【ククサ】北欧の少数民族サーミ人に伝わる木製カップ

工芸

こんにちは。Huivi -フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

ククサはおしゃれなインテリアやアウトドア用品、ギフトとしても喜ばれる北欧のカップです。

ガラス製のカップにはない、独特な木の風合いや温かみを感じることができるのも魅力となっています。

ククサは元々、北欧の少数民族サーミ人が作っていた工芸品が始まりとされています。

今回はサーミ人から伝わった伝統的な木製カップ、ククサについて紹介します。

ククサは白樺の木から作られる木製カップ

木目の温かみある色合いと質感が特徴的な、ククサ(kuksa)と呼ばれる木製カップをご存知ですか。

ククサは北欧一帯など主に寒冷地に生育する、白樺の木のコブを原料としています。

樹木にできるコブはバハカとも呼ばれ、そのコブをカップの形に彫ったものがククサなのです。

北欧の北部に位置するラップランド地域に古来から先住民として暮らしている、少数民族サーミ人が使用していたカップが発祥となっています。

フィンランドでは古くから、ククサを贈られた人は幸せになれるという言い伝えがあります。

そのため今でもククサは幸せのアイテムとして、結婚祝いや出産祝いの際のギフトとしてプレゼントする習慣があります。

ギフト用としてはもちろん、ククサはアウトドア用品としても大人気のアイテムです。

木製のククサはその雰囲気、軽量かつ耐久性に優れる使い勝手の良さから、キャンプなどアウトドアでもよく使用されています。

例えばキャンプで、焚き火で沸かしたコーヒーをいつもの鉄製のカップではなく、ククサに淹れて飲むのも良さそうです。

かつて北欧の大自然の中で暮らしていたサーミ人と同じように、木の風合いを感じられるククサで飲めば、大自然に溶け込んだかのような気持ちで過ごすことができるはずですよ。

ラップランドの少数民族サーミ人から伝わった

ククサは元々、北欧のさらに北部にあるラップランドと言われる地域に暮らす少数民族、サーミ人が作っていたカップです。

ラップランドとは、スウェーデン・ノルウェー・フィンランド、そしてロシアの計4カ国を横断するように広がる北部一体の地域を指します。

特定の国や州のような国境は明確には定められておらず、一般的には北極圏限界線から北側がラップランド地域とされています。

サーミ人は約5000年前から先住民として、極寒のラップランドでトナカイと共に遊牧生活を行なってきました。

現在ではおよそ4万人のサーミ人が暮らしています。

大半のサーミ人が私たちと同様定住生活をしているそうですが、一部のサーミ人は現代でも伝統的な生活様式を守り、遊牧民として生活を営んでいるようです。

ククサの作り方

ククサを作る際は、白樺の木にできるコブを使用します。

白樺は寒さから樹木を守るため、樹液を分泌して表皮や傷口を覆います。それが肥大化すると、ククサの原料となるコブとなるのです。

コブは頻繁に採取できるというわけではなく、実はかなりの貴重品。ククサを作成できるコブができるまでは、約30年という長い年月がかかると言われています。

コブは樹木から切り離した後、マイナス2度〜3度の環境下で3〜5ヶ月ほど保存します。

その後にコブを大まかにブロック状に切り分けた後は、さらにマイナス20度で24時間凍らせるのです。

凍らせた後の工程としては、木材を引き締めて強度を上げるために、一度高濃度の塩水で24時間煮沸します。

こうすることで木材の隙間に塩水が入り込んで、丈夫な素材が出来上がります。

そして1週間ほど乾燥させたら、手作業で木材を彫っていき最終的にカップの形に整えるのです。

また、購入したククサを長持ちさせるテクニックとしては、自宅での手入れは欠かせません。

ククサの表面部分を乾燥や湿気から守るためには、定期的に油分を塗布してコーティングする必要があります。

使用するオイルとして、オリーブオイルやミツロウなどスーパーで購入できるオイルで問題ありません。

オイルを少量染み込ませた布で軽く表面を拭き、しばらく乾燥させましょう。

ちなみに、伝統的な手入れ方法として、昔はクルミを砕いて抽出したオイルを使用していたそうです。

まとめ

自然の木材を使用したククサは年月を重ねるほど、なんとも言えない味わいある色艶が生まれます。

使えば使うほど手に馴染み、愛着も湧いてくるでしょう。ククサは手入れをきちんと行えば何年も使うことができるので、ショップで見かけた際は是非購入を検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました