自然

【ブラックサンドビーチ】アイスランド南部に広がる漆黒の海岸

ブラックサンドビーチ
Pocket

こんにちは、伊東琢哉です。

砂浜と言えば白い砂をイメージすると思いますが、北欧アイスランドには海岸一帯に黒色の砂浜が広がるスポットがあります。

この砂浜はブラックサンドビーチと呼ばれ、希少な光景から多くの旅行客が訪れるアイスランドの名所になっています。

ここでは黒い砂浜のブラックサンドビーチについて、一体なぜ砂浜の色が黒いのか、どんなところが見どころなのかを紹介していきます。

ブラックサンドビーチの特徴

アイスランド南部の海岸線には通称ブラックサンドビーチと呼ばれる、黒色の砂浜の海岸が広がっています。

砂浜=白色というイメージを覆す光景ですが、黒い砂浜と白い波飛沫のグラデーションは非常に神秘的とされています。

では、なぜこのような黒色の砂浜が誕生したのでしょうか。

実はブラックサンドビーチの正体は、火山岩の一種である玄武岩です。

黒い砂浜はよく見ると、細かく砕けた玄武岩の集まりとなっています。

火山のマグマが海水で急速に冷却され固まってできた火山岩が、さらに海流で少しずつ研磨されます。

こうして丸みある黒い石となり、海岸に打ち上げられた細かい火山岩が集まって、黒い砂浜からなるブラックサンドビーチとなるのです。

また、ブラックサンドビーチという名称は玄武岩で作られた海岸の総称であり、アイスランド国内にはいくつかのスポットが存在しています。

ここではその中でも人気の高い、レイニスフィヤラとダイヤモンドビーチという2つのブラックサンドビーチを紹介しましょう。

六角形の岩壁が名所のレイニスフィヤラ

アイスランドにあるブラックサンドビーチの中で特に有名なのが、アイスランド南部に位置するレイニスフィヤラという海岸です。

美しい黒色の砂浜はもちろんなのですが、レイニスフィヤラでは六角柱の形状をした珍しい岩壁を見ることができます。

六角柱、あるいは五角柱の形状は人間の手で彫られたのではないかと思うほどの整合さですね。

この物体は地質学的には柱状節理(ちゅうじょうせつり)と呼ばれる自然現象となります。

特徴的な形状は溶岩が冷えて固まる際、溶岩の体積が収縮することで直線的な断面が発生するのです。

さらにレイニスドランガルでは、地中や海面からニョキっと突き出した奇怪な形をした岩も旅行者の間で人気となっています。

こちらも黒い海岸と同じく玄武岩でできており、大きなものでは60mを超えるものもあるようです。

氷塊が打ち上げられるダイヤモンドビーチ

レイニスフィヤラでは自然が作り出した岩石の造形美を見られるのに対し、アイスランド南西部にあるダイヤモンドビーチという海岸では、砂浜に打ち上げられた氷河の塊を見ることができます。

浜辺に上がる氷河はブレイザメルクルヨークトル氷河から分裂したもので、オブジェを思わせるほどの精巧さです。

黒い砂浜を背景に輝く透明な氷塊は、「ダイヤモンドビーチ」という名称通り非常に幻想的な光景となっています。

まとめ

アイスランドの海岸線沿いにそって続く、漆黒のビーチであるブラックサンドビーチを紹介してきました。

黒い砂浜は玄武岩と呼ばれる火山岩が波風によって風化・侵食され細かくなり、丸い石となったものが集まって誕生しました。

アイスランドにはこのようなブラックサンドビーチが何ヵ所かあり、レイニスフィヤラ

やダイヤモンドビーチでは自然が生み出した美しい景観を見ることもできます。

ABOUT ME
伊東 琢哉
横浜市に暮らしているフリーライターです。普段はスタバでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。