Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
食事

【サルミアッキ】世界一まずいと評されるフィンランドの飴

サルミアッキ
Pocket

サルミアッキは北欧諸国で古くから食べられてきた伝統的な飴であり、現在では子供から大人にまで愛されています。

しかし私たちが想像する甘くカラフルな飴とは対照的に、サルミアッキは真っ黒な見た目に漢方のような味と匂いがあります。

今回は「世界一まずい」と言われるサルミアッキに焦点を当て、まずさの裏にある魅力について紹介していきます。

フィンランドの一風変わったグルメを知りたい人は、是非読んでみてください。

この記事で学べること
  • 世界一まずい飴と言われる理由
  • サルミアッキの味を生み出す原材料
  • サルミアッキの味
  • フィンランド人の中の評価
  • 飴タイプ以外のサルミアッキ

世界一まずいと言われる真っ黒な飴

私たちが想像するキャンディと言えば、甘くて美味しいというイメージが一般的だと思います。

ただ、フィンランドをはじめ北欧諸国ではサルミアッキという、真っ黒で不味い飴が人気となっています。

サルミアッキというのは薬草のスペインカンゾウを原料としたリコリス菓子に、化学成分である塩化アンモニウムを加えたキャンディです。

お菓子というよりも漢方薬に近い、クセの強い味わいにアンモニア臭。カーボンブラックという着色料による、光沢を放つ真っ黒な見た目が特徴的です。

サルミアッキはフィンランドや北欧諸国で親しまれる嗜好品として、古くから食べられてきた伝統的なお菓子でもあります。

しかし、サルミアッキの味に慣れていない北欧以外の人からは大変不評を買っており、ネット上では「世界で最もまずい飴」と話題になったほどです。

甘草を使ったリコリス菓子の1種

サルミアッキというお菓子は、リコリス菓子に分類されます。

リコリス菓子は日本ではあまり馴染みないかもしれませんが、欧米ではポピュラーに食べられているお菓子となっています。

お菓子の原料となるのがリコリスという薬草で、別名スペインカンゾウとも呼ばれています。

リコリスは甘草に属する植物ということで、仄かな甘味があるのが特徴です。

リコリス菓子も、このリコリスの根などから抽出した成分で作られるのです。

リコリスと塩化アンモニウムが原材料

サルミアッキが他のリコリス菓子と大きく異なるのが、リコリスに加えて塩化アンモニウムを原材料として使っている点です。

塩化アンモニウムはフィンランド語でサルミアッキと言い、名前の由来ともなっています。

ただし、塩化アンモニウムは強烈な刺激臭を持つ化学物質。本来は喉の痛み止めなどの医薬品、肥料として利用される成分です。

それをお菓子に利用することで、塩化アンモニウム独特の強烈や塩味や苦味鼻の奥を刺すようなアンモニア臭が口の中を刺激する、サルミアッキが出来上がるのです。

リコリスと塩化アンモニウムという、まさにサルミアッキは刺激物と刺激物を掛け合わせたようなお菓子と言えるでしょう。

タイヤのゴムに例えられる味

世界一まずいと言われるサルミアッキは、一体どんな味なのでしょうか。

サルミアッキを食べた人によると、最初に塩化アンモニウムによる強烈な塩味とアンモニア臭を感じます。

その後、徐々に苦味や甘ったるさが漢方のような臭気と混ざり合い、口の中を支配するそうです。

このリコリス特有の甘さ、塩化アンモニウムの塩気とアンモニア臭から、サルミアッキというお菓子の感想として、「タイヤのゴムを食べているかのよう」と評する人も少なくありません。

そのあまりに個性的な味わいが、サルミアッキが北欧以外の地域ではほとんど食べられていない理由にもなっているのです。

フィンランド人にとってはお馴染みの味

サルミアッキを食べ慣れていない海外の人からは、「世界一まずい」「タイヤのゴムを食べているみたい」と言わしめる程不評です。

しかし本家フィンランド国民の間では、独特な刺激やクセの味わいが病みつきになると大人気のお菓子となっています。

フィンランドでは1930年頃から、サルミアッキは手軽なスナック菓子として広まりました。

おそらく販売当初は、フィンランドでもネガティブな意見が多かっただろうと思います。

ただ時間が経つごとに、独特な味や匂い、のど飴のような食後の清涼感に虜になる人が増え始め、少しずつサルミアッキが受け入れられていったのでしょう。

現在ではフィンランドの老若男女の定番おやつとして親しまれています。

また、サルミアッキの値段は500円〜1000円と、日本の市販のキャンディやチョコレートとあまり変わりません。

サルミアッキは王道のキャンディに加え、グミタイプなど様々な商品が販売されています。

さらにサルミアッキ味の飲料やパウダーもあるらしく、サルミアッキがいかにフィンランドで支持されているのかがわかりますね。

まとめ

甘草のリコリスと化学成分である塩化アンモニウムを原材料とした、フィンランド発のお菓子サルミアッキ。

世界一まずいという悪評がむしろチャレンジ精神を刺激するのか、フィンランド旅行のお土産としては意外と人気となっています。

ただ、何の情報も伝えずに相手に渡してしまうと関係にヒビが入る可能性が高いので、味に関しては事前の説明を忘れずにしておいた方が良いかもしれません。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。