【リンゴンベリー】北欧料理定番の付け合わせ

リンゴンベリーの写真 食事

こんにちは。Huivi-フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

北欧ではリンゴンベリーという、赤く綺麗な果実が特徴のベリーがあります。

寒冷地でも丈夫に育つリンゴンベリーは、北欧で古くから冬の貴重な栄養源として食べられてきました。

リンゴンベリーはジャムやソースに加工して使用することが多く、北欧では様々な料理にリンゴンベリージャムがトッピングされています。

今回は北欧で親しまれる小さな果実、リンゴンベリーの特徴について紹介していきたいと思います。

リンゴンベリーの特徴

「リンゴンベリー」は、鮮やかでツヤのある赤い果実が特徴のベリー類の1種です。

ブルーベリーと同じスノキ属に属する常緑低木で、北欧や北ヨーロッパ一帯の寒冷地域が主な生育地となっています。

リンゴンベリーは別名「コケモモ」とも呼ばれており、人によってはコケモモという名称の方が馴染みあるかもしれません。

コケモモという名前の由来は、リンゴンベリーが地面近くで枝葉を密集させて自生する様子が、まるで苔が生い茂る光景に似ていることから、「苔桃(コケモモ)」という呼称になったといいます。

スウェーデンやフィンランドなど北欧諸国では、リンゴンベリーは最も身近なベリーの1つとして知られています。

北欧の家庭では古くから森に自生しているリンゴンベリーを収穫してはジャムやソースに加工して、パンに塗ったり肉料理の付け合わせとして使用してきました。

リンゴンベリージャムは爽やかで甘酸っぱい味わいがあり、コッテリとした肉料理や魚料理とは意外と相性が良いのです。

また、リンゴンベリーはポリフェノールやビタミンEを豊富に含み、近年はその高い栄養価からスーパーフードとしても注目されています。

自然豊かな北欧諸国では、森林に少し入るだけでリンゴンベリーやブルーベリーなど野生のベリー類が至る所に実をつけています。

加えて北欧には「自然享受権」と呼ばれる、自由に森林の中に出入りし、ベリーやキノコの採取やキャンプ、水泳や釣りなどのアクティビティを許可している法律があります。

そのため北欧で暮らす人々は、近所の森の中に足を運んではリンゴンベリーを摘むことができるようになっています。

リンゴンベリーの生育地

リンゴンベリーはマイナス40℃の極寒でも耐えられる程の強い耐寒性があり、痩せた土地でも逞しく育つことができます。一方で暑さには弱いという性質もあります。

そのため、リンゴンベリーの主な生息地としては寒冷地に集中しており、スカンディナヴィア諸国やヨーロッパ北部、ロシアなどユーラシア大陸北部、アラスカや北アメリカが原産国となっています。

また、リンゴンベリーは日本にも自生しており、北海道や九州地方の高地が生息地として知られています。

ただ日本の場合、生育地が限られている上、鳥取県では条例で「特定希少野生動植物種」に指定されているほど採取が厳しく制限されています。

ジャムやソースに加工して保存するのが一般的

北欧では収穫したリンゴンベリーは、そのまま生で食べるということは少なく、ジャムやソース、コンポートといった加工食品に調理するか、冷凍保存するのが一般的となっています。

というのも生のリンゴンベリーは強烈な酸味があり、生色には向いていません。

そのため砂糖と一緒に煮て酸味を中和し、ジャムにして食べるようになったのです。

自宅でリンゴンベリージャムを作る場合、リンゴンベリーをたっぷりの砂糖と共に煮詰めて作ります。

Photo by Maria Petersson on Unsplash

また、通常はジャムには保存料が一緒に加えられることが多いですが、リンゴンベリーには安息香酸という、発酵を促進する乳酸菌やカビ類などの微生物の繁殖を防止する成分が含まれています。

そのため自家製のリンゴンベリージャムは、人工添加物を使用しなくても比較的長期間に渡って貯蔵することができるのです。

さらに最高品質のリンゴンベリーになると、加熱調理をせずに生のまま砂糖と混ぜて、瓶詰めのジャムにすることもあるようです。

北欧では料理の付け合わせに使用される

リンゴンベリージャムは、日本ではまだまだ馴染みないジャムかもしれません。しかし北欧ではどこの家庭にも常備してある、定番中の定番ジャムとなっています。

リンゴンベリーは、元々北欧で古くから親しまれてきた食材です。寒冷な気候に包まれた北欧諸国では冬になると作物がほとんど育たず、特に保存技術が未発達だった昔は冬場のビタミン不足が大きな課題となっていました。

そのような中で強い耐寒性を有するリンゴンベリーは、冬の貴重なビタミン源として非常に重宝されてきた歴史があり、現在でもリンゴンベリージャムは北欧の伝統料理に欠かせない食材となっています。

ケーキや朝食のパンはもちろん、肉料理や魚料理にもリンゴンベリージャムが一緒に添えられます。

実は北欧やヨーロッパといった肉料理を盛んに食べる国では、肉に甘いジャムというのはごく一般的な組み合わせとなっています。

日本人から見ると独特な食べ方ですが、ジャムの甘味と酸味が肉の脂っこさを緩和してくれるので、意外と両者の相性は良いのだそうです。

代表的なのが、スウェーデンの伝統料理ミートボールです。スウェーデンの国民的家庭料理であるミートボールの付け合わせには、マッシュポテトとホワイトソースと共に、必ずと言っていいほどリンゴンベリーが一緒にトッピングされています。

他にもブラッドソーセージやポテトケーキなど、北欧に昔から伝わる郷土料理にはリンゴンベリージャムがソースとして使われています。

日本でリンゴンベリーを楽しむには?

日本国内では生のリンゴンベリーを入手することは難しいので、もし家庭でリンゴンベリーを楽しむ場合は、IKEAやカルディコーヒーファームといった輸入雑貨店で市販のリンゴンベリージャムを購入しましょう。

全国のIKEAではリーズナブルな料金で瓶のリンゴンベリージャムが販売されており、手軽に本場北欧の味わいを体験することができます。

また、自宅のキッチンでリンゴンベリージャムの味を再現するなら、甘味や酸味が似ているラズベリーで代用することもできます

まとめ

リンゴンベリー

スウェーデン名物ミートボールをはじめ、北欧の伝統料理には必要不可欠なリンゴンベリージャム。

原材料となるリンゴンベリーも北欧では森林の中に自生し、各家庭でジャムを作り置きしているほど一般的な食材となっています。

タイトルとURLをコピーしました