【オスロ市庁舎】ノーベル平和賞授賞式も行われるモダンな市庁舎

オスロ市庁舎 建築
Pocket

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

ノルウェーにはオスロ市庁舎という、2棟のタワーからなる近代的なデザインの建築物があります。

ノルウェーの芸術家達の作品展示から、ノーベル平和賞授賞式の会場まで、幅広い用途で利用される市庁舎となっています。

ここではそんなオスロ市庁舎に焦点を当て、誕生の背景や展示されている作品、ノーベル平和賞授賞式がオスロ市庁舎で行われる理由について説明していきます。

オスロ市庁舎の特徴

オスロ市庁舎はノルウェーの首都オスロ、そのピーペル湾に面した場所にある市庁舎です。

このオスロ市庁舎は、ノルウェーのオスロ市創設900周年を祝う目的で1950年に建築されました

市庁舎の工事は1931年に始まり、第二次世界対戦による工事中断を挟みながら、1950年に完成を迎えます。

またオスロ市庁舎は、私達が想像する市庁舎のイメージとは異なる、モダンで洗練されたデザインも特徴です。

赤褐色の重厚な外観、さらにエントランスの両側には2棟の建物が聳え立ちます。内観も、宮殿のような近代的な造形となっています。

オスロ市庁舎のこの近代的なデザインは、ノルウェー出身の建築家アーンスタイン・アーネバーグとマグナス・ポールソンによって手掛けられました。

中に展示された芸術作品の数々

オスロ市庁舎は市議会議室やオスロ市長の部屋が設置され、オスロ市の行政の中心として日々業務が行われています。

役所として機能する施設である一方、オスロ市庁舎の中には数多くの芸術作品も展示されており、ノルウェーの観光スポットとしての側面もあります。

オスロ市庁舎は2階建で、1階にはノーベル平和賞授賞式も開催されるセントラルホールがあります。

床は大理石、壁にはバイキング時代から脈々と続くノルウェー史をテーマとした壮大な絵画も展示されており、さながら美術館のよう。

他にも陶器など芸術作品を鑑賞できるギャラリースペースもあります。

例えばエドヴァルド・ムンクや、ヨーロッパ最大級の油絵「働き楽しむ人々」を描いたヘンリク・ソーレンセンなどノルウェー出身のアーティストの作品が展示されています。

また、エントランスの両脇にある、北欧神話をモチーフとした木彫も見所です。事前に北欧神話を予習してから見ると、より一層作品を楽しめますよ。

ノーベル平和賞授賞式の会場

毎年12月10日になると、オスロ市庁舎ではノーベル平和賞の受賞式が行われます。

ノーベル平和賞といえば軍備縮小や環境保護、世界情勢の改善に寄与した個人・団体に送られるノーベル賞の1部門です。

近年だと、世界の飢餓撲滅のために食糧支援を行う国連組織の世界食糧計画(WFP)が2020年にノーベル平和賞を受賞しました。

ノーベル賞といえば、スウェーデンのストックホルム市庁舎で行われる授賞式が有名だと思います。

スウェーデンのストックホルム市庁舎

しかし全6部門あるノーベル賞のうち、ノーベル平和賞だけは例外的に、ノルウェーのオスロ市庁舎で開催されることになっています。

なぜノーベル平和賞のみがノルウェーで開催されるのかというと、ノーベル賞を創設したアフルレッド・ノーベルがスウェーデンとノルウェー両国間の恒久的な平和を願ったためだと言われています。

ストックホルム市庁舎についてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事も読んでみてください。

まとめ

ここまでノルウェーのオスロ市庁舎の特徴について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

オスロ市庁舎はオスロ市の行政や自治を行う役所としてだけでなく、ノーベル平和賞の会場に利用されたり、中には様々な絵画や彫刻が展示されるなど、オスロの有名観光スポットとしての側面もあるのです。

さらにオスロ市庁舎からは、地平線まで広がるオスロフィヨルドの景観も眺めることができます。

オスロ市中心部からも絶好のアクセスの良さなので、ノルウェー観光では是非立ち寄ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました