Huivi -フイヴィ-
北欧を知るWebメディア
建築

【シベリウス公園】フィンランドの作曲家シベリウスに縁ある公園

Pocket

フィンランドのヘルシンキには、フィンランドで最も偉大な作曲家の1人と評されるジャン・シベリウスをモチーフとした「シベリウス公園」という場所があります。

シベリウス公園は白樺の木や季節の花が咲き誇る、ヘルシンキ市民憩いの場として利用されています。また、園内に設置された独創性溢れるデザインの記念碑も有名です。

今回はフィンランドを代表する作曲家シベリウスに由来するスポット、「シベリウス公園」の特徴や歴史について説明していきます。

シベリウス公園の特徴

「シベリウス公園(Sibeliuksen puisto)」は、北欧のフィンランドの首都であるヘルシンキ、その中のトーロ地区という場所にある公園です。

フィンランドを代表する作曲家である、ジャン・シベリウスの生誕80周年を記念して建築されました

元々、公園自体は既に存在しており、当初は「ホップ公園」という、20世紀に行われたヘルシンキ再開発計画の一環として設立された公園でした。

そして1945年、当時フィンランド国内外で高い評価と名声を得ていたジャン・シベリウスの生誕80周年を記念して、公園の名称を現在の「シベリウス公園」に改名したのです。

パイプオルガンの記念碑がシンボル

シベリウス公園のランドマークとなっているのが、公園北側に置かれているステンレス製パイプで製作された記念碑です。

シベリウスモニュメントと呼ばれるこの記念碑は、女性彫刻家のエイラ・ヒルトゥネンが設計した作品であり、1967年にシベリウス公園に寄与されました。

記念碑に使用されているステンレスパイプの数は600本を越え、総重量は約2.4tにも及びます。

写真だと小さく見えますが、実際には高さは8.5mもあり、かなり巨大なモニュメントとなっています。

記念碑の下にはちょうど人1人が入れる程度のスペースがあり、記念碑の内側に立って耳をすませば、パイプオルガン特有の音の反響も楽しむこともできるそうです。

また、何より目を引くのが、その独特な造形です。多数のステンレスパイプを集めて建築されたアーティスティックなデザインとなっており、見る人によって様々なイメージや印象を抱くことでしょう。

ちなみに製作者であるエイラ・ヒルトゥネン本人によると、記念碑のデザインは「森」をイメージして設計したと述べています。

シベリウスの顔の彫刻が持つ複雑な背景

創造的なデザイン、ステンレスのひんやりとした質感を感じられる記念碑は、シベリウス公園を代表するシンボルとして、多数の観光客が記念撮影に訪れるスポットとなっています。

そして記念碑と並んでシベリウス公園のシンボルとなっているのが、人間の顔を象った肖像です。彫刻の顔のモデルとなったのは、シベリウス本人だと言われています。

シベリウスの顔の肖像は今では公園のシンボルとなってはいますが、実は設置の裏には先ほど紹介したシベリウスモニュメントを巡る複雑な事情があったのです。

無機質で独特な造形美の記念碑は、設置当初は必ずしも万人に受け入れられたわけではありませんでした。もちろん肯定的な意見もありましたが、それ以上に批判の声もかなり多かったと言われています。

「あまりに抽象的すぎて何を表現した作品か理解できない」など、あまりに掴みどころのない独特なデザインから、設置に対して疑問視や批判的な意見も多く寄せられました。

そのような批判的な声を受けて、急遽追加で設置されたのがシベリウス本人の顔を象った彫刻なのです。

設置の理由として、記念碑に向けられた批判的な意見をかわすために、より公園のコンセプトに近い、シベリウスの顔をモチーフとした作品を置いたと言われています。

公園名にもなった作曲家ジャン・シベリウスとは?

シベリウス公園の由来となっているのが、フィンランドの国民的な作曲家であるジャン・シベリウス(1865年〜1957年)です。

元々シベリウスは、ヘルシンキ大学の法律科の学生でした。しかしその後音楽家へ転向し、ヘルシンキ音楽院で作曲を学びました。

シベリウスが作曲した音楽は、フィンランドの自然や伝承を表現した作品が多いのが特徴とされています。

フィンランドの民族叙事詩「カレワラ」から着想を得たという「クレルヴォ」、そして彼の代表曲である交響詩「ファンランディア」など、現代でもフィンランド国民の間で聴き続けられている多数の名曲を残しました。

特に「ファンランディア」は、フィンランド国内において愛国歌として、国歌に匹敵する知名度を誇っています。

シベリウスが「ファンランディア」を発表した当時、フィンランドはロシア帝国の支配下にありました。

そのような社会情勢の中、シベリウスが作曲した「フィンランディア」が、フィンランド国民の意識を1つにまとめ上げ、国家の独立への気運を高めたとも言われています。

そのため、独立から100年以上経った現代でも、フィンランド国民にとって彼の作曲した「フィンランディア」は、愛国を司る特別な意味を持つ音楽となっているのです。

まとめ

ヘルシンキ北西部の海沿いに佇み、フィンランドを代表する偉大な作曲家ジャン・シベリウスにゆかりある公園であるシベリウス公園。

園内にあるパイプオルガンによる記念碑も特徴的なスポットとなっています。音楽好きなら一度は訪れたい公園と言えるでしょう。

ABOUT ME
伊東 琢哉
宮城県仙台市に在住するフリーライターです。普段はカフェでコーヒーを飲みながら執筆活動をしています。シンプルな北欧デザインや雑貨、自然に魅了され、北欧の情報を日々ブログを通して発信しています。