Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
建築

【カステレット要塞】コペンハーゲン港の防衛を担った海洋拠点

カステレット要塞
Pocket

カステレット要塞は、港町として栄える北欧デンマークのコペンハーゲンを守護する目的で17世紀に建てられました。また、カステレット要塞は城郭の全体像が星型となっているのも特徴的です。

現在では軍の施設として使われている一方で、市民に無料で一般公開されており、敷地内の公園ではのんびりと寛ぐことができるようになっています。

今回はそんなデンマーク・コペンハーゲンの名所であるカステレット要塞の特徴や歴史について詳しく解説していきます。

星型の輪郭が特徴のカステレット要塞

北欧デンマークの首都であり、童話の世界を再現したようなカラフルな街並みが広がるコペンハーゲン。その街中に佇むのが、今回紹介する「カステレット要塞」です。

船舶が行き交う港町の一面も持つコペンハーゲンは、海を超えて侵略してくる外敵を阻む、戦略的にも重要な立地にありました。

そのためカステレット要塞は、外海との出入り口に構え、首都コペンハーゲンの防衛を目的とした要塞として1662年に建築されました。

ちなみに、「カステレット(Kastellet)」はデンマーク語で「要塞」を意味しています。

上空からカステレット要塞の全体像を見ると、星型の輪郭を形成するように、要塞の周囲一帯が堀で囲まれています。

星型、あるいはヒトデにも見える独特な形となっているのは、一説によると四方八方に城壁を築くことで死角を減らして、より広範囲を見張ることができるようにするためだと言われています。

コペンハーゲン港の防衛のために建築された要塞

古くからコペンハーゲンは海運交通の要所として、「北欧の玄関口」「商人の港」と呼ばれていました。

そして多数の船舶が往来するコペンハーゲン港は国外との貿易、並びに外敵からの首都防衛においても重要な立地にありました。

このように地理的・軍事的な理由から、防衛のために外洋に向かい合うようにコペンハーゲン港の出入り口に設置されたのが、カステレット要塞なのです。

カステレット要塞の建築計画は、1626年にデンマーク王クリスチャン4世が提案したものです。

クリスチャン4世の死後は息子であるフレデリック3世が建設計画を引き継ぎ、1662年に現在のカステレット要塞が完成しました。

カステレット要塞の建築は、オランダ人建築家のヘンリック・ルーゼという人物によって行われました。

また、完成当時からカステレット要塞は、デンマーク王フレデリック3世の名前にちなんで、「フレデリクスハウン要塞」とも呼ばれています。

こうして17世紀の1662年に築城したカステレット要塞は、長年に渡ってデンマークとコペンハーゲンを防衛する軍事拠点として機能しました。

要塞としての役目を果たし終えた現在でも、大砲など一部の設備がそのまま設置されています。

現在ではのどかな公園として一般公開

かつてはコペンハーゲンの防衛拠点を担っていたカステレット要塞ですが、現在では豊かな自然溢れるコペンハーゲン市民憩いの公園として利用されています。

要塞の敷地内にある建物は、駐屯場といったデンマーク軍の施設として使用されていますが、一般人も無料で敷地内に入ることが可能で、園内で散歩や観光を楽しむことができるようになっています。

穏やかな水面の堀や美しい緑に囲まれた気持ちの良い公園として、昼間になると星型に沿って整備された散歩道をランニングしたり、のんびり散歩して過ごすコペンハーゲン市民の姿を見ることができるそうです。

敷地内にあるチャーチル公園

カステレット要塞は、現在は公園として一般公開されており、敷地内の公園は「チャーチル公園」という名称で呼ばれています。

チャーチルと聞いてピンときた人も多いと思いますが、実はチャーチル公園の由来となった人物は、第二次世界大戦においてイギリスを指揮した元首相であるウィンストン・チャーチルです。

なぜデンマークのカステレット要塞の公園に、外国であるイギリスの元首相チャーチルの名前が使用されているのでしょうか?

実はデンマークは第二次世界大戦時に、ナチス・ドイツの占領下に置かれており、イギリス軍によって占領から解放されたという過去があります。

こうしてナチスの支配から助けてくれたイギリスへの感謝の意をこめてカステレット要塞の名称を当時の英国首相にちなんで、チャーチル公園としたのです。

また、敷地内にはチャーチルの銅像も建築されています。

まとめ

1662年にデンマークの首都コペンハーゲンを外敵の攻撃から防衛するために築かれた、カステレット要塞。

現在でも軍事要塞として活躍した面影が残しつつ、休日になるとコペンハーゲン市民が星型に敷かれた道を散歩して過ごす、人気のスポットとして利用されています。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。