詳しく解説していきます。

「フィンランドの郷土料理に興味がある」、「ロヒケイットの詳しいレシピが知りたい」という人は、是非参考にしてみてください。

フィンランドの郷土料理、ロヒケイットとは?

ロヒケイットとは、北欧フィンランドの郷土料理として伝わるサーモンスープのことです。

ロヒケイット(Lohikeitto)はフィンランドでの呼び方で、フィンランド語で「lohi(ロヒ)」は「鮭」、「keitto(ケイット)」は「スープ」を意味しています。

現地フィンランドでは、ロヒケイットは家庭の味と呼べるくらい親しみある料理となっています。日本で言うところのお味噌汁に近いかもしれません。

主な食材として北欧名物のサーモン、北欧では主食のような存在のジャガイモなど野菜類を使用し、コクや風味を出すために牛乳やハーブも使用します。

日本でお馴染みのクリームシチューをイメージしてもらえるとわかりやすいでしょう。

その味わいは、鮭の海鮮の旨味とほのかな塩味が、クリームスープのまろやかさと絶妙な調和を醸し出す逸品と評判です。

また、食材を一口大にカットして、ミルクや生クリームと一緒に煮込んで作るロヒケイットは、そのレシピも非常にシンプルです。

そのため普段の食卓はもちろん、夜食や小腹が空いた時など空き時間に手軽に作ることもできます。

ロヒケイットの詳しいレシピ

ロヒケイットのレシピは、日本のクリームシチューの手順とほとんど変わりません。

主な材料として、主役となるサーモンの切り身、じゃがいもやにんじん、玉ねぎといった野菜を用意し、それらを食べやすい大きさにカットします。

初めに、オイルやバターを引いた鍋で玉ねぎを透き通るまで炒めたら、サーモンや他の食材も加えて軽く火を通します。

その後、他の食材も鍋に入れて、水や牛乳を加えて具材が柔らかくなるまで中火で煮込みましょう。

ミルクは牛乳が一般的ですが、豆乳を使用するのもおすすめです。また、煮込む際に香りづけとしてローリエも入れると、より風味に深みが出ます。

具材に十分火が通ったら、生クリーム、塩・胡椒を適量加えて、弱火で煮込みます。

最後に風味を増すためにハーブのディルを添えれば完成です。

レシピのポイントとして、ロヒケイットに入れるサーモンは市販の切り身か、もしくはお刺身用にカットされたものを使います。

その際、家族や友人の分まで作る場合は切り身を、一人用なら分量が丁度よい刺身用のサーモンを使用するなど、シーンに応じてサーモンを使い分けると便利です。

レシピに欠かせないハーブ、ディル

ロヒケイットは日本のクリームシチューとそっくりですが、フィンランドで食べられているロヒケイットには必ずと言っていいほど、ハーブのディルが使用されるのが特徴です。

ディルは数あるハーブ類の中でも、「魚のハーブ」と称されるほど特に魚介類と相性が良いハーブです。

北欧の家庭で魚料理が作られる際は、魚の臭みを抜くための下処理や最後の仕上げとして、ディルは必要不可欠な食材となっています。

ディルは葉っぱ部分をちぎり細かくしたものを、下拵えや調理の仕上げの際にパラパラと食材に振りかけて使います。

ディル特有の爽やかな風味によって、魚の生臭さもなくなり、非常に食べやすい味わいとなるそうです。

ディルについては以下の記事でも詳しく紹介しているので、是非読んでみてください。

まとめ

ここまでロヒケイットについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

フィンランドの郷土料理であり、家庭の味でもあるロヒケイットは、サーモンや野菜といった具材の旨味が詰まった、滋味深い味わいが絶品のスープです。

調理も至ってシンプルで、食材を切って、炒めて、煮込むだけというとても簡単な時短レシピとなっています。

シンプルなレシピにも関わらずボリュームは満点で、1杯飲むだけでも体を芯から温めてくれますよ。

是非今後の夕食にでも、ロヒケイットを作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました