【ハマースフスの城跡】デンマーク・ボーンホルム島にある城址

建築
Pocket

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

北欧デンマークに属するボーンホルム島には、ハマースフスの城跡(Hammershus)と呼ばれる中世に建築された城址があります。

1250年頃に建築された城砦であり、現在ではボーンホルム島の戦争の歴史を物語る古城として、多数の観光客が訪れる名所となっています。

ここではハマースフスの城跡について、その特徴や歴史的な背景、ボーンホルム島の情報についても解説していきます。

ハマースフスの城跡の特徴

「ハマースフスの城跡(Hammershus))は、デンマークのボーンホルム島北部に位置している、北欧最大級の城跡です。ハマースフス、あるいはハマースフス城とも呼ばれています。

ハマースフスの城跡は、元々は要塞として使用されていた建物でした。

ハマースフスが築かれたのは1250年頃とされており、当時デンマーク領であった都市ルンドの大司教が建築しました。14世紀当時は、ヨーロッパで最も大きい城だったようです。

ちなみにルンドは1020年頃にデンマーク王クヌートによって造られた都市です。

1103年には北欧初のローマ・カトリック教会直属の司教座が置かれたことで、北欧のキリスト文化の中心地として栄えました。

現在ではルンドはスウェーデン・スコーネ地方に属している都市であり、ルンド大学を中心とした学園都市としても知られています。

こうして13世紀にボーンホルム島に建築されたハマースフス城は、長年にわたって外敵を阻む要塞として機能しました。

そして18世紀にその役目を終えた後は、再び使用されることはなく廃墟となります。

しかし戦争の歴史を伝えるその荒廃した佇まいは多数の人を魅了し、今ではボーンホルム島屈指の人気スポットとなっています。

ボーンホルム島について

ハマースフスの城跡は、デンマーク領に属するボーンホルム島のスポットの1つです。

ボーンホルム島はバルト海に浮かぶ島であり、島の人口は5万人ほど。ボーンホルム島内には多数のレストランやショップがあり、近年では国内外からアーティストが集まるエリアとしても知られています。

さらに緑豊かな自然にも恵まれており、デンマークの人気観光地として、ピクニックや海水浴をしながら休暇を過ごす人で賑わう島となっています。

戦争に翻弄されたボーンホルム島の歴史

ボーンホルム島は現在はデンマークの領土となっていますが、立地を見るとデンマーク本土からは若干離れており、スウェーデンとデンマークに挟まれた場所にあります。

多数の国に挟まれた複雑な立地から戦争の度に占領する国が変化し、1660年に締結したコペンハーゲン条約によって、現在のデンマーク領に属するようになりました。

戦勝国によって占領・返還が度々繰り返されたボーンホルム島は、一時期はスウェーデン領だったこともあります。

そのためボーンホルム島はデンマークやスウェーデンなど様々な国の文化が混在した、独特な雰囲気も魅力となっています。

ハマースフスの城跡の楽しみ方

ボーンホルム島へはデンマークの首都コペンハーゲンからフェリーが通っており、週末になるとボーンホルム島には多くのデンマーク市民や旅行客が休暇を楽しみに訪れます。

13世紀に建築され北欧最大規模の城址であるハマースフスの城壁は、歴史好きや廃墟好きにとっては堪らない名所でしょう。

また、ハマースフスの城壁はボーンホルム島一帯を見渡せる高台に位置しています。

そのため、エメラルドグリーンのバルト海を一望することができる絶景スポットでもあります。

さらにハマースフスの城跡の近くには、城の歴史が展示されたコーナーも併殺されたビジターセンターも設置されています。

館内にはデンマーク料理を食べることができるレストランもあるので、ハマースフスやボーンホルム観光の合間の休憩場所としても最適ですよ。

まとめ

ボーンホルム島のハマースフスの城跡について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ハマースフスは北欧最大級の規模を誇る中世時代の城址であり、ボーンホルム島の中でも高い人気を誇るスポットです。

ボーンホルム島自体も、度重なる戦争で占領と返還が繰り返され、その度に所有する国が変わるという複雑な歴史的背景があります。

ハマースフスの重厚な佇まいは、そんな長い歴史の変遷を感じさせますね。

タイトルとURLをコピーしました