Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
都市

【リーベ】ヴァイキングが8世紀に築いたデンマーク最古の町

リーベの町並み
Pocket

デンマークのユトランド半島には、リーべという名前の小さな町があります。

実はリーベはデンマークで最古の町として知られ、今から1000年以上前の8世紀頃に誕生した町なんです。

ここではデンマークの歴史の語り部であるリーベという町について、その歴史や町にある有名な観光スポットなどを紹介していきます。

デンマークで最も古い歴史を持つ町

リーベは、デンマークのユトランド半島南西部に位置する人口8000人ほどの小さな町です。

8世紀初期にヴァイキングの手によって築かれた町であり、デンマーク最古の町としても知られています。

なんと845年に発行された文献にも、リーベという名前が登場しているのだとか。

リーべの魅力といえば、デンマーク最古の町並みが織りなす景観の数々です。

町全体に敷き詰められた石畳の大通りに、赤色や黄色などカラフルな色合いでデザインされた家々等々。

町のどこを切り取っても、おとぎの国デンマークらしい魅力的な光景となっています。

文化遺産にも登録されたリーベ旧市街

リーベの旧市街に入ると、そこにはレンガを積み重ねて建築されたカラフルな伝統家屋が織りなす物語のような世界観が広がっています。

家屋は古いものだと16世紀に建てられた物件もあるそうです。

その歴史的価値の高さから、リーベの旧市街地や後ほど紹介するリーベ大聖堂は、デンマークの文化遺産として登録されています。

されにリーベでは中世の街並みを楽しめるだけでなく、カフェや雑貨店、お土産ショップといった施設も軒を連ねています。

町を代表するランドマーク、リーベ大聖堂

リーベの中心部にはリーベ大聖堂と呼ばれる、町のシンボル的な教会があります。

デンマーク最古の町リーベと同様、こちらのリーベ大聖堂もデンマークで最も古い教会となります。

リーベ大聖堂が建築されたのは1250年頃とされ、1150年の建築開始から100年かけて完成しました。

リーベ大聖堂にはロマネスク様式という、10世紀後半から12世紀にかけて西ヨーロッパ一帯で広まった建築様式が施されています。

ロマネスク様式の特徴である重厚な石造りの壁、質実剛健なデザインは、デンマーク最古の教会に相応しい存在感を感じさせます。

また、赤褐色と白色の2つの建物が合わさった、独特な設計も印象的です。

リーベ大聖堂は無料で公開されているので、誰でも中に入って写真撮影や礼拝を行うことができます。

さらにリーベ大聖堂には階段で上に登れる塔も併設されており、頂上からはリーベの美しい街の全体像を眺めることができますよ。

かつて交易で賑わった、穏やかなリーベ川

リーベは建築当時、スカンジナヴィア諸国でも有数の交易都市として隆盛を誇っていました。

その名残を感じられるのが、リーベの町中に静かに流れるリーベ川です。

リーベ川はかつて街の中心的な交易路として、数多くの船舶で活気にあふれていました。

そして交易の要だったリーベ川は、現在では長閑な河辺の風景に恵まれたスポットとなっています。

休日になると地元民がのんびり川沿いの散歩を楽しむ、市民憩いの場所となっているそうです。

また、春から夏にかけては、リーベ川沿いで定期的にマーケットも開催されています。

まとめ

ここまでデンマーク最古の町として知られるリーベについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

リーベは8世紀初頭に北欧の海賊ヴァイキング達によって築かれ、北欧有数の交易都市として栄えました。

現在でも旧市街や13世紀創設のリーベ大聖堂には、デンマークの歴史が刻まれたスポットを一眼見ようと数多くの観光客が訪れます。

リーベはコペンハーゲンから電車で約4時間と少し距離がありますが、赤褐色をはじめ町全体が色鮮やかにペイントされた光景は一見の価値ありです。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。