Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
自然

【トロルの舌】舌のような岩盤が特徴のノルウェーの絶景スポット

Pocket

ノルウェーには「トロルの舌」という切り立った崖があり、ノルウェーの雄大なフィヨルドの絶景を一望できる観光スポットとして知られています。

トロル(トロール)とは、ノルウェーを中心に北欧に伝わる妖精のことで、日本でもフィンションやファンタジーでお馴染みのキャラクターだと思います。

今回は北欧ノルウェーの少し変わった名前の名所、トロルの舌について紹介していきます。

この記事で学べること
  • トロルの舌と呼ばれる理由
  • トロルの舌はどうやってできたのか?
  • 観光客の間で近年流行している楽しみ方
  • トロルの舌はなぜここまで人気になったのか?
  • トロルの舌までのアクセス

ノルウェーの自然が作り出したトロルの舌

地平まで続くフィヨルド(入江)の海岸線など、数百万年かけて作り出された大自然を有する北欧のノルウェー。

今回紹介するのは、ノルウェーの自然を一望できる国内屈指の絶景スポットである「トロルの舌」です。

トロルの舌は、ノルウェー西部に位置するハダンゲンフィヨルド地帯にある山岳、その標高約1100m付近にあります。

断崖絶壁から突き出た岩肌が、まるでノルウェーの古い伝承に伝わる妖精のトロールが舌を伸ばしている様子に似ている事ことから、「トロルの舌」というユニークな名称となったのです。

【トロール】ファンタジーで人気のノルウェーの妖精ノルウェー発祥の妖精であるトロール。日本ではトロルという名前でも知られ、ゲームやフィクションに登場する主要なモンスターの1つとなっています。今回は北欧ノルウェーを中心に世界中で知られるキャラクター、トロールについて詳しく解説していきます。...

「トロールの舌(The Troll’s tongue)」とも呼ばれ、現地ノルウェーでは「トロルトゥンガ(Trolltunga)」という呼称でも知られています。

北欧の極寒が作り出した氷河による海岸線沿いが侵食され、そこに海水が流れ込んでできた入江のことを、ノルウェーではフィヨルドと言います。

トロルの舌があるハダンゲンフィヨルドは、ノルウェーの5大フィヨルドの1つにも数えられる程、壮大な自然景観が広がっています。

そして標高1000m以上もの高所にあるトロルの舌からは、遮るものが何一つない、ノルウェーの美しいハダンゲンフィヨルドの光景を眺めることができるのです。

岩盤の先端で記念撮影するのがブーム

Photo by Benjamin Davies on Unsplash

トロルの舌はノルウェーの壮観な自然景観を眺めることができる、国内外から毎年大勢の旅行客が訪れる絶景スポットです。

トロルの舌の楽しみ方として、思う存分景色を鑑賞するのはもちろんのこと、トロルの舌の先端に立って記念撮影をすることが観光客の間で人気となっています。

Photo by Rik Buiting on Unsplash

中には崖沿いで逆立ちをするなど、アクロバティックな姿勢で写真撮影をする人もいるのだとか。

ただ、トロルの舌は転落防止のための柵の類は一切設置されておらず、岩盤の眼下には剥き出しの状態で断崖絶壁が待ち構えています。

北欧の雄大な大自然をバックに写真を撮りたいという気持ちもわかりますが、転落事故だけは起こさないよう注意したいですね。

SNSの投稿がきっかけで知名度が急上昇

Photo by Dong Zhang on Unsplash

2000年代までトロルの舌は知名度が高いスポットではなく、年間に訪れる人は一部の登山客など、ごく僅かな人に限られていました。

現在のような観光名所となる転機となったのが、インスタグラムをはじめとするSNSの発達です。

トロルの舌の先端に立ってポーズを取った写真を、SNS上に投稿する人が増えたことで、同時にトロルの舌の認知度も上がっていったのです。

そして現在ではトロルの舌は年間4万人もの人が訪れる、ノルウェーを代表する観光名所となっています。

トロルの舌までの行程

ノルウェーの秘境にあるトロルの舌までは登山道が整備されており、目的地であるトロルの舌まではトレッキングで向かうことになります。

トロルの舌は標高1000mと超える場所にあるということで、距離にして10km、片道4〜5時間かけて登山道を登っていかなければいけません

道中の傾斜は緩やかなので必ずしも難易度は高くありませんが、如何せん距離が長いために、トレッキング初心者の場合往復で10時間以上かかることもあるといいます。

そのため日帰りでトロルの舌に向かう場合は、可能な限り早朝に出発するのが一般的となっています。

トロルの舌に向かう場合、前日の夜は「オッダ(Odda)」という麓の街で宿泊して、翌日のチャレンジに備える人が多いようです。

Photo by Holly Mandarich on Unsplash

また、トロルの舌までの登山のベストシーズンは、北欧で温暖な気候に恵まれる6月〜9月の夏季シーズンとなっています。

反対に冬季になると一面深い雪に覆われ、登山道のコンディションも危険な状態となるため、原則として登山は禁止となります。

まとめ

Photo by GEORGE ALEXANDRU NOVAC on Unsplash

北欧ノルウェーの絶景&絶叫スポットである、トロルの舌。気が遠くなるような長い時間をかけ、氷河の侵食で形成された美しいフィヨルドの光景をバックに、一度で良いから写真撮影をしてみたいですね。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。