Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
建築

【アーケシュフース城】1299年に建築されたノルウェーの軍事的要所

アーケシュフース城
Pocket

ノルウェーのオスロにはアーケシュフース城と呼ばれる、1299年にオスロ防衛を目的に建築された要塞があります。

さらに現在でもノルウェーの軍事施設として利用されるなど、ノルウェーの歴史や軍事面における重要なスポットとなっています。

ここではアーケシュフース城誕生の背景や観光で訪れたい名所、とある有名アニメ映画のモデルとなった件について、詳しく紹介していきます。

アーケシュフース城の概要

アーケシュフース城はノルウェーの首都オスロにある、ピーペル湾を望む高台に建設された中世の要塞です。

アーケシュフース城がオスロに築城されたのは、13世紀末の1299年。

スウェーデンをはじめとする外敵の侵略から、ノルウェーの行政・経済の中枢であった首都オスロを防衛するために、ノルウェー国王ホーコン5世によって建築されました。

そして、実は21世紀の現代でもアーケシュフース城は引き続きノルウェーの軍事施設として利用されているのはご存知でしたか?

アーケシュフース城の東側には、ノルウェー国防省や国防軍司令部という国防上重要な軍事施設が置かれており、建築から700年以上経過してもなおノルウェーを守り続けています。

オスロの防衛を目的に建築

先述した通り、アーケシュフース城は「城」という名称がついていますが、本来は首都オスロの防衛を目的とした要塞です。

アーケシュフース城は1299年、ノルウェー王ホーコン5世の指揮の元建築が行われました。

その背景には、当時ノルウェーの貴族であったアルフ・エルドリングソンが、1287年にオスロを攻撃した事件があります。

この事件がきっかけでオスロ防衛の脆弱性が明らかになり、アーケシュフース城の建築計画が急遽誕生したのです。

また、オスロはノルウェーの首都として、13世紀のノルウェー経済や軍事における重要な拠点でした。

特にノルウェーの主要産業である海産物及び海運貿易は、中世の時代でも同様にノルウェー経済を支える柱となっていました。

そのため貿易の要である海岸線沿いの防衛のためにも、堅牢な要塞が必要だったのです。

17世紀には近代的な宮殿に改築

17世紀には、デンマーク王のクリスチャン4世紀によって、ルネサンス様式が採用された近代的な宮殿に改装されました。

なぜここでデンマーク国王の名前が出てくるのかというと、ノルウェーはデンマークとスウェーデンと共に1397年に「カルマル同盟」という、デンマーク女王マルグレーテ主導の同君連合を結んでいたためです。

1523年にスウェーデンがカルマル同盟から離脱して以降もデンマーク・ノルウェー2ヶ国の連合同盟は維持されました。

カルマル同盟決裂をきっかけに、デンマーク&ノルウェー連合王国とスウェーデンは戦争状態に突入することとなります。

つまり、スウェーデンの侵攻を防ぐためにアーケシュフース城の更なる強化が必要となったため、デンマーク王クリスチャン4世による城の改築が行われたのです。

この改築工事によって従来の城郭が取り払われ、当時猛威を奮っていた火砲などの兵器を想定した、より近代的な城郭が増設されました。

カルマル同盟については、こちらの記事でより詳しく解説しています。

【カルマル同盟】1397年に北欧3ヵ国が締結した君主連合カルマル同盟とはデンマーク・スウェーデン・ノルウェーの北欧3国が1397年に締結した歴史的な同盟です。この同盟はスウェーデンのカルマル城が署名場所となり、以後数百年に渡って北欧諸国を結びつけることなります。ここでは北欧諸国がカルマル同盟を結ぶに至った背景や目的、最終的に同盟関係はどうなったかなどを解説していきます。...

ナチス・ドイツ軍に占領されていた過去も

アーケシュフース城は13世紀末に建築されて以降、数多く戦火に見舞われることとなります。

近代までの数百年間、一度も落城をすることなくノルウェーの防衛を担ってきましたアーケシュフース城ですが、第二次世界大戦時、ついにナチスに占領されることとなります。

ナチス・ドイツ軍の北欧侵攻により1940年にノルウェー政府は首都オスロを放棄、その際にアーケシュフース城もナチスの支配下に置かれました。

戦時中はナチスの手によって、ノルウェー国内のレジスタンスや戦争捕虜の処刑場として利用されることとなります。

さらに戦争終結後はナチス側についたノルウェー国内の戦犯者の粛清が行われました。

観光名所としてのアーケシュフース城

このようにアーケシュフース城は、戦時中は多くの血が流れた場所でもありますが、現在では戦争の暗い影はありません。

美しい石造りの壁や緑の芝生が広がる、ノルウェー市民憩いの場となっています。

アーケシュフース城は高台に位置しているとあって、城壁からは歴史あるオスロ市街や、船舶が行き交う雄大な海を一望もできます。

また、公式行事の日を除いて普段は一般公開されており、中世当時の面影が残る内部を見学できます。

例えば、宴会が催されていた大ホールに、王族の葬儀にも利用される礼拝堂、かつてのノルウェー王族が眠る王室霊廟(おうしつれいびょう)があります。

この王室霊廟には、ノルウェー王族のホーコン7世とその王妃モード、オーラヴ5世と王妃マッタが埋葬されています。

また、クリスチャン4世にゆかりのある中世の調度品も多数展示されており、ノルウェー史を学ぶ上でも充実したスポットとなっています。

一方で軍事要塞であることを実感させられる地下牢も城内にあり、優美な内装とは異なる角度からアーケシュフース城の歴史を知ることができます。

「アナと雪の女王」のアレンデール城のモデル

ちなみにアーケシュフース城は、2013年に公開されたディズニー映画「アナと雪の女王」に出てくるアレンデール城のモデルとなった城としても有名です。

アレンデール城は主人公のアナとエルサが暮らしていたお城として作中に何度も登場したため、アーケシュフース城を見た時になぜか見覚えのある城だと感じた人も多いのではないでしょうか。

アナと雪の女王のアレンデール城のモデルとあって、映画の上映以降はディズニーファンも数多く訪れるようになったそうですよ。

まとめ

ここまでアーケシュフース城について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

アーケシュフース城は1299年の誕生から7世紀以上経った現在に至るまで、ノルウェーの軍事面を司る重要な役目を果たしてきました。

ノルウェーの歴史と戦争の舞台として、他方で「アナと雪の女王」のアレンデール城のモデルとして、様々な一面を持つ名所となっています。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。