【グルントヴィ教会】クリント家が手がけたデンマークの教会

建築
Pocket

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

デンマークの首都コペンハーゲンにある「グルントヴィ教会」は、デンマークの哲学者ニコライ・グルントヴィの追悼のために1940年に建てられた教会です。

教会の設計は、現在デンマークを代表する北欧家具・照明ブランドである「LE KLINT(レ・クリント)」の創業者一族によって行われました。

今回はグルントヴィ教会の主な特徴や歴史、教会をデザインしたクリント家について、詳しく取り上げていきます。

グルントヴィ教会の主な特徴

「グルントヴィ教会」とは、デンマーク・コペンハーゲンのビシュペビャー地区に1940年に建築された教会です。

グルントヴィ教会は、デンマークの哲学者ニコライ・フレデリク・セヴェリン・グルントヴィという人物が名前の由来となっています。

哲学者ニコライ・グルントヴィの追悼を目的に、デンマークの建築家であるP.V.イェンセント・クリントによって1913年に建築が始まりました。

その後建築は彼の息子であるコーア・クリントに引き継がれ、1940年に完成を迎えました。

また、グルントヴィ教会は高さ49mの縦長のファザードを持つ教会であり、凸凹とした階段上の屋根がある独特な外観となっています。

教会のデザインには、表現主義様式という建築様式が採用されています。表現主義様式とは、ドイツを中心とした20世紀初頭のヨーロッパで勃興した芸術様式です。

かつてのヨーロッパで主流だった外部世界を表現する印象派に対して、表現主義は感情などの内部世界を描写したのが特徴となっています。

グルントヴィ教会を設計したクリント家

グルントヴィ教会はP.V.イェンセント・クリントとコーア・クリント、クリント家の親子2代に渡って建築が行われました。

1913年に工事が着手されましたが、翌年の1914年に第一次世界対戦が開戦したことで工事は中断、7年後の1921年4月に改めて建築が再開されました。

1926年までに基礎的な部分の建築が行われ、1927年にイェンセント・クリントが死去した後は息子であるコーア・クリントが事業を引き継ぎました。

コーア・クリントによって内装部分の工事が行われ、工事開始から27年後の1940年にグルントヴィ教会が完成しました。

グルントヴィ教会の設計を手がけたイェンセン・クリントは、「デンマークのモダンデザインの父」とも称されるほど著名な建築家として知られています。

イェンセン・クリントは50代から建築家としてのキャリアを歩み始め、その後数多くの名作を手がけた人物です。

彼はデンマークの伝統的建築物をベースとして、階段型の切妻屋根(三角形の形状をした最も一般的な屋根)を有する建造物など、デンマークにおいて斬新な建物を数多くデザインしました。

さらに息子のコーア・クリントも父同様にデザイン業界では有名な人物で、「デンマーク家具デザインの父」とも呼ばれています。

デンマーク王室御用達の照明ブランド「レ・クリント」

ちなみにこのクリント家は、デンマークの有名北欧照明ブランドである「LE KLINT(レ・クリント)」の創業一族として知られています。

グルントヴィ教会の設計者であるP.V. イェンセン・クリントは教会以外にも数々の作品を生み出してきましたが、その中の1つに日本の折り紙をモチーフとした紙製のランプシェードがあります。

規則的に折り目が付けられたデザインと光の陰影の美しさがある、ランプシェード。この作品を広く伝えようと、P.V.イェンセント・クリントの息子であるターエ・クリントによって、1943年にレ・クリント社が設立されました。

そして創業者のターエ・クリントの弟であり、父イェンセント・クリントと共にグルントヴィ教会を手がけたコーア・クリントによって、レ・クリント社は大きく急成長を果たします。

現在ではレ・クリント社の製品はデンマーク王室御用達の品として選ばれるほど、北欧を代表する一流ブランドとなっています。

光が照らす美しい教会内部

グルントヴィ教会内部では、ゴシック様式に煉瓦表現主義の現代幾何学様式を取り入れた様式を見ることができます。窓からは淡い光が差し込む、神々しく幻想的な雰囲気も魅力となっています。

グルントヴィ教会の内装は、約600万個というデンマーク伝統の建築素材である黄色いレンガによって造られています。

また、グルントヴィ教会の本堂の全長は76m、構内に置かれている座席も1400席以上と、教会としてはかなりの規模です、

そして祭壇に向かって並べられたビーチ材製の座席も、先ほど紹介したコーア・クリントによってデザインされています。

さらに教会内には全長11m、4052本のパイプが使用された、北欧最大の大きさを誇るパイプオルガンも設置されています。

教会では礼拝のみならず、パイプオルガンの美しい音色が鳴り響く音楽コンサートも定期的に行われています。

グルントヴィ教会には無料で入ることができるので、コペンハーゲンに足を運んだ際には是非立ち寄ってみてください。

まとめ

ここまでデンマークのグルントヴィ教会について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

洗練された北欧デザインの照明や家具で有名なデンマークの名企業、「レ・クリント」のクリント家が設計を行なったグルントヴィ教会。

デンマーク観光の際は、表現主義様式が取り入れられた荘厳な佇まいを是非堪能してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました