【ヌークシオ国立公園】フィンランドの美しい自然公園

ヌークシオ国立公園の画像 自然

こんにちは。Huivi- フイヴィ-の管理人、伊東琢哉です。

フィンランドには現在40の国立公園があり、1994年に国立公園として認定された「ヌークシオ国立公園」もその1つです。

森林や湖が織りなす美しい景色、希少な動植物による豊かな生態系が保全されており、北欧の大自然がそのままの状態で出迎えてくれる名所とされています。

今回は自然景観やアクティビティも満喫することができる、フィンランドのヌークシオ国立公園の魅力を解説していきます。

ヌークシオ国立公園とは?

「ヌークシオ国立公園(Nuuksion kansallispuisto)」とは、フィンランドが有する美しい自然や生態系が大切に保全されている国立公園です。

ヌークシオ国立公園は、フィンランドの首都ヘルシンキから北西に位置するエスポーという閑静なエリアにあり、45㎢という広大な敷地面積となっています。

フィンランドには2017年の時点で40もの国立公園が認定されており、ヌークシオ国立公園も1994年に国立公園に指定されました。

ヌークシオ国立公園をはじめ、フィンランドにある国立公園は自然景観と生態系の保護区としてはもちろん、北欧で暮らす人々にとっての憩いの場としても利用されています。

確かにフィンランドの豊かな緑に囲まれた空間は、ハイキングやピクニックには最適です。

また、後述しますがフィンランドには自然享受権という権利が認められており、公園内ではBBQや湖での水泳、ベリー摘みといった様々なアクティビティを楽しむことができます。

映画『かもめ食堂』のロケ地としても有名

ヌークシオ国立公園は、日本とも関係がある公園というのはご存知でしたか。

実はこちらのヌークシオ国立公園は、フィンランドのヘルシンキを舞台に小林聡美さん、もたいまさこさん、そして片桐はいりさんの3名が主演を務めた2006年公開の映画『かもめ食堂』のロケ地としても使用されたのです。

北欧の壮観な自然が広がるヌークシオ国立公園は、その美しさから映画の舞台として選ばれるのも納得です。

ちなみに、『かもめ食堂』といえば、劇中で登場したシナモンロールも当時話題となりました。

映画視聴後に大勢の人が堪らずベーカリーに足を運んでシナモンロールを購入するなど、日本でシナモンロールの知名度をより高めたことでも有名な映画となっています。

自然との共生の意識が表れた自然享受権

ヌークシオ国立公園では誰もが森の中に立ち入って、その豊かな自然の恵みを享受することができます。

フィンランドをはじめとする北欧諸国では、古くから自然と隣り合わせの生活を営んできました。そして現在でも北欧で暮らす人々の国民性として、自然との共生の意識が根付いています。

そのため、自然を保護する国立公園であっても誰もが自由に森の豊かさを享受することが許されているのです。

代表的なのが、フィンランドの法律で保障されている自然享受権です。

自然享受権はフィンランドだけでなく、他の北欧諸国でも同様の法律、スウェーデンに至っては憲法に明記されているほど、北欧で特徴的なルールの1つとなっています。

フィンランドの自然享受権の主な内容として、動植物に深刻な被害を与えない限りにおいて、国有地私有地問わず誰もが自由に森林に入って、野生のベリーやキノコの採取、釣りやキャンプといった自然の中でアクティビティを楽しむことができるというものです。

また、法律はフィンランド国民のみならず、海外からの移民や旅行者にも認められています。

国立公園と聞くと厳しく入場が制限されていそうなイメージがあるかもしれません。

しかしヌークシオ国立公園では、ハイキングなど数多くのアウトドアを満喫することができ、森の中にもナビのための標識が立っています。

もちろん立入禁止区域への侵入や自然を傷つける行為は厳禁ですが、ルールを守れば誰でもフィンランドの自然を体験することができるようになっています。

「自然享受権」をさらに詳しく知りたい人は、以下の記事もおすすめです。

ヌークシオ国立公園を楽しむポイント

フィンランドの首都ヘルシンキからおよそ1時間ほど電車とバスを乗り継げば行けるとあって、ヌークシオ国立公園がフィンランド中からリフレッシュを求めて多くの人が訪れるスポットとなっています。

ヌークシオ国立公園の楽しみ方としては、公園内に設置されているBBQ城で仲間と共に食事をする、湖での水泳や魚釣り、綺麗な景色と空気を満喫しながら森の中でハイキングをする人が多いようです。

ハイキングのコースも、なだらかな初心者向けから上級者向けまで複数のコースが設定されているので、自分のレベルに応じたハイキングコースを選べるようになっています。

ヌークシオ国立公園は面積が45㎢とかなりの広さがありますが、道中には案内板や標識が至る所に設置されているので、ハイキングの際も道に迷うことはありません

自然景観を壊さぬよう、案内板や木に貼られた目印の多くが木製・布製となっているのもポイントです。

また、ヌークシオ国立公園内には、環境保全のため基本的にはレストランやショップはありません。

唯一、ハイキングのスタート地点でもあるインフォメーションセンターが建っており、併設されている水道で飲み水の確保や、簡単なスナック菓子や飲料を購入することができます。

ただ、場合によっては閉まっていることもあるようなので、食事や飲み水、その他アイテムは事前に用意しておくのが確実かもしれません。

まとめ

ヌークシオ国立公園は、雄大なフィンランドの自然が育んだ動植物の宝庫であり、休日にはヘルシンキから休暇を楽しもうと大勢の人が訪れる名所でもあります。

また、ヌークシオ公園へはガイド付きのツアーも用意されているので、「列車やバスに上手く乗れるか不安」という人は、ツアーで参加するのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました