【ストックホルム宮殿】スウェーデン国王の公邸である宮殿

建築

こんにちは。Huivi -フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

スウェーデン王カール・グスタフ16世の公邸として、数々の公的な執務が行われているストックホルム宮殿という建物があります。

13世紀に当初は要塞として建設され、その後増改築を繰り返し、現在のようにバロック様式の装飾が施された美しい宮殿となりました。

宮殿内部は一般公開もされており、歴史的なコレクションの数々が出迎えてくれるそうですよ。

今回は、ストックホルム の特徴とその歴史について紹介します。

スウェーデン国王の公邸、ストックホルム宮殿

ストックホルム宮殿とは、北欧スウェーデンの現国王カール・グスタフ16世が執務を行う公邸として使用している宮殿です。

ストックホルムの旧市街であるガムラスタン地区、その中のスターズホルメンという場所にあります。

現在の外観のストックホルム宮殿が建設されたのは、200年以上前の1754年です。

バロック様式を取り入れた上品な煉瓦造りの宮殿は、18世紀の建設当時の面影を感じられるスウェーデンでも随一の歴史的建造物とされています。

長年スウェーデン王族の居城として利用され、1981年に現スウェーデン国王カール16世が私邸を移してからは、公務を執り行う公邸として使われています。

代わりに、ストックホルム郊外のローベン島にあるドロットニングホルム宮殿が、現在のスウェーデ王族の私邸となっています。

国王の執務の他にも、国賓との会合、ノーベル賞受賞者を招いての晩餐会などスウェーデンの公式行事の場としても使用されます。

ストックホルム宮殿の歴史

ストックホルム宮殿は13世紀にメーラレン湖の防衛のため、当時のスウェーデンの政治家ビルイェル・マグヌソンにより建てられた要塞が前身だったとされています。

時代を経て要塞は次第に宮殿として使用されるようになり、当時は塔の屋根部分の尖塔から、3つの王冠を意味するトレー・クローノル城と呼ばれていました。

16世紀にはスウェーデン王ヨハン3世が、ルネサンス様式の宮殿にするための一大改装工事を行いました。

その後、現在の王族の私邸でもあるドロットニングホルム宮殿の設計も担当した親子の建築家、ニコデムス・テッシン(子)によって、1690年にバロック様式の装飾に改修をしました。

7年後の1697年には宮殿の大部分を焼失する火災に見舞われますが、それでも再建を繰り返し、1754年に現在の宮殿として完成を迎えたのです。

宮殿内部は一般公開されている

ストックホルム宮殿は一般公開もされており、スウェーデン国内外から多数の観光客が足を運ぶ歴史的価値の高い名所としても有名です。

東西南北に建設された4棟の建物からなるストックホルム宮殿は、7階建の建物内に609個もの部屋を有する、大規模な宮殿となっています。

宮殿内部には王冠や調度品など王室にまつわる品々が展示されており、スウェーデン王室の歴史を垣間見ることができます。

宮殿内には、トレー・クローノル博物館とアンティーク博物館、2つの博物館があります。

トレー・クローノル博物館は、1697年に起きた火災の際に被害を受けなかった数少ない場所にあり、改装前の宮殿の装飾を見ることができます。

アンティーク博物館はヨーロッパ最古の公共博物館とも言われ、グスタフ3歳が遠征で収集したイタリア彫刻など200点以上の作品が展示されています。

なお、こちらの博物館は夏季のみ公開されているので、観光の際は注意してください。

他にも国王や政府要人の執務の様子を見学できる会議室に、17世紀に王位についていたクリスティーナ女王の銀の玉座。歴代スウェーデン王族の肖像画が展示されたギャラリースペースなど、見所が目白押しです。

毎日正午に行われる衛兵交代式

宮殿内部の豪華なインテリアや調度品で知的好奇心を満たした後は、是非ストックホルム宮殿の中庭で正午から行われている衛兵交代式にも参加してみてください。

衛兵交代式は16世紀から続くストックホルム宮殿の伝統的な式典です。

毎日正午から約45分間、音楽隊が演奏する堂々たる曲に合わせて、王室の近衛兵達の一糸乱れぬ行軍を見ることができます。

また、近衛兵のイメージとして男性を思い浮かべる人もいると思いますが、スウェーデンの王宮の近衛兵には女性の姿も数多く見かけることができます。

スウェーデンでは世界的に見ても、政治経済への女性参画と男女平等が進んでいる国として知られています。男女平等の普及は、歴史的にも男性の職業とされてきた軍隊においても例外ではないのです。

衛兵交代式は、スウェーデンが掲げる男女平等の理念も表れた式典と言えるでしょう。

まとめ

現在でもスウェーデン王の公邸として公式の執務が執り行われている、ストックホルム宮殿。

古くからスウェーデンにおいて政治的、歴史的にも重要な立ち位置を占めてきたストックホルム 宮殿に、観光の際は是非訪れてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました