Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
食事

【ハッロングロットル】Fikaで人気のスウェーデンのクッキー

ハッロングロットル
Pocket

スウェーデンの伝統的な習慣であるフィーカ。

フィーカではコーヒーと共に様々なお菓子が出されるのですが、ハッロングロットルと呼ばれるクッキーも人気のお菓子の1つです。

今回はスウェーデンで親しまれるラズベリージャム入りのクッキー、ハッロングロットルについて紹介していきます。

この記事はこんな人におすすめ
  • ハッロングロットルについて知りたい
  • スウェーデンのお菓子に興味がある
  • ハッロングロットルを自宅でも作ってみたい

ラズベリージャムを使った素朴なクッキー

ハッロングロットル(Hallongrottor)とは、スウェーデンで食べられている、クッキー生地にラズベリージャムをのせた素朴なお菓子です。

直径は大体5cm前後。ソフトクッキーの1種であり、口の中でホロホロと崩れるような食感が特徴です。

ハッロングロットルの中心にワンポイントで乗せられたラズベリージャムも、ベリー特有の甘酸っぱい味わいがあります。

クッキー生地のほのかな甘味とも相性抜群なのだとか。

また、ハッロングロットルは、日本語では「木苺の洞窟」と訳されます。

「ハッロン(Hallon)」は、スウェーデン語で「ラズベリー」。一方で「グロットル(grottor)」は「洞窟」という意味となります。

ハッロングロットルはフィーカに欠かせないお菓子

スウェーデンにはフィーカ(Fika)と呼ばれるコーヒーブレイクの習慣があります。

フィーカでは、コーヒー片手にお菓子を楽しむのが定番です。

フィーカに出てくるお菓子として有名なのがスウェーデン発祥のシナモンロール、あるいはクラッドカーカと呼ばれる北欧風チョコレートケーキも人気となっています。

そして今回紹介するハッロングロットルというお菓子も、スウェーデンのフィーカの時間にはお馴染みのスイーツの1つなのです。

ラズベリージャムの酸味がコーヒーのほろ苦さと調和することで、独特な美味しさを生み出します。

ケーキといった甘いものが苦手な人でも食べやすいそうですよ。

ちなみに近年日本でも実践する人が増えているフィーカについては、こちらの記事で紹介してあります。

【フィーカ】スウェーデンのコーヒー休憩スウェーデンには「Fika(フィーカ)」と呼ばれる、コーヒーブレイクの文化があります。スウェーデン人はフィーカの時間になると、一度作業の手を止めて、同僚や家族と一緒にコーヒーとお菓子を食べてリフレッシュをするのです。今回はスウェーデン人にとっては欠かせない生活習慣、フィーカについてご紹介します。...

また、フィーカでコーヒーのお茶請けとして食べられているお菓子は、以下の記事で取り上げています。

【シナモンロール】スウェーデン発祥の名物焼き菓子皆さんはカフェのコーヒーのお供として、シナモンロールを注文されることも多いのではないでしょうか。スウェーデンのコーヒー文化であるFika(フィーカ)でもコーヒーのお供として欠かせないほど、北欧ではポピュラーなお菓子の1つとなっています。今回はスウェーデンから世界に広まったお菓子、シナモンロールの魅力をご紹介します。...
【クラッドカーカ】しっとりとしたスウェーデン風チョコレートケーキ 北欧スウェーデンでは、「クラッドカーカ」と呼ばれるチョコレートケーキがあります。 クラッドカーカはスウェーデン語で「べたっとした...

ハッロングロットルのレシピ

ハッロングロットルのレシピは通常のクッキーとほとんど同じなので、日本の家庭でも気軽に作ることができます。

レシピとして、まずは小麦粉に卵、バター、ベーキングパウダーなどでクッキー生地を作ります。

そして、生地を形成した後には、ハッロングロットルの代名詞であるラズベリージャムの登場です。

生地の中心に指を使ってくぼみを作り、くぼみにスプーンでラズベリージャムを入れます。

最後に200度に設定したオーブンに入れ、焼き色をみながら10分ほど焼き上げれば完成です

ハッロングロットルの形は丸型が一般的ですが、マフィンの型に入れてカップケーキのように作るタイプもあります。

また、ハッロングロットルは本来ならラズベリージャムを用いますが、他のジャムでも代用は可能です。

自宅で作る際は、ブルーベリージャムやアプリコットジャムなど、お好みのジャムを乗せて作ってみるのも面白そうですね。

created by Rinker
¥810 (2021/10/27 17:24:17時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

ハッロングロットルは、スウェーデンで大人から子どもまで幅広く愛されているクッキーです。

スウェーデンのスーパーでは1枚100円程度で販売されており、値段が手頃なのも魅力です。

レシピもシンプルなので、是非日本でもラズベリージャムを用意して作ってみてください。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。