【デニッシュ】デンマークで愛される名物菓子パン

食事
Pocket

こんにちは。Huivi -フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

デニッシュといえば、甘くサクサクとした生地が絶品のパンとして、誰もが一度は食べたことがあると思います。

デニッシュは元々デンマークから日本に伝わったパンで、1962年にタカギベーカリー(現アンデルセン)というパン屋が販売を開始しました。

デンマークでも日本同様、デニッシュは食卓に欠かせない名物パンとなっており、誕生日からコーヒーブレイクまで様々なシーンで食べられています。

今回はそんなデンマーク名物、デニッシュについて紹介します。

デンマークの名物パン、デニッシュ

北欧デンマークでは、デニッシュは国民的な人気を誇るパンとして親しまれています。

デニッシュは、小麦粉を使ったパイの形に焼き上げた菓子全般を指すペストリーという言葉をつけて、デニッシュ・ペストリーの名称でも呼ばれることができます。

そしてデニッシュの最大の特徴といえば、あのサクサクとした食感だと思います。

サクサク食感を作り出しているのは、幾重にも重ねられた生地の層によるものです。

パン生地で固形のバターを包み込んだ後に、薄く伸ばしながら繰り返し折り畳みます。

すると生地と生地の間にバターが挟まった、層の状態となります。オーブンで焼き上げる際には間のバターが生地に溶けることで、サクサク食感を生み出す隙間が完成するのです。

また、デニッシュといえば、見た目もカラフルなトッピングも特徴的です。

デンマークでは生クリームやチョコレート、色鮮やかなフルーツジャムがトッピングされた様々な種類のデニッシュが販売されています。

デンマークのデニッシュは現地では違う名前で呼ばれており、ウィーンのパンという意味の「ヴィエナブロー」の名称で食べられています

「なぜウィーンのパンなのか?」、と思われるかもしれません。

詳しくは後述しますが、デンマーク発祥というイメージのデニッシュは、元々はオーストリアのウィーンが起源なのです。

デンマーク流のデニッシュの楽しみ方

デニッシュの本場デンマークでは、多種多様なタイプのデニッシュが食べられています。

例えば、「クリンゲル」というデニッシュは、ドイツパンのプレッツェルにも似た、輪っかが重なったような独特な見た目のパンです。

ンマークでは誕生日になると、ケーキではなくクリンゲルをお祝いのスイーツとして食べる習慣があるのです。

他にもデンマークでは子供の誕生日に、「カイヤマン」と呼ばれる子供を模したデニッシュを作ります。

そして焼き上げたカイヤマンを、家族や友人といった親しい間柄の人たちにプレゼントとして配るのです。

また、皆さんは「ヒュッゲ」というデンマークの言葉を聞いたことはありますか。

ヒュッゲとは、他者との間に感じられる温かい雰囲気を意味しています。

デンマークで暮らす人々にとって、ヒュッゲを感じられる時間は欠かすことはできません。

デンマークの人々は、時間を見つけてはデニッシュなど甘いお菓子を堪能しながら、穏やかなひと時を過ごすヒュッゲな時間を満喫しているのです。

ちなみに、同じく北欧諸国のスウェーデンでも、「フィーカ」と呼ばれるコーヒーブレイクの時間があります。

デンマークやスウェーデンは共に、高い幸福度や仕事の生産性が世界的に注目されていますが、「ヒュッゲ」や「フィーカ」という心身をリフレッシュする習慣もその理由かもしれませんね。

実はデニッシュはウィーンが起源

デニッシュといえば、デンマーク人を意味する「Danish」と同じ読み方も相まって、デンマーク発祥の菓子パンだというイメージが一般的だと思います。

しかし実は、先述したようにデンマーク国内で「ウィーンのパン」を意味する「ヴィエナブロー」の名称で呼ばれていることからも分かる通り、元々デニッシュはウィーンからデンマークに伝わったパンだと言われています。

かつてハプスブルク帝国としてヨーロッパを席巻していたウィーン。その影響力から周辺のヨーロッパ諸国に、パンなどウィーンの食文化が広まっていきました。

ウィーンからデンマークにデニッシュが伝わったのは、1850年代だとされています。

当時デンマークの首都コペンハーゲンの町では、パン屋のストライキが起きていました。

その際、普段食べているパンの代わりに、オーストリア出身のパン職人が現在のデニッシュに通じるパンを伝えたのが始まりとされています。

余談ですが、デニッシュと似た見た目や製法のフランスのクロワッサンも、実はウィーン発祥です。

フランスでも同様に、菓子パンは「ウィーンのパン」を意味する「ヴィエノワズリー」と呼ばれています。

ウィーンからフランスにクロワッサンをはじめとしたペストリーを伝えたのは、かの有名なマリーアントワネットという説が有力です。

マリーアントワネットはウィーン生まれであり、フランスに王妃として嫁ぐ際に、故郷のウィーンのパンも一緒に持ち込んだと言われています。

つまり、デニッシュとクロワッサンは、同じウィーンから伝わった兄弟のようなパンなのです。

日本ではアンデルセンが最初に販売

デニッシュの知名度はヨーロッパに留まらず、日本でもベーカリーやホテルの朝食に必ずと言っていいほど並ぶ人気のパンの1つとなっています。

日本国内で最初にデニッシュが登場したのは1962年、戦後間もない広島県で創業したタカギベーカリーというパン屋が販売したのが始まりです。

タカギベーカリーの創業者である高木俊介氏は、1959年の欧州旅行中にデンマークのコペンハーゲンに立ち寄りました。

その際に宿泊したホテルの朝食で食べたデニッシュに衝撃を受け、日本でも同じ味を提供したいと考えたのがきっかけです。

そしてデンマークでのデニッシュの出会いから3年後の1962年に、念願のデニッシュをタカギベーカリーで売り出したのです。

タカギベーカリーは1967年には、株式会社アンデルセンという名前に変わりました。

アンデルセングループと言えば、今や日本有数の製パン会社です。アンデルセンのお店を利用したことのある人も、かなり多いのではないでしょうか。

また、お気づきの方もいると思いますがアンデルセンという会社名は、「人魚姫」「みにくいアヒルの子」など数多くの童話を生んだデンマーク出身の作家、ハンス・クリスチャン・アンデルセンに由来しています。

まとめ

デンマークで暮らす人々にとって、デニッシュは朝食にお弁当、ヒュッゲの際のコーヒーのお供として欠かせない名物パンとなっています。

ウィーンからデンマークに伝わり、1962年には日本でも食べられるようになったデニッシュは、海と時代を超えて世界中で愛されるパンなのです。

タイトルとURLをコピーしました