【ニューハウン】運河沿いの街並みが美しいコペンハーゲンの港町

建築

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

ニューハウンはデンマークの首都コペンハーゲンにある港町であり、運河に沿ってカラフルな外装の家々が立ち並ぶ人気観光地でもあります。

デンマーク出身で「みにくいアヒルの子」など有名な童話を世に送り出したハンス・クリスチャン・アンデルセンもおとぎの世界を思わせるニューハウンの景色を愛し、晩年までニューハウンで暮らしていました。

今回は1673年に建造された北欧最古の人口港でもある、デンマークのニューハウンについて解説していきます。

コペンハーゲン随一の観光地であるニューハウン

デンマークの首都コペンハーゲンには、ニューハウンと呼ばれる港町があります。

ニューハウンは17世紀に行われた掘削工事によって作り出された、幅30m〜40m、長さ400mの規模を誇る人口港です。人口的に作られた港としては、北欧最古のものとなっています。

また、デンマーク語で「新しい港」を意味するニューハウンは、赤色や黄色、オレンジといったカラフルな外観の建物が織りなす街並みが特徴です。

おとぎ話の世界観がそのまま現実化したような、カメラで写真に収めずにはいられないフォトジェニックな光景が広がるニューハウンは、デンマークでも一二を争うほどの人気観光地となっています。

もしかすると、ニューハウンという名前は初耳でも、ニューハウンのシンボルである色とりどりの街並みはどこかで見たことがある、という人も多いのではないしょうか。

それもそのはず、実はガイドブックやTVでデンマークやコペンハーゲンを紹介する際の宣伝写真として、このニューハウンの街並みが写真素材として選ばれることも多いのです。

アンデルセンも暮らしていた街

デンマークといえば、「人魚姫」「みにくいアヒルの子」といった数多くの名作を残した童話作家、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの出身地としても有名です。

そしてニューハウンは、アンデルセンがデビュー当時や晩年に暮らしていた街としても知られています。

アンデルセンはその生涯の多くをニューハウンで過ごし、その住居も3カ所あります。

最初の住居としたのがニューハウンの「20番地」で、アンデルセン初の童話集「火打ち箱」もこの家で執筆したと言われています。

そして、約20年というニューハウンで最も多くの時間を過ごした家である「67番地」。晩年の2年間を過ごした「18番地」があります。

また、アンデルセンが初の童話集を出版した当時住んでいた、赤い外壁が特徴の「20番地」。現在ではアンデルセンの名前が記されたプレートが埋め込まれた、国内外から多くのファンや旅行者が訪れる名所となっています。

ニューハウンが辿ってきた歴史

ニューハウンは今から300年以上前の1673年に、当時のデンマーク国王クリスチャン5世によって人口港として建築されました。

コペンハーゲンの市街地拡張と目的として1671年に工事がスタートし、2年後の1673年に完成を迎えます。

17世紀に作られたニューハウンは当時、外国から多くの船舶が訪れるデンマーク有数の貿易・商業の港町として大きな隆盛を誇りました。

また、コペンハーゲンの海運の拠点であると同時に、航海を終えた船乗りたちが集まりお酒で乾杯する、活気に包まれた歓楽街としての一面もあったのだとか。

しかし、デンマークの物流の中心的な港町であったニューハウンも、時代を経るごとに徐々に衰退の一途を辿ることとなります。

近代化と共に物流の主軸が従来の帆船から、より強い馬力で効率的に運搬できる鉄道に移り変わっていきました。

こうした時代の遷移に伴って、ニューハウンの港を利用する船も減少し、街からはかつての活気が失われていきました。

そのような状況を打開しようと、1973年に帆船協会とコペンハーゲン市による、ニューハウンを歴史地区として復興させる計画が立ち上がります。

この提案によってニューハウンは従来の港町から、カラフルな街並みや商業施設を中心とした観光地とした新たに生まれ変わったのです。

現在ではコペンハーゲン市内で最も活気に溢れたエリアとなり、17世紀の建築当時と同等かそれ以上の繁栄を見せています。

ニューハウンの魅力

ニューハウンはコペンハーゲンを代表する観光地として、数多くのカフェやレストラン、デンマーク土産を購入できるショップが軒を連ねています。

運河沿いには18世紀に設計された、ニューハウンの象徴とも言える色鮮やかな木造家屋が立ち並び、昼下がりにはカフェのオープンテラスでコーヒー休憩をする人の姿もお馴染みの光景となっています。

ちなみにニューハウンの建物の外観がカラフルな色合いとなっているのは、昔ニューハウンで暮らしていた船乗りたちが、自分の家がどこにあるかわかるよう、目印として色をペイントしたのが理由と言われています。

また、ニューハウンで最古の建物として知られているのが、1681年に建てられた「9番地」です。

青色の外観が特徴の住居で、ニュータウンがコペンハーゲンに完成したほぼ同時期に建てられました。築300年を超える、まさにニューハウンの歴史の語り部とも言える建物なのです。

ニューハウンの街並みを眺めながらのんびり運河沿いを歩くのも良いですが、運河を利用したクルーズ船ツアーも開催されており、また違った角度からニュータウンの景色を楽しむこともできます。

クルーズ船ツアーでは他にも、アンデルセンの童話「人魚姫」をモチーフとしたブロンズ像「人魚姫の像」、デンマークのロイヤルファミリーの住居である「アマリエンボー宮殿」を運河で巡るツアーも用意されているので、旅行の際はこちらも積極的に利用していきましょう。

まとめ

穏やかに流れる運河とカラフルな街並みが織りなす美しい光景が広がる、コペンハーゲンの港町ニューハウン。

アンデルセンの心をも掴んだ、童話の世界が現実になったかのような景色は、カメラ片手に一日中探索しても決して飽きることはないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました